Jul 23, 2008

未知なる大地:釧路・熊牛原野-5

080630釧路・熊牛原野 256
北海道らしいなと思い撮った原生林。樹の種類がわからなくて残念。 080630釧路・熊牛原野 212
エゾスカシユリ。このときこの瞬間がピークだと咲き誇っていた。 080630釧路・熊牛原野 209
いかにも北海道らしい風景。この付近は牧場が連なっている。 080630釧路・熊牛原野 249
28センチの天然ニジマス。こんなのがいくらでも上がる。ぜいたくすぎる! 080630釧路・熊牛原野 241
理想的渓流で理想的釣りのひととき。きのう、それらニジマスを解凍してムニエルにした最後の1匹を食べた。ヤマメ、イワナ、アメマス、ニジマスはまた幻にもどった
Posted at 23:23 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jul 16, 2008

未知なる大地:釧路・熊牛原野-4

080630釧路・熊牛原野 150
ここの地名を「熊牛原野」って言うのだけど、まさに原野だね。でも、温泉が出ると言うので、ペンションなんかが建ちはじめた。
080630釧路・熊牛原野 160
アメマス。20センチ強。流れの強い釧路川本流に寝転んで、イクラで流していたら、来た。暴れるので、楽しい。イワナに似ていて否なるもの。
080630釧路・熊牛原野 184
朝露にぬれて水滴のネックレスのようになったクモの巣。
080630釧路・熊牛原野 186
タイツリソウ。漢字で書くと、鯛吊り草。
Posted at 23:36 in travel | WriteBacks (0) | Edit

未知なる大地:釧路・熊牛原野-3

080630釧路・熊牛原野 055
エゾシカなんだけど。メモ用カメラじゃこんなもんか。
080630釧路・熊牛原野 062
これが渓流、これこそが渓流。ここにわずか二人。ゼイタク。
080630釧路・熊牛原野 070 なんという名の蝶だろう。三頭(蝶は「頭」らしい)なかよく吸水中。 080630釧路・熊牛原野 078
ヤマメは初物ではないのだが、いい引きで上がったいい型に感激。
080630釧路・熊牛原野 107
ひとつ上がれば、いや顔が見れればいい、なんて思っていたのだが、実際は当たる、当たる。けれど大半はイワナ。しかも、大半の針を呑んでいる。コンチキショウ、と北海道ではイワナは憎まれっ子の捨てられっこ。いくらでも来る。ヤマメもきれいな魚体で、さすがに北海道は違う。
Posted at 22:28 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jul 13, 2008

未知なる大地:釧路・熊牛原野-2

080630釧路・熊牛原野 039
K氏の作業小屋のライトに集まる蛾、蛾。雨の夜は大きいのが来て、読書の邪魔をする。
080630釧路・熊牛原野 047
右上の板張りが作業小屋。霧が入り込むと、物みな濡れる。切ない。三基のテントの、手前におれが眠り、中がK氏、奥のテントは温泉で、K氏が1日で作った木の風呂桶が鎮座する。おれのテントには敷布団が敷かれ、新品のシュラフに包まり、ぬくぬくと眠った。小型トラックは、機械を積み、木材を積み、厚岸にカキ買いに行き、林道を分け入りヤマメ釣りに連れて行ってくれた。
080630釧路・熊牛原野 049
まだ建てるべき家の土台もないのに、水道をひいたというので、メーターが「さびしく」稼動している。笑ってしまった。
080630釧路・熊牛原野 050
朝ごはん風景。まるで、そっくり、キャンプ生活
Posted at 21:30 in travel | WriteBacks (0) | Edit

Jul 11, 2008

未知なる大地:釧路・熊牛原野-1

080630釧路・熊牛原野 013
未知なる大地の未知なるミズ、釧路湿原を下る釧路川。川底から滔々と湧き上がる清浄なミズ。尽きることのないエネルギー。 080630釧路・熊牛原野 032 080630釧路・熊牛原野 131
Posted at 10:08 in travel | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿