Feb 26, 2005

引き出しの灰(1996.7.9)


消しゴムで消す
へのへのもへじ

もじゃもじゃ頭のカツオに目薬
掌に水芭蕉
そんな青い季節です

(引き出しにはネズミの死骸
 だから怖くて開けられない)

消しゴムが日々の澱を消す
忘れっちまって
忘れってまって

カツオに目薬
いやにしみるね

その灰は骨から
その灰は紙幣から

引き出しから取り出して
投げる灰の虹

ほら、あんなところでファックしているよ

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

暗い駅(1996.6.18)


米粒に絵を描く

豚が飛んでいる
豚が飛んでいる

米粒に茶碗を描く
お茶が飛んでいる
みみずが飛んでいる
霧が手を出してお茶を啜っている

コンセントを挿す
ぼっと明りが点く

足跡が飛んでいる
泥に付いた足跡が飛ぶ

夏の前哨戦の風
蒸気
ネズミモチの花

僕の靴下は女の下宿
僕の靴下は女の下宿

僕はマダラの蝶みたいに
耳に粘土を入れていた
僕は尻に椅子をつけて歩いていた

あのイグサ イグサ
あの暗い駅

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

垂線(1996.6.11)


灰がビルの谷間に駆け抜けていく

いくつかの谷間に沿って街ができた
おびただしい文人がその旅篭に泊り
たくさんの色紙を残していった
紙は紙魚に食われ 穴が開き
墨はかすれ
やがて灰になった

血で血を洗う戦いは
やがて微小な刺の残骸になり
ポインターを連れた避暑の男が
古磁器の深く埋まる山の際を
歩いていく

その仕事の最中 彼はふと横を向く
そのように武士が横を向いた谷間
川はまだ天然の鮎をたくさん
含んで流れている

垂線 埋葬 祈り

ほんとうに祈りの言葉がこの谷間に充満したことが
あったのか
ほんとうに

確かなのは
透明な僧がここを通り過ぎたことだけ
その僧を垣根の隙間から見た
若い母こそ
じつは
その僧以上の求道者だった
それだけは確かなことだった

いま一台の四輪駆動車が砂利の音をたてて
寺の間に入っていく

Posted at 10:13 in poem | WriteBacks (0) | Edit

腋毛から発生する(1997.6.10)


けだるい砂嵐は
しぼみつつある
茶色いコーヒー袋切れを
頭に掛け
砂時計はまた逆さにされる

(豹と仲のいいティッピは
かわいい女の子だ
豹は彼女の肩をまるのまま
甘噛みする)

目盛りはほうっておくと
いつのまにかずれている
深夜修正すると
砂はさらさらとまた
地球の中心に向かう

またしてもけだるい砂嵐が
腋の毛の
毛母のあたりで
発生する

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

裏山の草(1997.2.4)


小山の誰もいない
草むら
草間の踏み固められた土
三匹が斬る
には虐殺場面が必ずある

ロケの機材が片づけられて
丸い草むら
ノイズ効果をモノクロ写真に入れる
ちょうど水たまりに落ちた
古い写真

草間の土
紙芝居が去った後の
情が果てた後の

モノクロの草

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

逆立つ髪(1996.12.3)


いたずらに花が揺れる
ささくれ立つ毛髪が
北や南また渦を巻き
花の像はコートに映る
その渦のままに
なんでそんなに焦れている
そんなに襟をたて
髪をつんつんさせながら
歩くのか
四角く凍り
それが丸く解けて
いつも路上に染みをつけるだけではないか

顔に当たるもの
それは棘でも真綿でもない
時空を形作ったものが焦れて
襟を立てさせる
いらいらと
脳をめぐり
蜜はなく
茫漠とした海浜に
クラゲのまぼろしが去っていく

コートに映る花むら
それは真っ赤なアザミである

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

鬼火を数える(1996.7.24)


泡の時間
ビニール管を通らないと
いけない
山積している書類を
いちいち見ると
泡沫の
禁欲の
金欲の
なんか 時間
あなたは大事なものを捨てていない
大切なものを網棚に忘れても
それは
泡沫の札束でしょう

引き出しにあの人は骨董品を入れていた
泡沫な
草ぼうぼうの
あの人が助けることができた
日銭
それはいくつかの人魂となって
ひゅーひゅー
飛び回るでしょう
ぼくはそれを数えてあげましょう

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

夜11時に書く日記(1997.10.21)


薄曇りの日
片目のつぶれた猫が
伸びをしている

夕方には雨が降りだした
でも彼は恵比寿までチャリで行くことにしている

夜のカラスも鳴き
煤けた闇に
コツコツとハイヒールの音が響く

今日は蕪の煮物を食べた
べったら漬けも

犬もあくびをする

そして
妻は眠っている
風呂では湯気がやがて滴になり
お茶は冷え
3日経った回覧板は
通販のカタログの上に放ってある

遠くのビルの先端で
二つのライトが
ゆっくり点滅し
今日の絵の具は
最後の色を
流す

窓ガラスをぬけてぼくが浮遊を始めるまえ

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

位相空間(1996.11.19)


カラスの群れは
雲の隙から棒状に伸びる陽光のあいだを飛んでいる
僕は自分の動物的な勘を恐れる
それは強迫観念にも似た
暗示体系だ

群れはふつう組織された群能とよぶべき
規則に従って
真下のヒバの木に吸い込まれ
また放出される

コーヒーを飲み
アトラクタを見ているときに
ふいに
黄色が点滅する
それは
ふつう仰角からの視線によって
論理的に見捨てられ
時系列の記述によって
生体の現象の要素に還元されるべきものだ

でもどうだ
あの陽光の棒が宗教的でもなく世俗的でもなく
黒い気分のかたまりと交じり
a,b,c,dの四つの軸のうち一つに
日常のこなすべき時間の軸に旗
目の快楽の軸に旗
遊びの軸に旗
そして短いもう一つの軸に
黄色い点滅の旗が掲げられている

その加速度を介した対数軸と
数人の人のそれぞれの加速度を介した対数軸の
位相空間では
やがて
なんでもない旅をつくり
そしてほんとうに
あの暗示体系は
消滅する

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

旧市街(1998.9.1)


ビルが融けだして
街路に流れ出している
(わたしも
 溶けているのか)
暑さでも寒さでもなく

あの
遠い箱の蓋を
歳月が開ける
それはまた
旧市街から
人々がいなくなることでもある

そして
わたしは忘れ物をした
舗道の上に
小さな
虫ピンを一本だけ

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

砕粉(2001.9.4)


かぼちゃの花が露に濡れてるところに
オミズの人が朝帰り
ぼくのアタマにも水 かぼちゃにも

ボーダーコリーが道の向こう側
ウチの犬が座ってじっと見て
さっさっと赤信号のほうに
行ってしまうボーダーなやつ

ミズスマシって
赤いエイに似てないけれど
3丁目あたりの標識を
細かく通る
ことがある

ちちふさの
たらちねの
あれです

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

官能小説家(2001.2.20)


植物の官能
っていうのは
花畑から飛ぶ花粉
もやもやと

水路に官能がある
裏道にひっそりと咲いた
雑草の花

あなたは官能の風景が
渇いたところに反照して
灰色に見えることはある?

ごちゃごちゃ花を取りまとめて
さまざまな模様

菌の
官能小説家

細菌学者は書けなくて
菌が
菌のいろんな
有機質の培地に
つくる

菌は言葉をもたないのか
というように
官能小説家は
納豆を食べる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

針を噴く指(1996.11.12)


つぶてが降る夜は
花のなかに入る
火は揺れ
つぶてがそそぐ夜には
花に入る
階段がゆるやかに始まる
道の真ん中の
白衣の少女が
ひそかに降りる階段の
その上につぶてがそそぐ街は
花のなかに

放射状に花弁が
頭上に回り
たくさんの炎が
アスファルトに点々と
揺れ
少女は降りていく
かすかなトンボの翅の
筋のように

ニンジンの塔がやがてできる
破れたジーンズで僕らはその階段を
上る
ラッパの縁に灯された火
いちょう
赤く 黄色くなる葉
指から出る
細かい針は
ちょうど中天に
霧のように噴き出すから
楽器を操る指から
噴き出すから

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

蝸牛と螺旋(1998.5.19)


小枝のなかに虹を見る
ガラスの枝にいる蝸牛は
5ミリの虹が懸かるのを
這いながら
色が分かれるのを
のんきに見る

殻の中の有機体の渦は
ねじれて
洞に満ち
暗くなったり明るくなったりして
耳鳴りがしーんと
数秒つづき

空にいる
ガラスの蝸牛は
つのを雲のあいだに隠し
午前の灰が
指に
粉々に眠りはじめる

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit

旋風(1997.2.11)


こんな日には
丸いサングラスをかけよう
花びらがぶすぶすと腐り
においが刺す日には

ヒヤシンスを愛した
やせっぽちの男
耳を削った人たちが彼の前を
足早にとおりすぎたのではない
ヒヤシンスの
錐のような小さい旋風が
耳を削った人のあいだを
とおりぬけたのだ

夢はまだその先に続く
かそけきものは
幾重にも偏在し
やがてあなたはサングラスを
かけて
まぶしさを抑える
粒子はわずかに
金属を通過し
網膜に
ヒヤシンスの青い色を
シャワーのように

Posted at 09:39 in poem | WriteBacks (0) | Edit
May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   
   

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿