Oct 31, 2022

ペーボさんの本が届いた

科学読み物というのは、何年かに一度興味のあるものが出る。ノーベル賞をきっかけにこの本は再版されたようだ。
「カオス」の本や、「複雑系」の本などはとてもおもしろかったので記憶に残っている。mDNAの話もどこかで読んだ記憶がある。数学者の場合は、伝記がおもしろい。
今世紀の初めごろからは、実用的なコンピュータの本(プログラミングなど)で実際に科学に軽くふれている日常があった。
それに木村哲さんの電子工作の本やウェブサイトは、秋葉原を歩き回ったことがあるので、パソコン自作趣味とともに生活に入ってきた。木村さんの本は、質が高く当分オーディオ電子工作には欠かせないものになるだろう。

22_10_31a

Posted at 19:40 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 30, 2022

キバナコスモス

今日はハロウィーンの「trick or treat」行事?を孫たちとやってきた。
この日はお菓子をいくらでも食べてもいい日だとのこと。
写真は近所のキバナコスモス。

22_10_30a

Posted at 18:30 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 29, 2022

日の出の後

このごろ、日の出の時刻も遅くなってきたので、起きる時間とますます一致することおが多くなっている。今日もよく晴れていたので、少し日が昇ったところが撮れた。

22_10_29a

Posted at 21:15 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 28, 2022

かすかにヤコブの梯子

今日は外で仕事をしていて、遅く帰ってきた。
早起きだったので、東の空の写真を撮った。
少し「ヤコブの梯子」も見える。

22_10_28a

Posted at 22:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 27, 2022

創作ノート

俳句、短歌、自由詩、小説など、なにか思いついたときにスマホのメモ帳などに忘れないように書きつけておくのが普通だろうが、ぼくは小さいノートも使っている。
2018.11からのがほぼ1冊なぐり書きで終わろうとしている。だんだんスマホのほうに書く比率が多くなっている。
『あれ』の第四話の校正が終わり、『顔面島 下編』を見始めた。

22_10_27a

Posted at 19:48 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 26, 2022

落ち葉の季節

そろそろ近所の歩道に落ち葉が溜まっているのを見る季節になった。
ここの落ち葉はときどき集団で掃いているのを見たことがある。
イチョウの紅葉はまだ先だろう。

22_10_26a

Posted at 17:18 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 25, 2022

インフルエンザ予防注射

今日はインフルエンザワクチンを打ってもらってきた。
コロナワクチンの番号も来ているので、間を空ける必要があるかと聞くと、問題ないとは言われているが「念のため2週間ぐらい開けてください」とのこと。
今日は午前中12度ぐらいのときもあり、寒い感じ。
このあいだ通販で頼んでおいたアニー・エルノーの文庫本が届いた。
このハヤカワ文庫で、カズオ・イシグロの翻訳が刊行されたのと同じ出版社であることに気づく。
スバンテ・ペーボ氏の本はまだ届かない。

22_10_25a

Posted at 20:44 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 24, 2022

錦蝶みたいな植物

今年の錦蝶みたいな植物は、こぢんまりと机の前の観葉植物としてこれから冬を越す。
この植物はとても丈夫なので、いろいろなかたちで観賞できることがわかった。
今日はテレワークをやっていた。

22_10_24a

Posted at 19:58 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 23, 2022

朝の東の空

今日も早く起きたので、東の空は朝焼けだった。
秋の爽やかな日。

22_10_23a

Posted at 16:13 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 22, 2022

セイタカアワダチソウ

散歩していたら、近所のフェンスでセイタカアワダチソウが咲いていた。
今日は外で仕事していた。

22_10_22a

Posted at 21:30 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 21, 2022

蛾がいた

蛾では幼いころは、大きなヤママユガが特に記憶にある。
たしか糸を作るために繭を使ったとか。
クスサンやオオミズアオも、稀だけれどいたと思う。
玄関あたりにいたこの蛾は、ヨトウガとかgoogle lensでヒットするが、ちゃんとはわからない。
「玄関が好きな蛾」といわれる蛾もいるらしい。

22_10_21a

Posted at 21:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 20, 2022

秋の夜のクラシック音楽

今日はよく日が当たった。
このごろCDプレーヤーは英語の勉強しか使っていなかったが、珍しく好きなシューベルトの音楽を再生している。
アンプは平衡型6N6P全段差動プッシュプル・ミニワッター。かなり前に作ったもの。

22_10_20a

Posted at 19:33 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 19, 2022

今日も早起き

今日も早起きした。
写真は、日の出しばらく後の東の空。
偶然、鳩が電線にとまっている。

22_10_19a

Posted at 19:31 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 18, 2022

デンドロビウムの根

今年は水やりの必要がない間隔で雨がふっているせいか、外のデンドロビウムの根が素焼き鉢に巻き付きはじめた。
これは初めての現象。

22_10_18a

Posted at 17:58 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 17, 2022

ローズマリーにとまるチャバネセセリ

小雨が降ったりやんだりだったが、明日も天気予報によると雨らしい。
今日はテレワークをやっていた。
朝方に撮ったチョウの写真。

22_10_17a

Posted at 20:32 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 16, 2022

からっと晴れない。

すっきりとは晴れない曇りがちの日だった。
大谷の出る大リーグの試合は終わった。それほど、ずっと試合を見ていたわけではなく、大谷の打席や投球のを見て、間はほかのことをやっていたのだが、この夏はなんとなくこの観戦が朝の生活のリズムになっていた。
でも早寝早起きの癖がついて、いい傾向なのだろう。
写真は近所の住宅の森。

22_10_16a

Posted at 19:36 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 15, 2022

今日も、外に出ていて比較的遅く帰ってきた。
写真は、近くの園芸屋さんにあったトキワツユクサ。
買ってきて食卓に置いたもの。

22_10_15a

Posted at 21:36 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 14, 2022

秋の夜

今年はなんとなく雨が多かった夏だったが気温は下がって、すっかり秋になってきた。
今日は外で仕事をしていて、遅く帰ってきた。
夏が終わって初めて長袖を着た。

22_10_14a

Posted at 21:57 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 13, 2022

『顔面島』後編をInDesign組版ソフトに流し込む

『顔面島』は、シリーズのうちの1話だが、400字詰めで240枚になったので、独立した本のタイプでも作ることにしたが、すでに前・中編を入手されている方のために通常刊行タイプとして『顔面島 後編』も作る。
ややこしいが、さらに『夢夢夢夢夢ーん』と合わせたタイプも、来年には1冊にしたい。
下の画像はとりあえず後編を作るためにInDesignにテキストファイルを流し込んだもの。
校正刷りも作った。校正は現在3冊進行中ということになるが、刊行する時期はばらばら。

22_10_13a

Posted at 16:50 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 12, 2022

菊が咲く季節

幼いころ菊人形や、立派に仕立てられた菊の鉢植えなど見る機会があった。
たしか数年前に新宿御苑で見たことがあって、懐かしかった。
しかしなんと言っても、鄙びた感じで小菊が自然に咲いているのがいい。

22_10_12a

Posted at 21:02 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 11, 2022

プリント用紙

幻想小説や詩集の校正刷りは、自宅のプリンタで作り、チェック本を製本する前に2回校正しておくほうがいいとだんだんわかってきた。
本の形で校正するほうが手元がきれいになって、じっくりできるということはあるのかもしれないが、費用的には紙の形でやったほうが節約になる。とはいえ、1度はチェック本が必要ではある。表紙のチェックもあるので。後は本の版を重ねるときに、修正していけばいいという考え方。これが、オンデマンド製本でのDIY本づくりでの経験的にわかった校正の最適な手順だと思う。場数を踏んでここまでわかってきた。
校正用紙は写真の薄い紙のほう。厚い両面用のは仕事でよく使う、スキャンするとき裏写りしないタイプの紙。裏写りして汚れていると、ドキュメントスキャナは文書の1ページとして認識してしまい、簡単に削除はできるのだがそのひと手間を省くために厚い紙を使っている。薄いほうは手帳の中身をDIYで作っていたときに、推薦されていたもので校正刷り用、その厚いタイプはプリントして書き込んだものをスキャンするときに常用している。

22_10_11a

Posted at 22:03 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 10, 2022

ブラウザでPDF文書を読む

今日も孫たちが来ていて、にぎやかだった。
スマホのメモ帳の使い方で、8歳の孫がぼくの知らない使い道を教えてくれたりして、最近の子どもは進んでいると思う。パソコンやスマホは遊びから親しむのがいちばん近道である感じがする。
PDF文書を読むときに、ネットワークにつながっていれば、辞書を引く手間がgoogleなどの活用で減る。手っとり早いのはwebブラウザで開いて読むことだと思う。下のように右クリックすれば検索できる。
なんとなく紙に大きな字で印字して、メモしていくのが楽だと思うのだが、まだやり始めたばかり。

22_10_10a

Posted at 22:16 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 09, 2022

荒地瓜

また多摩川川原の写真で、荒地瓜の繁茂しているところ。
今日は息子たち一家がきて、にぎやかな日だった。

22_10_09a

Posted at 21:07 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 08, 2022

キクイモ

また川原の写真の続きで、キクイモの花。
今日もまだ気温が低いが、またすぐ暑い日があるという予報が出ている。

22_10_08a

Posted at 21:00 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 07, 2022

二子玉川での写真の続き

写真には田園都市線の電車が写っているのだが、明度やコントラストを調整しないとよく見えない。
調整していたら、雲がきれいに見える明度・コントラストに偶然なったので、それを保存した。通常はカメラのオートに任せたままで何もしないが、この場合は調整もアリかもしれない。

22_10_07a

Posted at 20:48 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 06, 2022

コセンダングサ

一昨日の川原の写真の続き。
二子玉川の町はにぎわっていたが、川原ですれ違ったのは数人。
コセンダングサもアレチウリと同じで帰化植物らしいが、危険種と指定されていないようだ。
この植物も毎年のように見かけるので、親しんでいるもの。
モンシロチョウと珍しくハグロトンボを見かけたが写真は撮れなかった。

22_10_06a

Posted at 19:16 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 05, 2022

荒地瓜

昨日、多摩川川原を歩いたら、ちょっとオナモミに似た実がなっている植物があったので、撮った。かなりの範囲で繁茂していた。
後でGoogle lensで調べると、荒地瓜という植物のようだ。
アレチウリ / 国立環境研究所 侵入生物DB
帰化植物でも、繁殖には気をつけないといけない植物らしいことが、上のサイトの記事でわかる。
でもなんとなく写真としてはきれいに撮れた。

22_10_05a

Posted at 19:15 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 04, 2022

秋の夕暮れ

昨日のノーベル賞で話題になっている学者(スヴァンテ・ペーボさん)の本『ネアンデルタール人は私たちと交配した』を書店にあったら買おうかなと思っていたら、大きい書店2店とも品切れだった。おもしろそうな本だ。
通販も取り寄せになっている。
アマゾンでは定価以上の価格になっている?
写真は西の空がきれいなので、撮ったもの。

22_10_04a

Posted at 19:27 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 03, 2022

幻想小説の進捗

『あれ』は、
第一話 なめくじキーホルダー
第二話 昆虫弁当
第三話 彩りキノコ
と続いているが、次の第四話の2回目の推敲も始めた。
これは、この推敲が終わった段階で、チェック本を製本注文しておこうと思う。
一話ずつ単発で作り、三話ずつで350ページぐらいにまとめるという2段階の作り方をしている。(ほかのシリーズも)
このごろ英語の勉強も進み、けっこう長文が頭に浮かぶようになってきたのでうれしい。

22_10_03a

Posted at 20:56 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 02, 2022

連日の早起き

今日も早起きをして、朝焼けが撮れた。
今日は秋らしい快晴の日だった。
この写真は元データが6000x4000ピクセルなので、A4に印刷しても劣化しない解像度。

22_10_02a

Posted at 19:40 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 01, 2022

日の出

今日は久しぶりに日の出時刻には起きた。
夕食後、早めに眠くなってしまうが。
外で仕事していたが、気温はけっこう上がっていた。

22_10_01a

Posted at 21:45 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
       

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxomサイトの日本語訳
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿

画像投稿BBS
灰皿町アルバム・掲示板
ぺこの植物写真・掲示板
人形の足跡
Photo-Room