Mar 09, 2006

やる気の出ない(うつ?)日々の中で、できることと「ニート」について思う事

 一昨日の日記では、前向きな事を書きすぎて上滑りしていた。よくないことである。いろんなことがいやになってるときは、正直にそう書いたほうがいい。はっきり云って、ここ半月は風邪もあったが、引きこもりがちである。デイケアもしんどくていけなかった。
 なぜか無理に前向きになろうとすると空回りしてしんどくなるのである。これは、詩にもいえる。書きたい気持ちだけだと実態がついてこないのだ。。

 朝は、ミクシィの人にメールした。マイミクになっていただくのにお手数をかけてしまった。ごめんなさい。昼は近くの食堂で、「とりから定食」を食べた。そして今日は父に電話した。どうもやる気がでないと。そうしたら、とりあえず市民税の申告書を出しに行ったらと云われた。それから、できることをひとつでもしたら、と云われた。なぜかというと、僕が暗くて、何もしないでメールが来ないとか小さなことでぶつぶつ言ってると、彼女にそんなんいやといわれて愛想をつかされそうになるのだ。それは悪循環で非常にやばい。それで、書類を作っていた。僕は障害厚生年金2級をもらっているから、非課税なのだけど、とりあえず、それを書いて、郵便で良いそうなので、出しに行った。それから、本屋に行きミッドナイトプレス31号を探したがまだ並んでいなかった。それで、大航海という雑誌を買った。「ニート」が特集だった。ああとうとう「大航海」まで。思わず買ってしまった。ああなんか踊らされている。メンタル的に余裕のない社会に。それはまた書く。それから、掃除をした。風呂とトイレと床を。また、雑誌にのめりこむ。今日はちゃんとやったよと彼女にいえそうである。家事については、僕がしんどがってやらないので、それも、あきらめられている。
 万事悪いペースにはまると、あれもこれもいやになって、そういう僕を見ている彼女も、げんなりしてしまうのでやばい。だから、どうするというわけではないが、勇気を出して掃除をやったのである。別にほめられた話ではないが、そうやって少しずつでも這い上がれたらと思う。なんかグズグズしてると家全体に、しんどいオーラをはなってしまうからだ。今日は彼女が帰ってくるのはおそくなるみたい。

 で、「ニート」(無職じゃだめなのか、まあ無職だと啓発できないわな)のことなのだが、(僕の偏見でいっぱいだが)関係ないが、僕も病気になる前、といっても、そのときも妄想に襲われて、がんで死ぬと思っていたのだが、派遣のバイトが長続きしなかった。あまりにキツイ職場だったが体力は半年でメキメキついた。その前は卒業間際まで、就職活動どころか、対人恐怖になって、頭もまとまらず卒論に苦しんでいた。そういう自分を7年前、知的障害者グループホームはよく雇ってくれたものだと思う。そういう個人史がある。
 それがニートとどうつながるかわからないが、「何で働かなければいけないのか」という原理的、マルクス主義的(資本主義に加担をするな)な問題にとりつかれてもいた。今でもそう思っている。こんな豊かな社会で働くって何なのか?次の課題が出てきてるのではないか。ひきこもり→ニートの変遷には、「社会参加できない」から、「しない人」をどうするかという問題の移行が見られた。それと右も左も「働け」の大合唱になりつつある。でも、それは原理的な問題「なぜ働くのか」の先送りになっているだけだと思う。ただ働くことにつくより、豊かになった社会では、やりがいみたいなものが大事である。僕の場合、よくないことに過大なプライドが邪魔している(なんとかしたい)が、今は病気療養中なので、そういう表層の議論には邪魔されたくない。もし、ニートなり、ひきこもりなりの論者が原理的な問題に立ち戻って話をし始めるのなら、耳を傾ける余地がある。
 みんな生きていることに精一杯だ。そういう尊重の感覚ではなく、みんなで「あいつはサボっている」といいあう社会の一部の風潮はどうかしている。働かない人をかばっている人もどんな意図があるのだろうか。それとは無関係に、しぶとく生きて、つながりを広げて成長している人が、金の多寡でなくいるとすれば、僕はそういう人に、敬意を持つ。友達にもいる。そういう人はいい顔している。自分がそうなれるかわからないけど、僕が介護してたときどういう顔をしてたんだろう。
 僕の場合、ブランクが長いのをどうするかだけど、今は目の前の事に目を向けようとして精一杯である。
Posted at 18:01 in nikki | WriteBacks (2) | Edit
WriteBacks

世の中にあふれることば

>「あいつはサボっている」といいあう社会の一部の風潮はどうかしている。

ほんとにそう思います。
一方で、「きみはそのままでいいんだよ。オンリーワンなんだから」的甘言も、嘘くさくて嫌。この嘘に乗ったら、完全に資本に魂を奪われた人になってしまうような気がする。

Posted by 高野五韻 at 2006/03/10 (Fri) 00:41:16

おはようございます

高野さん、どうも。
そうですね。
両方いやですね。
なんかまた新たな二項対立が出てきてる気がするな。

Posted by 石川和広 at 2006/03/10 (Fri) 09:35:02
TrackBack ping me at
http://www.haizara.net/~shimirin/blog/ishikawa/blosxom.cgi/nikki/20060309165229.trackback
Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.













Captcha:
To prevent comment spam, please retype the characters in this image:

Enter the text here: