Mar 25, 2009

20084月~9月 J句会に投句 

「J句会」という、詩人と俳人が半々ぐらいの十数人の会で去年 帰国している間に作った句を、記録のために残しておく。

・忘れまじ花の香五月の記憶力

0808sakata法事やらなにやら 001

・春行きて今朝夏顔を用意する

・夏ならば夏らしくせよとドクダミが

0808sakata法事やらなにやら 058

・雨上がり陽の五線紙を羽虫舞う

・花を舞う蝶には蝶の憂いあり

・サングラスかけて名もなき人のふり

0808sakata法事やらなにやら 019

・クロアゲハ頭上の涼をかっさらい

・蝉時雨赤信号を横断す

0808sakata法事やらなにやら 025

・上半身はだかの父子(おやこ)蝶逃(のが)す

・入間川足さし入れて夏を知る

・蝉時雨テニスボールとコンチェルト

0808sakata法事やらなにやら 031

・横顔のうれい映して散る花火

・潮騒の音を聞く母のシャケむすび

0808sakata法事やらなにやら 020

・夏の芝キンカンをぬる脚白し

・「あつい」など言わぬぞ白玉カキ氷

・釣れなくて雲がビールの泡になる

0808sakata法事やらなにやら 010
Posted at 13:05 in suikakukai | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿