オールドバラ(Aldeburgh)

サフォークの町オールドバラにて。毎年一回は訪れている。9月12日撮影。以前にも灰皿町のブログには何回か写真を載せている。

トライアスロン大会が行われていた。泳いでいるのは皆人間。
海岸を歩いていたら小石でできた魚を発見! 誰が描いたのだろう。よく見ると泡まで表現されている。
カモメがボートにとまっている。
イギリスのアーティスト、マギー・ハンブリング作の「Scallop」(ホタテ)。オールドバラに住んでいた作曲家ベンジャミン・ブリテンのオペラ「ピーター・グライムズ」からの一行「I hear those voices that will not be drowned」が彫られている。

「オールドバラ(Aldeburgh)」への4件のフィードバック

  1. 良いところに行けるんですね。
    ホタテのオブジェの刻銘、
    「かき消されることもない[そんな]声たちが聞こえる。」
    こんな訳ではどうでしょうか?
    私には世界の空に向けて開かれた「耳」のように見えます。
    「耳たぶ」ですか。

    ここの名物、”Fish and chips”は私の憧れのイギリス料理です。

    1. ホタテに彫られた一行、オペラのどんな場面に出てくるのか知らないのですが、
      ピーター・グライムズという漁師の徒弟が海で死ぬ話のようなので、
      drownedは溺れるの意味のほうが強いかなと思っています。

      耳の想像はいいですね。オペラにちなんだ作品なので、さらに。

  2. それぞれいい写真ですね。
    ブリテンの音楽も聴いたことがあります。ホタテのオブジェに書かれた言葉もいいですね。日本の砂浜の日射しのようなギラギラしていないところが、アジアの浜と違うところでしょうか。

    1. そういえば、日本の光と比べて色が多少くすんでいるかもしれませんね。
      少し寂しげな感じがしますが、それもいいところなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)