Feb 26, 2005

引き出しの灰(1996.7.9)


消しゴムで消す
へのへのもへじ

もじゃもじゃ頭のカツオに目薬
掌に水芭蕉
そんな青い季節です

(引き出しにはネズミの死骸
 だから怖くて開けられない)

消しゴムが日々の澱を消す
忘れっちまって
忘れってまって

カツオに目薬
いやにしみるね

その灰は骨から
その灰は紙幣から

引き出しから取り出して
投げる灰の虹

ほら、あんなところでファックしているよ

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

暗い駅(1996.6.18)


米粒に絵を描く

豚が飛んでいる
豚が飛んでいる

米粒に茶碗を描く
お茶が飛んでいる
みみずが飛んでいる
霧が手を出してお茶を啜っている

コンセントを挿す
ぼっと明りが点く

足跡が飛んでいる
泥に付いた足跡が飛ぶ

夏の前哨戦の風
蒸気
ネズミモチの花

僕の靴下は女の下宿
僕の靴下は女の下宿

僕はマダラの蝶みたいに
耳に粘土を入れていた
僕は尻に椅子をつけて歩いていた

あのイグサ イグサ
あの暗い駅

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

垂線(1996.6.11)


灰がビルの谷間に駆け抜けていく

いくつかの谷間に沿って街ができた
おびただしい文人がその旅篭に泊り
たくさんの色紙を残していった
紙は紙魚に食われ 穴が開き
墨はかすれ
やがて灰になった

血で血を洗う戦いは
やがて微小な刺の残骸になり
ポインターを連れた避暑の男が
古磁器の深く埋まる山の際を
歩いていく

その仕事の最中 彼はふと横を向く
そのように武士が横を向いた谷間
川はまだ天然の鮎をたくさん
含んで流れている

垂線 埋葬 祈り

ほんとうに祈りの言葉がこの谷間に充満したことが
あったのか
ほんとうに

確かなのは
透明な僧がここを通り過ぎたことだけ
その僧を垣根の隙間から見た
若い母こそ
じつは
その僧以上の求道者だった
それだけは確かなことだった

いま一台の四輪駆動車が砂利の音をたてて
寺の間に入っていく

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

黒い手帳(2000.2.1)


あるクラブの名前を書いた紙を
はさんでおいた手帳を
ロッカーに置いてきてしまう

隠した花は
いつのまにか潰れていて
紙片には紅い染みだけがついているのだが
せいぜい街にまぎれてしまい
ただ紅い残像だけが
歩くときにあたりに漂っている

暗い引出しの中で花はまず重力で崩れ
紙に張り付くように広がり
そして腐り
におい
乾いて
紙に染みだけが残る

駅から地上に出ると
赤に打たれ
そして赤から離れ
タバコを買うと
桃色の水が路地を流れ
赤は消えて
暗証番号を押す

ぼくは字を書く
黒い手帳の次をめくると
紅く女陰のようにシンメトリな染みが
かがり糸までも紅くして
乾いている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

野良犬(1999.5.25)


ときたま
毛皮は汚れ
荒んだ野良犬になりたくなる
一人で斜の風体で
路地裏に入り
ごみのにおいのする舗道を歩く

渇いた喉をむき出しにして
うらぶれた板塀のあいだの
ただれた夕日に
融けたくなる

街灯の下
瓶の底に放り投げた
絡んだ5色の紐になって
新しく
より荒んだはらわたを
発生させたくなる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

カラス(2000.5.2)


いつも2時ごろになると
カラスは
かかかかかか
という低音のトレモロを奏でた

で今日は厚い辞書を引いているときに
滑稽な歌を歌う
たぶん
カラスはぼくが好きで
ぼくもカラスが好きだから

きみは今日こそ
ぼくに何かを言おうとしている

かっかかかではなく
ごちゃごちゃの糸の塊みたいなことを
つまりは
ぼくがでたらめが好きなことを
きみは知っている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

百日紅(2000.9.26)


濡れ縁に座って
池の小魚を眺めていると
きものを着た隣の人が
スポーツ紙を読みながら歩いている

こちらも三面記事を見ながら
お茶を啜り
百日紅の終わりの花のフリルのような花びらを
いじったりする

これから日光へ紅葉を見に行ったり
横浜に釣りに行ったりとも思うけど
テントの中の人形劇が
何か輪郭を求めてさまよっているのがわかる

そして 夜 夏はまだ

「あの日々」と言ってみたくなる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

回転棒(1998.4.28)


綿菓子が
耳から発生することはよくある
すーすーと
それはエニシダの枝に絡む
甘い夜は
ついに来ないし
また行かない
つまり
この耳がゼロの穴で
そこから
綿が出て
筒の闇が
みなもとであることは
木々が知っていること

ほら
闇の雲の塊は
ビニールに包んだお土産の
綿菓子で

剃刀なんか
だんだら棒の店の奥で
タオルの上に並んでいるだけの夜

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

忘れない秋(1999.10.19)


この夏は
いつも骨が見えていて
いまぐらいの時分になり
骨から
肉や筋がほろほろと
剥がれて消えていく

これではね
水が入ってこない
草本は徐々に
灰色を増しているけれど

建物や鉄骨
街の肩や腰

うすい白茶の骨は
ほろほろと肉を落としだし
僕は管と管を繋げる
そしてようやく街の骨に
水が少し流れて
9月は10月に重なり
10月は11月に重なり
忘れない秋が終わる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

静脈の地図(1999.8.10)


アゲハチョウの形をした
張り紙を見たことがある

 僕はその人を
 垂直に生える草のように捉える
 でなければその人は
 僕の断層に耐えられないだろう

あの張り紙には
幾筋もの僕の
ゴムみたいになった静脈の地図が
描いてある

そう
山の駅の東側の木の壁の
張り紙
矢のように平面を解析し
耐性を増した血管が
みずうみのある街を
描いている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

青(1999.1.19)


シャーレのふちに
わたしの襤褸がある
その襤褸を
風のように着て
放浪者は
虫になって吹いていった

みしみし いう

毒虫の甘い汁が
舌に染みて

シャーレのふちに
わたしの生温い旅が
はらわたの紐の
靡きになり
微かな戦士が
映って
青に染みていく

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

中庭(1999.9.28)


中庭には
物干しがあり
濡れ縁が見え
曇り空が
塀の向こうに続く

巣ではなく
泡でなく
ちぎれた紙の一枚
の模様に
刃物が
台所から飛んでくるもの

それは
菱形の千代紙に
狼藉の
繰り返し柄が
虎の声とともに
びゅん と
しおらしくなり
宙に見えなくなる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

正方形の街(1997.4.1)


正方形の青空に
雲が動いている
路地では
魚が相変わらず焼かれている
コンクリートの電柱に登って工事した人は
夕食でみそ汁を啜っていたが
もう当分この電柱には来ないだろう

街には
とても平凡な顔がある
とても平凡な言葉が
走り書きされている
ごく単純に彼らは
交わしあっている
焼き魚のにおいに
気まぐれに買った花のにおいを少しだけ交ぜて

僕は正方形の街を知っている
そこでは誰もが夕食の野菜を買う
ペットボトルの水を買う

小さなハンカチが
落ちた
物干しから
落ちた

そのとき昼の喫茶室で
無駄話をしたのが
四角い街に生きた証しだと知る

粉々に正方形の空に沈殿していくのを
見ているのが
証しなのだと
ゆっくりひらひらと
落ちていく
青い正方形のハンカチは
知っている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

捨て猫(1997.10.7)


詰まっているから
道ばたの捨て猫を拾ってくる
病気の猫を
すると
またしても詰まるのは
これが日々というもの

桟橋で深いキスをしたあの夏
たぶん重いかけらが
桟橋のわきの深い小魚が群れている深みに
ゆらゆら落ちていった

仕事の合間に谷崎源氏を読んでしまって
疲れた休暇
樺の木は周りの明るい花の鈴で
祝福していた

だるい書斎の時刻に猫は
回復しつつある

次の日の朝
そっくりな病気の猫が
同じ場所にうずくまっているのを見るとき
なんだか笑ってしまうね
ぼくの気まぐれは
もうベルちゃんのことで精いっぱい

きみは次の気まぐれな
散歩男に
拾われますように

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

黄色い十月(1998.10.6)


十月のカレンダー用紙は
黄色だ
それは83年7月の末
パニックディスオーダーに襲われ
タクシーに乗ったり降りたりした
発端の色だ

この十月はやさしい目が
隠れる月で
僕は何度かドクターに相談した
彼は言う
「密約は疲労ではない
 果たされるまでは」
「しかし 果たされた後は
 まさに疲労だ」
「黄色は
 単なる三原色のひとつにすぎない」
「カレンダーの黄色は
 ネガティブな黄色なので
 あのときの黄色ではない」

僕はヘモグロビンが多量の酸素を
体じゅうに運んでいることを意識する
十月 その十の形は
あの人の胸にかかる金属の十と同じ色だ

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   
   

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿