Mar 31, 2006

1年ぶりの日本

3月の日本は冬と春が同居していた。酒田へ帰る新幹線の車窓からは一面の雪景色と吹雪、東京の新宿御苑では早咲きの桜が1本あった。ソメイヨシノさんにはまたも振られ、会えずじまい。 ふと、新川和江さんの「ふゆのさくら」の一節が口をついて出た。 ・・おとことおんなが われなべにとじぶたしきにむすばれて   つぎのひからはやぬかみそくさく なっていくのはいやなのです・・ 2006一時帰国 014 2006一時帰国 019 2006一時帰国 036 2006一時帰国 037
Posted at 01:48 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿