Feb 26, 2005

引き出しの灰(1996.7.9)


消しゴムで消す
へのへのもへじ

もじゃもじゃ頭のカツオに目薬
掌に水芭蕉
そんな青い季節です

(引き出しにはネズミの死骸
 だから怖くて開けられない)

消しゴムが日々の澱を消す
忘れっちまって
忘れってまって

カツオに目薬
いやにしみるね

その灰は骨から
その灰は紙幣から

引き出しから取り出して
投げる灰の虹

ほら、あんなところでファックしているよ

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

暗い駅(1996.6.18)


米粒に絵を描く

豚が飛んでいる
豚が飛んでいる

米粒に茶碗を描く
お茶が飛んでいる
みみずが飛んでいる
霧が手を出してお茶を啜っている

コンセントを挿す
ぼっと明りが点く

足跡が飛んでいる
泥に付いた足跡が飛ぶ

夏の前哨戦の風
蒸気
ネズミモチの花

僕の靴下は女の下宿
僕の靴下は女の下宿

僕はマダラの蝶みたいに
耳に粘土を入れていた
僕は尻に椅子をつけて歩いていた

あのイグサ イグサ
あの暗い駅

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

垂線(1996.6.11)


灰がビルの谷間に駆け抜けていく

いくつかの谷間に沿って街ができた
おびただしい文人がその旅篭に泊り
たくさんの色紙を残していった
紙は紙魚に食われ 穴が開き
墨はかすれ
やがて灰になった

血で血を洗う戦いは
やがて微小な刺の残骸になり
ポインターを連れた避暑の男が
古磁器の深く埋まる山の際を
歩いていく

その仕事の最中 彼はふと横を向く
そのように武士が横を向いた谷間
川はまだ天然の鮎をたくさん
含んで流れている

垂線 埋葬 祈り

ほんとうに祈りの言葉がこの谷間に充満したことが
あったのか
ほんとうに

確かなのは
透明な僧がここを通り過ぎたことだけ
その僧を垣根の隙間から見た
若い母こそ
じつは
その僧以上の求道者だった
それだけは確かなことだった

いま一台の四輪駆動車が砂利の音をたてて
寺の間に入っていく

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

凹レンズ(1999.9.7)


男が
矢のように放つのは
女に懸かるのだと書くと
なんだか
女の白いお腹を見ていると
思われるかもしれないが

女は見られる矢印と同じだけ
凹むと書くと
おへそを思い出すかもしれないが

風に女が加える文字は
白いお腹を見られることを
そのまま25度だけ逸らすことによっている
凹むとき そのまま海に入る
男が虹の視線を
しぶきのように腿の上に横切らせるとき

準備している
それがしなやかな
すなわち凹レンズは
つくる
つくる
つくりきる
街は
そのようにしてできる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

透明な回廊(1996.9.3)


木の葉がぼろぼろになっていくようには
あちらへの回廊は変質しない
透明なガラスが
さらに透明になって
ついに水が通るように
回廊は変質する
たしかにガラス片を踏んで
肉体が曲がるころ
ところどころ甘い飴でできた回廊には
血の染みが
点々と着いた

でも木の葉のような染みは
途轍もなく透明になることによって
床は虹色の本当の菓子になる
ガラス片はザラメであったかのように
往くのである
車窓からの眺めが
網膜に映り続ける
同胞が甘受したところへ
往かせない
同胞が謎に思ったところへは
往かせない

私の身近な空へ
引き寄せてしまう
それができるのは
高速度で往ける透明度が
あなたにすでに保証されているから
私の空にかならず
引き寄せてしまう

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

路地が夜になっていく(2000.10.3)


トカゲのレントゲン写真のある本が
気になっていて古本屋に行くたびに
その洋書の写真のページをひろげてみる
夕刻にはすでに店は閉まっていて
入口にはワゴン車が止まっている
いつまでもその本は売れないのに
片付ける様子もない

坂を下り信号でたばこを吸う
電車には帰りの人々が
つり革につかまり
こちらの道路を見ている

西には三日月があって
ときどき雲でくしゃくしゃになる

この路地には骨はない
緑ふかい草と
フェンスに絡んだ蔓と実と
抑えきれない火照りの残滓

アート紙に印刷された
トカゲの骨

駐車場にボンネットをきらめかせて
車がはいっていく

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

接合点(2000.2.15)


だけれども
僕は接合点をみつける
その地点は
そこから街を切開できるポイントのように思われる

その接合は花鳥を飛ばすことができる
周囲の木々
蜜鳥の羽のささやき
きっと
木の幹にそれぞれ隠れた少女たちは
戻っているように見える

低血圧の街の地面
たぶんあの暗い木の洞から現われるように見える少女は
明るい春から走ってきている

(微細な罅がその球面に
 入るだろうか)

そんなことはけしてないと思う
あの真っ白い法的文書の虚妄が
告げている
告げている正当性を

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

反る板(1999.6.29)


小屋の
板が浮いてくるので
5寸釘を打つ
反りの力は
とめることはできない

余りというものは
追求することで
レポートも書ける
でも余りは
反る板のように
いつもヒトから浮き上がる

熱い昼の舗道に
虹の余剰が飛沫になって降ってくる

小屋は彩られた家になり
また雪洞になる
つかの間 余りを旅して

それから飛沫が沈むと
葉裏が照りかえる
梅雨の晴れ間に
海のにおいがくる
道を歩いている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

チューブ(1996.12.17)


チューブの右に入ろうとすると
細かな棘があった
水澄ましはいない
では左は
わけもなく蠕動している

管は分岐していて
その膚を確かめて
進むことになっている
棘の向こうに
水辺の糸トンボが群れ
羽黒トンボも地面を這うように
飛んでいた
小さく見える
あれは魚眼のなかの
映像でも
いつでも回復の手だてがあると思う

排出口のほうへ動いている
管は孕んでいて
子プロセスが
数字を送っていた
じつは
糸トンボにも
神経が内壁にミクロンの単位で通じている
後ろから懐中時計がくる
鎖を
じゃらとさせて
「おーい」
誰もいないらしい
タバコに火をつけた

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

紋様(1999.5.11)


空き地を過ぎると
アタマがぼーっと夏の絵草子を浮かべている
地味な紋様の紙に
一文字

そこから始まる夏の歳時記
絵草子は水辺の草に群れる昆虫から
黄色い花などに移っていく

一人で道から外れ
丘の畑に出て
なんでもない木々の揺れをみているような
ことどもも描いてある

江戸の水
紋様は青海波だ
くすんだ色が艶をもってくる
夜 海に出てみよう

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

涵養される机(1999.2.2)


机の畑
涵養されるか

耕される

やせぎすでびくびくと
畝を歩いている
机の上の

いま
小さな手で耳を押さえる
微小な人が
見える
響きが
煙のように
机の上を這っている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

露岩(1998.12.22)


この尖り割れた
吹きさらしに
岩が露わだ
凍った粒がぴしぴし当たる

突き出た岩は
骨折した骨のように
ぎざぎざに
雲の前景にある

日は尖る耳のあたりから
徐々に晒され
やがて鉄が打ち込まれ
ねばねばしたものが凍るだろう

髭の毛先の水の
結晶が
ちらちらと汚れた靴に落ちるだろう

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

豆花(1999.3.23)


竜骨弁
しべをつつむ竜の骨
紅い小さな竜がするりと
青い畑に群れる
その粉は
町の隅に
電気を送る

「あやしいやつ
斬って捨てるぞ」
と片目の素浪人が
見得をきるが
刀の周りに竜の粉は回る
鼻をぐずぐずさせて
じゅんじゅんに傾ぐ髷
紅い竜は飛ぶ
左膳は鼻薬を吸う

畑の向こうには大きな
セピア色の群像写真
セピア色の子どもが
蝿はたきで竜を落とし
畑に
並ぶ豌豆は
しっかり
敬礼している

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

雨の入江(1999.5.4)


船が凍ったように停泊し
マストに霧がかかる
ひなびた漁村が
雨の中にある

街の舗道で
あの夏
バスで通り過ぎた入江の
海の色を描いている

どの夏だったのか
ときどき濡れた窓に
枝と葉が掠めた
いなかの路線バス

最後の入江でバスを降り
飽きないで海面を見つめ
煙草を吸う

窓からの街
の雨
ポツポツと音のなかに
湧いてくる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

もし(1999.12.28)


僕がもし/もしもし
もし
スクワットをやって
もし/もし/もし
重いな

僕がもし/もし
もし
細いサングラスをかけて
もし/もし
お茶ちょうだい

もし
もし もし もし
あの人は いるから
充電すんだよ
充電すみましたの?

もし/もし もし
カナリヤ
もし

夜を歩こう
月に
コペルニクス火山が見えているし

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit
September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
           

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿