Feb 26, 2005

引き出しの灰(1996.7.9)


消しゴムで消す
へのへのもへじ

もじゃもじゃ頭のカツオに目薬
掌に水芭蕉
そんな青い季節です

(引き出しにはネズミの死骸
 だから怖くて開けられない)

消しゴムが日々の澱を消す
忘れっちまって
忘れってまって

カツオに目薬
いやにしみるね

その灰は骨から
その灰は紙幣から

引き出しから取り出して
投げる灰の虹

ほら、あんなところでファックしているよ

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

暗い駅(1996.6.18)


米粒に絵を描く

豚が飛んでいる
豚が飛んでいる

米粒に茶碗を描く
お茶が飛んでいる
みみずが飛んでいる
霧が手を出してお茶を啜っている

コンセントを挿す
ぼっと明りが点く

足跡が飛んでいる
泥に付いた足跡が飛ぶ

夏の前哨戦の風
蒸気
ネズミモチの花

僕の靴下は女の下宿
僕の靴下は女の下宿

僕はマダラの蝶みたいに
耳に粘土を入れていた
僕は尻に椅子をつけて歩いていた

あのイグサ イグサ
あの暗い駅

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

垂線(1996.6.11)


灰がビルの谷間に駆け抜けていく

いくつかの谷間に沿って街ができた
おびただしい文人がその旅篭に泊り
たくさんの色紙を残していった
紙は紙魚に食われ 穴が開き
墨はかすれ
やがて灰になった

血で血を洗う戦いは
やがて微小な刺の残骸になり
ポインターを連れた避暑の男が
古磁器の深く埋まる山の際を
歩いていく

その仕事の最中 彼はふと横を向く
そのように武士が横を向いた谷間
川はまだ天然の鮎をたくさん
含んで流れている

垂線 埋葬 祈り

ほんとうに祈りの言葉がこの谷間に充満したことが
あったのか
ほんとうに

確かなのは
透明な僧がここを通り過ぎたことだけ
その僧を垣根の隙間から見た
若い母こそ
じつは
その僧以上の求道者だった
それだけは確かなことだった

いま一台の四輪駆動車が砂利の音をたてて
寺の間に入っていく

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

鬼火を数える(1996.7.24)


泡の時間
ビニール管を通らないと
いけない
山積している書類を
いちいち見ると
泡沫の
禁欲の
金欲の
なんか 時間
あなたは大事なものを捨てていない
大切なものを網棚に忘れても
それは
泡沫の札束でしょう

引き出しにあの人は骨董品を入れていた
泡沫な
草ぼうぼうの
あの人が助けることができた
日銭
それはいくつかの人魂となって
ひゅーひゅー
飛び回るでしょう
ぼくはそれを数えてあげましょう

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

虚空(1999.11.30)


古い手紙やハガキを
破りながら見ていると
とても誠実な文面の文章が
綴られているものがある
そんなにまじめに
返信してくれて
なんだか後ろめたくなるのだが
でもそのときには
きっとぼくもちゃんと書いたのだろう
でも紙は古くて
汚れていて

関係がね
ああ 関係がね

衛星から降ってくる文字みたい

相対するって
すっと
野菜みたいに食べ
ぼくも虚空で
無為な
人力車を引いている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

草を追う(2000.8.29)


朽ちた船
周りの砂地には
ぼけっ と雑草が
流木にインスタントカメラを置く

海から山に登る道と
左に行くと雑木林をぬけて
集落に出る

小高い山の斜面には柑橘類の畑
とちぢんだような松の幼木がある
左の道の雑木林の向こうには
池があって
小魚も見えるだろう

どちらに行ってみよう
道はどちらにしろ
埃っぽく
汗がおちると
たちまち乾く

日を追って
道端の
草を追う

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

茶室(1999.12.14)


茶器の
冬もようは
荒くれる海で
その汀に

白足袋が歩く
枯れ草や渇く実が
床の間から
細い川のように
濡れ縁につづく

ほっかりと
チョコレート色に固まる

なんか
僕はミカン畑でしたことあるよ
リヤカーを引いたおじさんが
見て見ぬふりをしてくれた

青空に雲がうごくもと
きれいな乳房が
小さな山のように見える
性的なハイキング

なんでもないことだから
抹茶を
注ぐ

そんなこともあったな
冬の山水
すすっとにじり出る

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

針を噴く指(1996.11.12)


つぶてが降る夜は
花のなかに入る
火は揺れ
つぶてがそそぐ夜には
花に入る
階段がゆるやかに始まる
道の真ん中の
白衣の少女が
ひそかに降りる階段の
その上につぶてがそそぐ街は
花のなかに

放射状に花弁が
頭上に回り
たくさんの炎が
アスファルトに点々と
揺れ
少女は降りていく
かすかなトンボの翅の
筋のように

ニンジンの塔がやがてできる
破れたジーンズで僕らはその階段を
上る
ラッパの縁に灯された火
いちょう
赤く 黄色くなる葉
指から出る
細かい針は
ちょうど中天に
霧のように噴き出すから
楽器を操る指から
噴き出すから

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

道の見え方(2000.5.9)


道のでこぼこが
まだ水のころの
神経を
漂わす

無 音 というのは
メガネの蔓のあたり
幼時が
ひそかに
回帰しているから

ぼくは
滑るように
眼が疲れているのだが
言えないことも
つーぅっと
水の上を

あの
ひとも
しわが
増えるけれど
Perl の本が
性の幻影に混ざる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

8800(1998.11.3)


地下鉄の遺失物係に電話する
書類の袋を網棚に忘れて
大急ぎで知らせる

彼は
8800という数が書かれた
薄いトレーシングペーパーを渡す
僕はある行の空白の部分にそれを
貼り付けるのかと思う

8800は裏から見ると0088
そして左右逆にしても0088で
彼がこちらに向けた8800を
信じるか信じないかで
変わってしまうことに困る

黒い塊である遺失物係は
ベッドの右に下がった僕の手を握って
何かを責める

これがあなたの忘れたものだというのではなく
電話するまでもなく彼はベッドの右にいる
塊であることを主張している

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

においのない歌(1999.4.13)


流れている
歌の
味がなく
においもなく
ただ道の上に眠るとき
色紙はこまめに
角の店を造っている

女や男が
水のように出入りする店
空のバインダーや
白紙の本が
においも味もなく流れるとき
(星形の紙は風かもしれない)

青い色の紙切れをポケットにいれる
人を
微かに僕は恋うている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

池袋(1999.11.9)


駅前の舗道では
宙返りがはやっている
ひゅーひゅー だぼだぼズボンはいてね
コンクリの柱の陰では女子高生がキスしてる

そういえばその辺で
キレた人がいるうわさも聞く

雑司が谷墓地の横を通り
びっくりガードを抜けるコースは
何回となく歩いたけれど
高層ホテルの前のコンドミニアムには
気を留めたこともない

そうか
宙返りがはやっているのか
夜は明かりがちかちかしすぎで
遠く街の音が響いている

西口公園で
僕は一度
宙返りをする
寝る前に
妻の好きな陽水ベストヒットを聞きながらだけど

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

亀裂があいさつする(1997.3.5)


雁字がらめにしばられ
包帯男が蹌踉として
歩いている
トイレットペーパーに十文字に巻かれ
ラッパ水仙に吸い込まれる
包帯男の群像

ぞろぞろ
花弁の細い道に沿い
紙を後ろに垂らして

黒いジャケットのポケットに水仙を
詰め込んで
地下鉄への階段を下りていく
昼の月の


いまテーブルの
皿の上の駅を
フォークでつまみ
駅の女の年齢を聞き
忘れてしまう数を
そのまま風に吹かせてしまう

亀裂が亀裂に出会うとき
霧吹きで互いを濡らす
あいさつをする街

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

朝はカレー(2000.1.4)


朝はカレーがいい
一夜おいて
ヒコーキも飛んでるし

セクハラでもなんでも
朝はカレーでね

好きな人はまだ寝ている
あの人が二階に上がってくるのを
待つまでもない
どうせ 夢のハーブガーデンを歩いているだろう
いいにおいでも吸って
寝ていなさい

犬と猫
君ら 擬態もできないの?
俺 できる

みんな食ってしまえ
みんな食って
つつましくしようかな

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

ナイフとたんぽぽ(1996.7.30)


ナイフを振り回したくなることって
ある
でも抑えて道のはたの
たんぽぽを愛でたりする
っていうのは
犯罪だね

それともはらわたを引き裂いて
ゲロみたいに
道端に捨てる時代に
その君は
虐殺のかどで
つるし首
こま切れの刑を受けたのって
その君の
心の清さを物語っているじゃないか

これは高速度の乗り物
びゅんびゅんホッケの干物の中を飛ばす

たんぽぽ愛でる
たんぽぽ愛でる
って汽笛を鳴らして
干物の中を走る

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit
April 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
   

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿