Feb 26, 2005

引き出しの灰(1996.7.9)


消しゴムで消す
へのへのもへじ

もじゃもじゃ頭のカツオに目薬
掌に水芭蕉
そんな青い季節です

(引き出しにはネズミの死骸
 だから怖くて開けられない)

消しゴムが日々の澱を消す
忘れっちまって
忘れってまって

カツオに目薬
いやにしみるね

その灰は骨から
その灰は紙幣から

引き出しから取り出して
投げる灰の虹

ほら、あんなところでファックしているよ

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

暗い駅(1996.6.18)


米粒に絵を描く

豚が飛んでいる
豚が飛んでいる

米粒に茶碗を描く
お茶が飛んでいる
みみずが飛んでいる
霧が手を出してお茶を啜っている

コンセントを挿す
ぼっと明りが点く

足跡が飛んでいる
泥に付いた足跡が飛ぶ

夏の前哨戦の風
蒸気
ネズミモチの花

僕の靴下は女の下宿
僕の靴下は女の下宿

僕はマダラの蝶みたいに
耳に粘土を入れていた
僕は尻に椅子をつけて歩いていた

あのイグサ イグサ
あの暗い駅

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

垂線(1996.6.11)


灰がビルの谷間に駆け抜けていく

いくつかの谷間に沿って街ができた
おびただしい文人がその旅篭に泊り
たくさんの色紙を残していった
紙は紙魚に食われ 穴が開き
墨はかすれ
やがて灰になった

血で血を洗う戦いは
やがて微小な刺の残骸になり
ポインターを連れた避暑の男が
古磁器の深く埋まる山の際を
歩いていく

その仕事の最中 彼はふと横を向く
そのように武士が横を向いた谷間
川はまだ天然の鮎をたくさん
含んで流れている

垂線 埋葬 祈り

ほんとうに祈りの言葉がこの谷間に充満したことが
あったのか
ほんとうに

確かなのは
透明な僧がここを通り過ぎたことだけ
その僧を垣根の隙間から見た
若い母こそ
じつは
その僧以上の求道者だった
それだけは確かなことだった

いま一台の四輪駆動車が砂利の音をたてて
寺の間に入っていく

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

大月みやこ(1996.10.22)


大月
の膚の静かの海
空中の水瓶に虫の死骸が浮かんでいる
このみやこ
犬も一家に一台の時代
NHKの
大月みやこの電波は
奄美の
砂糖キビの収穫を終えた
食卓に
届く

大月
のざらざらのコペルニクス山
に着物を着た
白粉がたくさん
の電波が
届く
みやこから

大月は南
水道瓶は東
大月みやこは
振りをする

その夕べ
おでんを食べ過ぎて
吐いてしまったその日

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

飛び散る厨子(1997.8.19)


二本の脚を失ったハナムグリ
夏も終わりかけると
部屋に昆虫が入ってくる

厨子に御す仏像を拝みに
盆に帰る人たち
やがて厨子は
粉々になりキラキラと
舞い出て
麦藁帽で釣りをする人の上を
西方に向かって走り去るだろう

かわらけ
土器
みじんになった
地への贈与
泡立つ汁の流れ
その子供の口に触れた縁を
撫でれば
旋回が始まる

それは夏から夏へ
また夏から夏への
旋回

手のひらを見ると
ハナムグリは
セロファンのような翅を
硬い背を割って菓子包みのように広げ
日のゼラチンに
溶けていく

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

花と機械(1999.8.3)


開く熱で焼けて
黒い穂になる

星じるしになるなんて

この街で見えないにしろ
花は燃えるから
青い火は時折
街を透けて見せるから

だから僕の腕は
金属の骨と伸縮する鋼の筋と
でできている

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

ビンの中の羽(2000.1.18)


通りから
小さい公園に出ると
羽が一枚落ちている
すると
僕はビンを思い出す
ビンに羽

だけれども羽が
地面に一枚落ちている画像を
飾ってみたい
気持ちも遠くにある

写真に撮ってみたいような

下を向けば顔を思い出す
顔は水面の波紋に乱れて
やがて
冬の池のそばに
立っているひとり

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

渦(2000.8.1)


眠り林の
熱い葉のうえ
眠るぼく

血の街の
折れ曲がった路地と
ビルの垂直の番地と
眠り林

眠りの水の溜まり
ぼくの渇きは
漏斗状になって
走る渦

見えない
皮下出血の斑点

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

かすかな瑠璃(1996.8.20)


螺旋の階段に
古書を持って上る人
その古書の表紙の
蝶の翅と
隷書体の文字
翅のかすかな瑠璃色

その色から
古い柚子の樹の上に
もくもくと入道雲が湧き
麦藁帽子に釣竿を持って
少年が歩いていく
そのころもうあなたは
大人だった

遠く
遠く
あなたは僕を包んでいた
かすかな瑠璃色は
歩く少年の背に
届いていた
確かに

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

鏡(1998.10.27)


鏡には
ふさわしい断片がある
反り返って
そして
燃えてしまう紙
反り返って文字は
識別の閾値を超え
砂に解けてしまう

鏡には
彼の父の文字があって
悶えながら
反り返り
燃えて
彼が父になる

そのドブ板の隙から見える
鏡のひとひらには
ふさわしい文字の
染みが
見る眼から投射される

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

時代の霧(1999.3.9)


雲が過ぎると
透明な三角錐が
回って近づいてくる
そのガラスが通ると
花がくる

三角錐は1分の時代で
花も1日の時代で

やがて四方山話をする
縁側の男たちは
亡くなる
そのうえ
縁側の板も腐る
(板の湿りにゾウリムシ)

山の木々のあいだの
星は運行し
1秒の時代は霧になって
飛ぶだろう
星のおもてを

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

五月挽歌(1997.5.13)


骨壺の包みは
マニエリスム好みのNさんの書棚には
合っていなかった

線香はしゃれた官能的な香ではなく
親しい匂いで
その煙の形は
美術書の背にマッチしている

つげ義春の漫画で
死体の周りで饗宴し
ついにはふざけて死体を持ち上げたりする
というのがあったが
いたずらに
死を何かの色に染めるより
彼の「ゆいごん」のように
何もやらないのもいい

というようなことを連想しても
いいものかどうか
死者に気兼ねするのだが
死者もふだんの僕を
僕と同じ距離だけわかっていなかったろうから
仕方ない

僕が知るのはそれだけだ
Nさんはどんな人であるのか

窓は開け放たれていた
窓の向こうにやはり街路はつづく
遺品のジーンズをもらった
僕はあなたの言葉と
あなたの愛した女性に会いに
この部屋に来た

そのように街路がつづいていたのだ

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

待合室(1998.6.2)


こしかけて文庫本を読む
ががんぼが
すりガラスに当たり
見知らぬ街は空白のように思える
しかし星は移動している
屋根に少しずつ星座が隠れている

駅員が吸い殻などを掃いていて
その中に乾いた注射器があるのが
視界の隅に映る

181ページの染みは
僕の唾液かコーヒーの染み

頁岩の羽虫の化石のように
また琥珀のなかのぶよのように
ひとつの駅は
本に閉じ込められる

ががんぼは
駅舎の空間の澱に
飛ぶ姿で凍結される

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

接合点(2000.2.15)


だけれども
僕は接合点をみつける
その地点は
そこから街を切開できるポイントのように思われる

その接合は花鳥を飛ばすことができる
周囲の木々
蜜鳥の羽のささやき
きっと
木の幹にそれぞれ隠れた少女たちは
戻っているように見える

低血圧の街の地面
たぶんあの暗い木の洞から現われるように見える少女は
明るい春から走ってきている

(微細な罅がその球面に
 入るだろうか)

そんなことはけしてないと思う
あの真っ白い法的文書の虚妄が
告げている
告げている正当性を

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

ネジまわし(1997.12.9)


境涯というのは大げさな
たばこに火を点けるのはこのとき
明太子の腹から出す手術というのは
醤油をかけるときに
ネジを思うことのように
なつかしい
口紅を引くのは
菊の懸崖仕立ての
そこから滑り降りる
耳の張りぼて
ちっちゃなガラスのトナカイさんは
いつもみんなの敬い者
偉いもん
ホンジュラスは経緯何度か
挿入ことです
毛づねを剃ることが罪なら
僕はもう小遣いが倍欲しい
焼けた鍋を舐めてはいけない
ネジ溝を痛めたら
すぐバンドエイドを貼り
メエルシュトレエムの
内側を蚊取り線香の煙で満たす
ぎりぎり
回す

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿