Jan 17, 2022

ジンバルカメラへの興味

だいぶ前に買ったミラーレス一眼を修理に出そうとしたら、もう部品を生産していなかった。
一眼レフは、数年前修理に出してまだまだ使えるが、軽いミラーレス一眼が欲しいと思っていた。本格的カメラの流れは一眼からミラーレス一眼になっているらしい。
しかし、画素数がA3判でも印刷で問題なく、たまに4Kで動画を撮れればいいので、旅行用に欲しいと思っていた。
先日息子がジンバルカメラの「DJI Pocket 2」というのを持っていて、これは旅行用によさそうだと思った。ミラーレス一眼だといやに価格が高い。試しにアクションカメラの延長のジンバルカメラを買ってもいいかな、と思うこのごろ。
Wikipediaによると「ジンバル(英: Gimbal)は、1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種である」とある。
写真はまた夕方の月が出ていたので、雲が表面を通るところを撮った。これは一眼レフで撮った写真。

22_01_17a

Posted at 17:03 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 16, 2022

夕方の月の加工写真

昨日は孫が泊まり、夜中に寒かったので消えていた暖房をつけたと思ったら冷房だったのでなかなか暖かくならないなと思って一度起きてしまった。
今年のNHK大河ドラマの『鎌倉殿の13人』は、ぼくが育った伊豆の家(旅館)の跡地でもある北条氏の屋敷あたりが主な舞台らしい。
息子が書いたので、おもしろいので、リンクしておく。
父の実家跡地が大河ドラマの舞台になっている
ここに出てくる守山はぼくが育った時期は、それほど整備されていなくて田舎の山の風情だったが、近年にかなり公園として整備が進んだようだ。
写真は、夕方の月を撮って、明度・コントラストを変えていたら偶然できた画像。

22_01_16a


Posted at 21:51 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 15, 2022

『あれ』が30冊届いた

発行日を2月1日にしたが、2月2日あるいは2月22日にすれば2がいっぱい並ぶのでおもしろいかもしれないことに気づいた。
次の増刷の機会にそうするかもしれない。

21_01_15a

Posted at 21:42 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 14, 2022

珍しく遅く帰ってきた

久しぶりに遅く帰ってきた。
帰ると製本直送.comから、5日ぐらい前に頼んだ『あれ 第一巻』を発送したとのメールがきていた。
写真は、昨日ワカケホンセイインコも撮ったときの、朝の空。

22_01_14a

Posted at 21:39 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 13, 2022

ワカケホンセイインコ

今日もいい天気で、朝方おもしろい感じの雲が出ていたので撮ろうとしたら、ワカケホンセイインコが電線にとまっていた。
雲の様子も撮ったが、カメラの角度を替えてワカケホンセイインコも撮った。

22_01_13a

Posted at 19:28 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 12, 2022

詩集の組み方

今年から、数冊の自分の詩集を出していこうと思っているのだが、そろそろ組み方を模索したいと思っていた。
といっても、いままでのInDesignの経験値からすると、合本ということもありうるのでテンプレートは流用していくので確定的なものにしたい。
写真の『うろこアンソロジー合本』の組みと下の吉本隆明『記号の森の伝説歌』の組みを見ると文字の大きさにだいぶ差がある。吉本さんの本のほうは12級ぐらいなので、だんだん文字が大きくなってきた時代の流れからいくと文庫本などより小さいだろう。
これくらい小さいのも通読はできるが、目の疲れが気になる。学生のころ8ポイントぐらいの文庫本をたくさん読んだが、これが16級ぐらいの文字だったら近視は進まなかったのではないだろうか? 個人的な意見だが日本人にメガネを使う人が多いのは、細かい漢字を小さいままで読んでいたからではないだろうか。ということからいえば、『うろこアンソロジー合本』の文字は疲れない感じ。
もっとも電子本が増えてきて、iPadなどで指で拡大できるようになっている。細かい調節がすばやくできるといい。
吉本さんの造本は、杉浦康平+赤崎正一というブックデザイナーが担当されたようだ。
詩行が天地センターになっているページがあるが全集などの収載されるときには、普通の組みに直されている。
この本でおもしろいのは、イラストの使い方である。木口を見れば、自然に区切りがわかるし、おもしろい。ただし、これはかなりの高等技術で素人にはなかなか難しい。
でも4つの旅を主題とした詩集をいずれ作るので、これを参考にして、木口から区切りがわかるようにはしてみたい。
A5かb6、四六判など迷うが、ページを広く使えて字を大きくできるA5で『うろこアンソロジー合本』よりも天の空きを広げればいいのかもしれない。

22_01_12b

Posted at 20:07 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 11, 2022

冬の水仙

まだ園芸店で見ただけだが、水仙がもうじき咲くだろう。
今日は午後はテレワークをしていた。
そろそろ正月気分が抜けてきた感じだが、このごろ長風呂が好き。

22_01_11a

Posted at 19:52 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 10, 2022

二子玉川の森

8日の写真の続きで、二子玉川の森。
二子玉川はだいぶ前にシネコンなどができて、公園も整備され、高層ビルなどもできて変わってきている。
今日はなんとなく眠くて、昼寝が多かった。

22_01_10a

Posted at 20:17 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 09, 2022

冬の多摩川

多摩川の写真の続き。寒々とした川原。
岸辺の藪には雪が残っていた。
今日は灰皿町の雑談と、09の会の合評とパソコンのリモートビデオ会議機能が大活躍した。

『あれ 第一巻』を30部注文しておいた。今回が一回での注文ではいちばん、金額が大きい。
----『あれ 第一巻』30冊----- (製本直送.comで)
A5判、348ページ、並製、表紙カラー(マット加工)
で1冊1,671円、30冊47,624円(部数割引2,506円)
送料3,980円
合計51,600円(税込み)
------------------------

22_01_09a

Posted at 21:13 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 08, 2022

多摩川川原の木

今日は、ちょっと本屋さんに寄ったついでに多摩川川原を歩いた。
人は全然いない冬の川原だが、一部、公園ふうに造成している区域があった。
川にはよく柳の枝などが流れつき、そのまま大きくなることがあるが、写真はたくさんの実が成っている。拡大すると柑橘類にも見えるし、一瞬カキかなと思えるときもある。

22_01_08a

Posted at 20:03 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 07, 2022

松飾りをはずす

今日は午前中にまだ雪が積もっているときに、松飾りをはずした。
今年の松の枝には松脂がこびりついていて、嗅ぐといいにおいがして、新鮮な枝だったようだ。
『顔面島 中編』のチェックはあらかた終わった。上編で付箋を貼っていったが、誤植というより推敲部分があるので、今回は付箋は貼らないことにした。

22_01_07a

Posted at 21:57 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 06, 2022

ぼたん雪

たいてい1月の今ごろ東京には雪が1度ぐらい降る。
7時すぎになって雪はやんでいるようだが、かなり積もった。

22_01_06a

Posted at 19:33 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 05, 2022

今日の日の出

今日は孫が泊まっていて、早寝早起きしたので日の出が見られた。
『顔面島』の3冊の表紙に使う写真は、このあたりの朝の空。
中編のチェックは1週間ぐらいかけるので、今月末には初版ができると思う。

22_01_05a

Posted at 21:49 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 04, 2022

夕焼け

今日もよく晴れている。
西の空は建物に遮られてあまり良く見えないのだが、隙間に夕焼けが見えた。

22_01_04a

Posted at 18:46 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 03, 2022

久しぶりの秋葉原

今日は外で仕事をしてきて、帰りに秋葉原に久しぶりに寄った。
とはいえ買い物はこれといってないし、電子部品店は三が日でまだ閉まっているところが多い。

22_01_03a

Posted at 17:56 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
January 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
         

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxomサイトの日本語訳
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿

画像投稿BBS
灰皿町アルバム・掲示板
ぺこの植物写真・掲示板
人形の足跡
Photo-Room