驚いた

少なくとも三年以上前に庭に植えたと記憶しているアリウムの球根が、花を咲かせた。春になっても芽が出てこなかったのであきらめて、そのまま忘れていたのである。今頃成長するなんて、夢にも思わなかった。球根は三つ以上植えたと思うが、育ったのはひとつだけである。こんなこともあるのだな。

「驚いた」への4件のフィードバック

  1. あきらめていて復活した植物が成長するのはうれしいですよね。
    部分的に残っていた球根のかけらが、花をつけるまでにエネルギーを蓄えていたんでしょうね。

    1. もうとっくに死んだと思っていたので、地下でこんなことが起こっているとは
      わからないものです。

  2. むかし実家の坪庭(京都によくある数坪に松・杉などを寄せ植えしたもの)の下草に置いたヤブコウジの間に、突然マンリョウの赤い実がつきました。庭師さんに聞くと、
    「鳥が運んできてくれたものです。」とのこと。
    このアリウムも残った断片か、種が着いていたものが発芽したものかも知れませんね。
    植物ではあり得る話です。ともかくおめでとうございます。幸運でした。

    1. まあよくも何年も地上に姿を現さずにいたものだと思います。
      他の球根はどうしてしまったのか…。
      外からいつの間にやって来るのはうれしいですよね。
      家では植えたことのないブルーベルという花が咲きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)