Nov 30, 2007

家のイメージ

具体的になってきた。

ダイニング・書棚 温室 工事風景
Posted at 15:41 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 29, 2007

風邪で絶命しそうになっていました。

風邪で絶命しそうになっていました。
蜂蜜ドリンクで生き延びた。
ずっとおなかも壊しっぱなしです。
あざみも、鼻水を流しつばきは咳をしていました。

明日はスナックに招待されているんだけど、ダメだなぁ。

ピラカンサ
Posted at 14:41 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 21, 2007

起きたら滂沱の鼻水。

起きたら滂沱の鼻水。 つきあげる咳。 吸入しながらいつもの三倍くらいの薬。 病院に飛び込むかと思ったが、ちょっと落ち着いた。 これは続きそうだなぁ。
Posted at 12:21 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 19, 2007

鞍馬天狗は「陸奥宗光でしょう?」

一発であてられて立志者の話まででました。
世の中上には上がいて、おのが無知をまたさらしてしまった。
が、下には下もいるだらうと思うことにする。
Posted at 13:51 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 18, 2007

今年の大事件

幼稚園のころから、一緒に育った従兄弟と会った。
数十年ぶりになる。
幼いとき病気をしたので、家で預かっていた。
千葉は病気療養の場所であった。
いろんな話が一気にでた。
初めてのスキーや初めてのお酒。
いろいろな悪さ。
お寿司をたべながら大騒ぎで、母が知らない子供のいたずらに母は驚く。
わたしの記憶がない旧悪まで。
Posted at 18:09 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 17, 2007

この人はだれでしょう?

昨夜チャットをしていて、山田美妙の話になった。
言文一致の人だけれど顔はみたことがない。
そう言ったら、友人が小さな写真を見つけ出してくれた。
それから維新のころの武士の野球は、打てないと切腹なんてことがあるんだと聞いた。
子規はそうならなくてよかったが、あの「ぬらりひょん」みたいな顔に野球帽を被った姿が想像できない。
で、みつけたのがこの写真。
文学者でもないが、鞍馬天狗でもない。 mutu
Posted at 01:35 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 14, 2007

父の命日

三回目の父の命日。
母とふたりで、小菊を持ってつんを袋に入れて行きました。
つんは震えながらバスケットの中から世間を見渡していましたが、帰るころにはうとうと。
三つのお墓をまわりながら、母は父の墓の前で「もう3年たっちゃった。会いたいよ~」と頑是無い子供のように泣くのでした。
こういう涙はわたしには、見せられる。
わたしはワンカップを開けて少しだけご相伴にあずかり、晴れた秋の日の冷酒をごくり。

父はわたしの冷酒に脅威を感じていたことがあった。
娘が冷酒をぐびり。
父親はどんな気がするのだろう。


てまえのつばきは、鴇色のが「ハツアラシ」 赤いのが「赤ハツアラシ」 小菊たち。

kogiku
Posted at 18:07 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 11, 2007

鯱・人魚の系譜なり。

通院中に喘息の発作が起きて、吸入器が離せなかった。
やっと投薬だけですむようになった。
今年は喘息の当たり年らしい。
親戚の子供も入院をした。
通院していたら、同期に入院していた故障したおすもうさんも再入院していた。
手術だそうで、なんだか相撲界って過酷だなあ。


わたしは昼夜が逆転していて、昨夜は明け方まで寝られず、ひさかたぶりにチャットをやった。
ヤフーの「読書」というカテゴリーだが、メンバーはあきらかにちがっていた。
生き残り数名と話すうちに、最近興味津々の「キャバクラ」についての話になった。
もちろん、わたしが振ったネタだが、不愉快に感じた方には申し訳ない。

ところで、なぜかヘンな話になると名古屋に行く。
文豪、森鴎外が愛した「饅頭茶漬け」から、名古屋の飲食店のメニューにとぶ。
「それはときどき、駅のホームで見たものです」に近いメニュー群、中身はふとどきなので割愛するが、饅頭茶漬けなんか「そんなのカンケーない」くらいに激しかった。

以前、友人がつれていってもらった名古屋のキャバレーで、「綱引き」をやった話を書いた。
それはめまいがしそうな話だったが、今朝方聞いた話はこうである。
名古屋のキャバクラには「人魚がいた」。
ほんとうに外人が人魚の尻尾をつけていたのだそうだ。
それを見たとき、彼はバンジージャンプをするより大変な「覚悟」をしたのだそうだ。
どうも、名古屋に人は観光で行くことは少ないから、仕事や付き合いがおおくてハメをはずすのか・・・・・
そんなことを考えると、人魚を見るのも仕事のうちなのだろうか。
かくいうわたしは、ガイジンの人魚を見たくないでもなひ。(笑)


セゾン美術館
Posted at 17:24 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 03, 2007

眠れないわけ。

眠れないのはわたしのベッドがセミダブルで、機嫌がいいと犬が一緒に寝ようとするからです。
昼間はツン、それからあざみ。
今はさぶが寝ています。
一緒に寝るのは嫌じゃないんだけど、寝る位置が定まらなかったり、左右が逆だったりすると(わたしは必ず心臓をうえにします)かなりつらい。
今日は、風邪もひいているし、あさっては長野に行くので「体調を整えておいて」なんていわれて悪あがきをしていました。
餌をやったりなでたりで、犬の感情がわかる気がして、そういうときはその犬がベッドに入ってくるような気がします。
それとシーツを変えたときも。

あざみは姐御のようになってきました。
頼もしいやさしい犬になりました。

つんの肉球
Posted at 02:06 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 01, 2007

BSのアジア映画特集・しっぽの長いシェルティのこと

知人のブログにさそわれて、このところアジア映画を見ている。
見たのも少しあったが、アジア映画の企画というので新鮮だ。
なかで、モンゴル、アラブの風景など見いてるときは、広角レンズが欲しくなった。
あの雲の寄る感じいなあ。
都会で撮るのは大変そうだけど。


つばきのダニ(人間には感染しない)は、齧られたところが感染症になるということで薬を強くしました。
小さな動物の病気はかわいそう。
でも、元気に遊び、いたずらし「おあずけ」も覚えそうです。
やんちゃだけど健気。

ホトトギス
Posted at 22:34 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿