寝るときに聴く音楽‐1

しばらく聴いていなかったのだが、最近よくかけているマイク・オールドフィールドの「チューブラ・ベルズ」。一枚のアルバムにPart I とPart IIが収録されていて、Part Iの冒頭は映画「エクソシスト」のテーマ曲として使われた。わたしも最初、映画で使われている部分しか知らなかったのだが、後に全曲聴いて、牧歌的なメロディーだったので驚いた。特に17:00あたりからは睡眠前に聴くと心地いい。

ライブの動画もだいぶアップロードしてあったが、このスタジオ録音にはかなわないと思う。全楽器をマイク・オールドフィールドが演奏し、多重録音したそうだ。発表は若干二十歳。

「寝るときに聴く音楽‐1」への4件のフィードバック

  1. 格好いい音楽ですね。
    そういえば『エクソシスト』の音楽を思い出します。
    昨日寝るときに、これを聴いていたら10分ほどで眠ってしまいました。

    1. ギターなどの激しい部分もあるのですが、なぜか心地よいのですよね。

  2. 「チューブラ・ベル」て知らなくて、Wikiを見ると「NHKのど自慢の鐘」で使われているものでしたか。
    録音されたのが1972年ころということで、私にはリアルタイムであったわけですが、この先進性には驚きました。今回はじめてで、良かったです。

    1. のど自慢の鐘もチューブラ・ベルとは知りませんでした。
      多重録音ですが、それぞれの楽器のテンポが合うように、
      メトロノームを使って録音したそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)