May 20, 2009

アンコールワット遺跡群再訪0901-その5

090119アンコールワット・バンコク 211
シュムリアップの宿、日本人がオーナーのゲストハウスは、よかった。 情報が正確、詳細で安心できる。そこの近くの市場の朝。緑の野菜がタンとあって、生活力を感じる。 090119アンコールワット・バンコク 220
肉もホラ、こんな具合に。周りを犬がうろうろしてるんだけど、誰も気にしない。 090119アンコールワット・バンコク 227
こんなふうに氷の柱を売っていた。芯まで透き通った、きれいな氷。 090119アンコールワット・バンコク 241
トラックに満載の、木炭。太くて、無骨だけど、火力はありそう。 090119アンコールワット・バンコク 262
この3枚、クバルスピアンにて。清流の中の仏像。岩に刻まれた横臥した仏陀やリンガがチラホラ見える。水量が少なくてイメージ通りとは行かなかったが、ハイキング気分も手伝って、楽しかった。 090119アンコールワット・バンコク 274 090119アンコールワット・バンコク 296 090119アンコールワット・バンコク 338
モスリムにあらず、わが妻。天気がいい分、土ぼこりがひどく、埃よけのための完全防備。車とすれ違うと、数秒間視界が効かない。

この4枚の赤っぽい、小ぶりの遺跡はバンテアイスレイ。時代こそ違え、同じ民族の残した遺跡なのに、趣を異にしたさまざまな表情の遺跡が散らばっていて、おもしろい。 特別行きたくなかったのに、妻のガイド役の今回だったが、ウン、もっと行きたい。きちんと確認していないところがまだまだある。アンコール遺跡群、深い。 090119アンコールワット・バンコク 348
090119アンコールワット・バンコク 353
090119アンコールワット・バンコク 360
門の上の精緻なレリーフに目を奪われる。うーん、歴史や由来などを知っていればもっと楽しめるに。 090119アンコールワット・バンコク 371
かのアンドレマルローを魅了したという「東洋のモナリザ」は、ポルポトに顔を削り取られたまま。残念至極。 090119アンコールワット・バンコク 410
スラスランからの夕日、夕焼け。ここ何十年、夕焼けなんて目にしてない。じっと、ただオレンジから木炭色に染まるまで、ボーっと見ていた。
Posted at 00:32 in n/a | WriteBacks (1) | Edit
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿