Dec 15, 2010

着物。着物・・・・。

晴れました。
なんて嬉しい、午後からたまったタネをまきます。
今年は目だつような苗がなかった。
タキイの担当者がかわったのかな?
昨日は風邪気味だったせいか、さんざんでした。
着物の先生が暮は忙しい・・・・・とのことわたしの着付けはどうなるんじゃい!
習うときって正月に来たいとか、そういうのがもくひょうだったりしませんか。
予定してた日もキャンセルになり、これからこんなじゃ困るなあとおもっています。

業務連絡。Tさん今週は空いています。連絡をください。
Posted at 08:40 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 14, 2010

冬のおいしさ。いっぱい。

家の前の家にはりっぱな花柚子の木があります。
家のはどこをどうしたかすだちみたいので、今年もなりません。
やっぱり今時の植木屋さんは造園屋さんです。
だんだんぼろが・・・。
まあ、そのりっぱな木の柚子の実を今年も頂きました。
で、自己流柚子味噌を作りました。
パックに詰めてお返しにします。
評判のほどは知りませぬ。
でも、母のもとにも、もってゆきます。

スイレンボク
Posted at 15:12 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 12, 2010

ああ、愉快、愉快

昨夜からおでん、煮てました。
ほっこりじゃがいも、大根、ちくわぶは、あまり好まれないようですが好み♪
牛筋はいれません。
たまごもいれました。
友人二名(♂)は、まずはちくわぶの話から入りました。
旅行会社にいて関西や九州に飛ばされていた、Iさんは「関西にはちくわぶ」がないと言いました。
話はどんどん進み、すると共通の友人やらイベントやらの話が出てきます。
「えっ、あれそうだったの?」とか、「あれも行ってたのとか。」それと一緒になつかしいCDもかけて・・・持参のものでした。
わたしも久しぶりにのんだりして、
充実、かつとても楽しい集まりでした。
よっぱだったので、お風呂は次回にして残ったお酒はお土産に。
柚子もお土産、お歳暮用のりんごもお土産。
一升瓶を下げてふらふらするのは、昔からのことです。
今頃、横浜に着いているでしょう。
小学校から予備校まで同期のふたり。
面白い取り合わせです。
こういう男同士のつながりがいっぱいあるらしくて、ちょっと羨ましく思いました。

oden
Posted at 00:36 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 06, 2010

土曜日に歯痛で歯医者さんに飛び込んで、化膿止め痛み止めをもらって耐えていた。
それはいいのだが、痛み止めをすでに飲んでいたため「ここはだいじょうぶですよ」という歯を痛いとうったえてしまった。
いずれにせよ処方は同じだったと思うが、痛かった歯にまだ鈍痛がある。
今日こそ行こうと思っていたのだけれど、だらしなく昼から寝てしまった。
こんな生活をしていて夕方に起きると、最悪の気持ちになる。

最近、TVはあまりにひどいので見ないが、昼ごろにやる「今日の夕刊」(夕刊なんとかだっけ?)という番組は、もう夕方になったような気がして嫌いだった。
今はやっているかわからないが・・・。
テレビは衛星の映画がいい。
名画を結構見ることができる。
とくにチャット仲間に教わったシネフィル・イマジカはお勧めだ。
という事情から、予定していた種まきも少ししかできず。

大掃除もぼつぼつはじめなきゃならないのに、だめだねー

突然ですが、ボタニカル・アートの教祖が描いたコンニャクの花をアップします。
ちょっと珍らしいので。

cbp2812-271
Posted at 19:04 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 05, 2010

「それで、あなたはいくらの着物を着ていったの?」
友人は聞いた。
どんな着物?とか何色?とか、先に聞くことあるんじゃないか?と私は思った。
なにしろわたしは、チマ・チョゴリだってインドのサリーだって着てみたい。
それなのに着物は・・・・いくらの?
となっちゃうわけだ。

戦時中にモンペをはいていた(らしい)母も、戦後はそこそこおしゃれはしていたらしい。
もらった母の帯は若々しく、今でも十分使える。
だがその多くは戦争で焼かれ途絶えた。
だから私たちの世代は、着物に対して無知なのだ。
呉服屋さんの知識は、そのギャップをうめてくれる。
わたしは素直にありがたいと思えるのだ。
今年は浴衣がとぶように売れていた。
着物を、着たいという人はいっぱいいるのだ。
わたしは着物をきるというくらいのナショナリティは、あってもいいだろうと思う。
着物に込められた思いとか、思想を知ればきっとそう思う。
それは、「いくら?」をはるかに超えている。

来年は、わたしは大正時代の干支のうさぎの帯を締めるつもり。
これは、なんぼなのかしら?
川村美術館で咲いていたリンドウ

Posted at 06:43 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 02, 2010

昨日、「西本智実 with ミッシャ・マイスキー ラトビア国立交響楽団」 というコンサートに行ってきました。
昼間から、着ていく着物を物色して、散らかったところへ友人から「2月に十二単いい?」というメールが来て、わたしは頭の中が着物でいっぱいなので「えっ!なんじゃこれ?」
「二月に一重なのかぁ?」と大混乱。
これは電話で決着がつき、なんと植物の十二単のことだとわかったのでした。(彼女は来年二月に来る予定です。(笑
今の季節しか着られない通称馬場あきこの着物=黒い友禅は母からもらった帯で様になりました。
力士のようであろうと、歯科治療中であろうと、チャンスがあったら着るということで、家から10分ほどの市の文化センター、に行きました。
実は時間があったので、ちょっと駅の方でお披露目したかったのですが。

ともあれ歩いて10分のところに向こうからきてくれるなんて、ありがたいものであります。
会場はほぼ満員。ですが、ラトビア~の方々は少々お疲れのように見受けられました。
マイスキーは前半に出場、天才のチェロでした。
なにより座席がマイスキーから4mくらい。
スコア修理ののセロファンテープや書き込みも見えるくらいの位置でした。
こんなところで聞けるってさいこーです。
しかも、です。
マイスキーのサインをCDにしてもらいました。
家宝です。

maisuki
Posted at 16:14 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿