Jun 29, 2006

2006/05/20~23 <ベトナム・ホーチミン>-その9

5月22日(月)★今日はメコン・デルタ見学ツアー。8時半にガイドのツィさんが来てくれて、車でメコン川沿いの町、ミトゥーへ。約2時間の旅。★途中の田舎の街筋がおもしろい。種々雑多な店が埃をかぶって軒を連ねている。それらの店の前で、ポリバケツに入れた茶色い液体を売っている。「ははあ、アレはきっとガソリンだろう。カンボジアでもそうだった」と思ったら、さにあらず。焼酎だという。★「ビッジャー寺」に寄る。外装はフランス宮殿風、中は古い時代のベトナム風仏教様式。しかも、漢字だらけで、ベトナム語はどこにもない。聞けば、ベトナムは昔、漢字を使っていたとのこと。今の発音に漢字を当てていたらしい。それが、フランスの植民地になってから、アルファベットが使われるようになったらしい。ガイドのツィさんの「ツィ」は「翠」をあて、意味は「みどり」だという。★ミトゥーに着く。メコン川支流の川べりから、船に乗る。乗客はおれ一人。悪いみたい。ガイドも代わって、元気のいい、たたきつけるような日本語を話す女性。メコンの支流だというが、最大幅、3キロとさすが広い。★写真説明→1:ビッジャー寺。2:名前を聞くと、「火炎樹」といった。なるほど。3:ただ、広い。水面が盛り上がっている感。4:船首に目玉が描いてある。水難除け。 200605 ホーチミン 009 200605 ホーチミン 015 200605 ホーチミン 018 200605 ホーチミン 021
Posted at 22:19 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jun 10, 2006

2006/05/20~23 <ベトナム・ホーチミン>-その8

5月21日 夜★6時にツィさんが来てくれた。雨なのでタクシーで「ベトナムお好み焼き」を食べに行く。ちなみに、ここの雨はシトシトで、マレーシアのスコールのような激しさはない。季節によるのだろうか。日本的情緒の雨。また、ベトナムの通貨は「ドン」だが、USドルも併用している。1ドル=15000ドンで計算する。タクシーにのって、仮に85000ドンだと、ドルではいくらか、その金額は日本円では・・・などと考えている暇なく、すぐ払わなければならない。そんな支払いの面倒なことを、彼女たちが全部やってくれた。おれは財布を開けて、見ているだけ。ぼられることもなく、実にありがたかった。★やはりガイドブックで見つけた店で、「下町風の食堂の雰囲気で、地元客が多い」という「46Aパイン・セオ」。「パイン・セオ」が「お好み焼き」の意味、「46A]は地番らしい。なるほど、下町の屋台風である。ゴタゴタしている。雰囲気からして、気に入った。ここもほぼ満員。長いテーブルをつめてもらって座る。パイン・セオの具はもやし、えび、豚肉で皿に乗ったさまは「オムレツ」そっくり。それを一口に分けて、サニーレタスのような野菜で包んで、たれをつけて、口に運ぶ。米粉の皮がカリカリで、歯ざわりがよく、イケる。それにヘルシー。きのう食べられなかった「生春巻き」もやはりうまい。4本全部食べてしまう。大きな川えびを炭火で焼いたやつ、色は悪いが、香ばしくて、蒸したのよりいい味。腹いっぱい食べて、9ドル。満足。★写真説明→1:パイン・セオ、生春巻き、焼いた川えび。2:入り口でひっきりなしに焼いている。ちょっとピンぼけ。3:ホテルの冷蔵庫にあった缶コーラの絵模様。 200605 ホーチミン 003 200605 ホーチミン 006 200605 ホーチミン 008
Posted at 13:24 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jun 04, 2006

2006/05/20~23 <ベトナム・ホーチミン>-その7

5月21日・午後★それからホーチミンで一番大きい「ベン・タイン市場」へ。ここはおもしろい。食品、雑貨、衣料、貴金属、食堂、何でもある感じ。ことにおみやげにできそうな雑貨小物がいっぱいあって、見るだけでも楽しい。目につくままに、ガラス細工の龍と尾長鳥、トンボのやじろベー、細い竹で編んだポーチ、ベトナムコーヒー、などを買った。電球の中の帆船といい、ガラス細工の龍(1ドルだぜ)といい、旅先でこんなにグッとくる物が見つかるなんて、あまりない。ベトナム、恐るべし!★ホテルに帰り、テレビで「白鵬初優勝」を知る。★100ドル札しかなくなったので、ホテルで両替してもらい、街に出て、木の細工に味がある小さな鏡(1ドル)とセブン・イレブンで「フォー」のインスタント麺(1個2500ドン=20セント弱=25円ぐらい)を4個、おみやげに買う。明日はいよいよメコン・デルタだ。★写真説明→最後の写真は、市場の中の食堂のカウンター。小さい種類のジャックフルーツのシャーベットを食べた。 200605 ホーチミン 176 200605 ホーチミン 184 200605 ホーチミン 182 200605 ホーチミン 173
Posted at 22:05 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jun 03, 2006

2006/05/20~23 <ベトナム・ホーチミン>-その6

5月21日・午前★出掛けは涼しかったが、10時も過ぎてそろそろ暑くなる。冷たいものが飲みたくなって、二人の大学内にある喫茶店に入る。「アイス・コーヒー」をたのむと、一人用のドリップ式のヤツが出てくる。待つことしばし。コンデンスミルクの甘さと苦さが混じりあって、うまい!★ベトナムといったらやっぱり「フォー」、というわけで、ガイドブックで見つけた「フォーホア」という専門店へ。ちなみに、日本語では「フォー」と発音するが、現地の人は「ファー」と、中国語の三声気味に発音する。★「数多くの地元の人が足を運ぶことで知られる」とガイドブックにあるとおり、1、2階は満員。やっと3階に席をとる。テーブルには皿に山と盛られた3種類のハーブ野菜。これだよ、これ。これをちぎって、多めに入れないとベトナムの味にならない。ほどなく来た「フォー・ポー(牛肉入り)」にレモン、チリ、甘酢の各ソースを適当にいれ、もやしをドーンとのっけて、さらに、なぜかある中国の揚げパン、油条をちぎって入れて、いただきます!ウーン、さすが本場、うまいったら!★写真説明→1:道すじの木に咲いた花。2:大学内の喫茶店に向かう。3:おみやげに買ってきた一人用コーヒードリップ。4、5:「フォー」です、「フォー」★ 200605 ホーチミン 160 200605 ホーチミン 161 200605 ホーチミン 181 200605 ホーチミン 162 200605 ホーチミン 164
Posted at 06:59 in travel | WriteBacks (2) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿