Dec 04, 2022

今日は晴れた空に日の出

今日も早起きして、日の出時刻に写真を撮った。
晴れていて、多少霞んでいるかもしれない。鳥たちは朝日が照りはじめると、鳴きはじめる。「素直な」鳴き声というのだろうか、日の出を確認するような気分なのではないかと思う。
●今日は夜、「灰皿町雑談」、Skypeのグループ会議の形式で顔見せしている。参加されたい方はぼくにメールください。(ぼくのメルアドは灰皿町トップページの地図の右下の列にあります。Facebookでぼくと友達登録されている方はFacebookのメッセージ機能を使われてもOKです。)Skypeのグループに登録します。
今のところ常連さんは6人(男性4人、女性2人)ほど。
だいぶ長期間、続けていますが、これから新しい企画も考えようと思います。(朗読を取り入れるなど)
スマホのSkypeアプリでも参加できます。ぼくも先日、移動中に参加しました。町の風景が見られるのもおもしろいです。
決めてあるのは、時間的負荷を感じないように、毎週日曜日、20:00〜21:00の1時間ぴったりで始まり終了することです。この間、出入り自由です。都合で途中だけ参加する方もいます。日本のいろいろな地域や外国から参加されている方がいるところもインターネットならではです。
話の内容は、近況、詩の周辺の話、読書など多岐にわたります。
●またワードプレスによるblogもいつでも使えるので、お知らせください。灰皿町住人でなくてもOKです。もちろん無料です。

22_12_04a

Posted at 17:26 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 03, 2022

また朝焼けの写真

このごろ早寝早起きが身に付いてきて、ひっきりなしに朝焼けの写真を撮る。
この写真も上から雲が垂れ込めている構図。
いつも飛行機が飛び立っているのが、粒で見える。
今日も仕事で結構夜になってから帰ってきた。
木曜の朝、zoomの実験をした。
zoomは無料で40分ぐらい会議できるとのこと。先の予定も決められるので、ランダムにミーティングに加わっていただき、雑談するのに便利かもしれない。
いつものSkypeによる灰皿町雑談も楽しいが、なにか話題を決めて40分話すのもおもしろそう。
とりあえず、Facebookの友達だけに知らせる記事を書いて、出入り自由にするといいかもしれない。

22_12_03a

Posted at 20:43 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 02, 2022

イチョウ並木の写真の続き

先日のイチョウ並木の写真、一眼レフで撮った分。
ここ数年で一眼レフからミラーレス一眼へと、高機能カメラは移りつつあるが、基本的に標準、広角、マクロ、望遠というレンズの付け替えは変わらない。
ミラーレスに移るだけの新しい変化はなくて、かえってミラーレスに移ると持っていた一眼レフのために徐々に買っていたレンズなどが無駄になってしまう。
反対にスマホのカメラは、大進化してマクロ撮影なんかをすぐにできる。
これは写真の撮り方に一つ付け加えた。
使っている一眼レフは、インターネット時代に沿ってまだまだ使える。

22_12_02a

Posted at 21:38 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 01, 2022

『臍に溜まる綿埃』を20冊注文した

写真の付箋がある箇所が、直しのあるところなので3校だがけっこう赤字が多い。
今回の表紙写真はナマズがタイの水上マーケットでの餌やりで集まっているところで、妻はあまり好きでないとのこと。
しかし、ぼくとしてはナマズはとても好みの魚で、最近でもYouTubeでベトナムでの魚釣りの動画でよく見ている。
この写真にも愛着がある。
今回かかった費用は、以下のようである。知り合いの読者から、シリーズは番号を振ったほうがいいのではないかという意見があった。たしかに、たくさんあると、順番がわかりにくくなる。これは『あれ』という長編の4番目になる。
別途、3話ずつまとめて厚い本にしている。

----『臍に溜まる綿埃』20冊----- (製本直送.comで、)
A5判、126ページ、並製、表紙カラー、マット加工
で、1冊909円×20-909(割引分)=17,271円、配送料1,650円・今回紙見本66円で
合計18,987円(税込み)
----------------------------------------
現在まで『臍に溜まる綿埃』製本費用総計(現在まで21冊製作)
1,149円+18,987円=
20,136円(税込み)

22_12_01a

Posted at 16:53 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Nov 30, 2022

ストーリーのある朝焼けの写真

今日も日の出前に起きていた。
曇っていたが、垂れる雲の間に朝焼けが見える。
近くの電信柱の背景にすると、なにかストーリーが感じられる。
昨日の神宮外苑の写真も一眼レフのものをパソコンに取り込んだ。
イチョウ並木は望遠よりも広角レンズのほうが向いていたようだ。
望遠レンズは使い道が広いし、ほかのレンズを途中で取り替えたくないので、ほかには持っていかなかったが、広角一本のほうがよかったかもしれない。

22_11_30a

Posted at 19:56 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 29, 2022

神宮外苑のイチョウ並木

今日は曇りだったが、午後に神宮外苑にイチョウ並木を見に行った。
ここのイチョウの色づき方は年によって、よかったり悪かったりする。
だいぶ前に素晴らしい色の年があった。
今年は普通というところだろうか。
でも、一眼レフカメラで解像度の高いのも撮った。
通りの入口に野菜を露店で売っていて、ちょっと見るとりんごが1個50円だったので、4個入りの袋を買った。なんとなくこれが収穫。

22_11_29a


Posted at 16:43 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 28, 2022

昨日の朝焼け、いいのが撮れた!

今日も日が昇る時間に起きていて、薄曇りだったので、朝焼けのいい感じの写真が撮れた! それも一眼レフで撮ったので、A4判以上の紙に収まるぐらいの解像度。
A5判の表紙に使える。
その後日中は曇ってきている。感じとしては、一日中どんよりとした曇りの日かもしれない。

22_11_28a


Posted at 13:38 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 27, 2022

青鉛筆、使える限界

今朝は、起き抜けに孫のためにスムージーを作ったりした。
いつもABC(アップル、バナナ、キャロット)にキウイやブルーベリーなどを加える作り方だが、今日はバナナ単体で低脂肪牛乳を少し入れるタイプ。おいしい!

青鉛筆を限界まで使って、ついに芯が動くようになってしまったので、これで捨てる。

22_11_27a

Posted at 18:05 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 26, 2022

昨日の明け方の空

今日は外で仕事をしていたが、帰ると孫たちがいてにぎやか。
このごろ小学校で簡単なプログラミングを習うらしい。学習会というのもzoomで配信されていたし、いろいろ進んでいる。

22_11_26a

Posted at 20:23 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 25, 2022

落ち葉の季節

そろそろ外苑前のイチョウの紅葉も進んできているだろう。
近所でも落ち葉が溜まっているところがある。
今日は外で仕事をして、けっこう遅く帰ってきた。

22_11_25a

Posted at 21:45 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 24, 2022

『臍に溜まる綿埃』のチェック本が届く

このあいだ、製本を注文しておいた『あれ 第4話 臍に溜まる綿埃』が1冊届いた。
表紙はカバーを付ける場合には新詩集の本体の表紙にしようと思っていた写真。
『ころころころころ』はカバー付きにしないでもいいかな、と思ってこちらに使った。
原稿用紙190枚ほどのもの。
今年はあと3冊、順々に進めていく感じ。成り行きで今年はあと1冊になるかな、と思う。

22_11_24a

Posted at 12:42 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 23, 2022

19日の朝日

今日はしとしと雨で、散歩もままならなかった。
かろうじてスーパーで、明日の朝ジュースのためのキウイを買いに出た程度。
来年の5月にも文学フリマに行こうと思っているが、なんとなく売れそうなかたちのものが思い浮かんだ。
もともと、見て回る方々はハイティーンから20代前半が中心のように思う。
初めはうっすらと、自分のように青年時代から文庫の文学本に親しみ、文庫の詩集なども小説と一緒に読んで過ごした読者が新しく読むものを探している、というふうに買う人を設定したような感じだが、それは大きな間違いとはいえなくても間違いだと思われた。
だから、その空気を読んでいない人の一群の一人だったとぼくも思う。しかし、逆にいえばそこにカルチャーショックのような違和感を感じる自虐的な楽しみがある。
価格でいえば200円から、高くても1000円のものを買う方が多いと思う。
そういうことをヒントにして、来年はなにかこのイベント用に製本して参加してみたい。

22_11_23a

Posted at 19:47 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 22, 2022

小さなハチの飛翔

今日は午後はテレワーク。夜は外国在住の妻の親戚が来ていて、近所の焼き鳥屋さんでまたお酒を飲んだ。
今月はお酒を飲む機会が珍しく多い。

写真はたまたまとれたハチ(?)の飛翔。

22_11_22a

Posted at 21:15 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 21, 2022

初めてウラギンシジミを撮った!

今日、いつもと別のルートで散歩していると、見かけないチョウがいた。
さっそくスマホのカメラ機能を起動して、うまく撮れた。
google lensで画像検索すると、ウラギンシジミであることがわかった。
シジミチョウの仲間としては、大きなチョウ。
昨日、文学フリマでいろいろ小冊子を見て、オールカラーでなにか作ってみたくなった。製本直送.comで調べるとそれほど高くなく、オールカラーの本ができそう。そのうちやってみよう。

22_11_21a

Posted at 16:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 20, 2022

文学フリマに2回目の参加

文学フリマは、かなり人が多く流れていた。
この催しに参加される方々の意識とか気分、実利的なものへの向き合い、など興味があるのだがまだよくわからない。
わかっているのは、こういう市場のような雰囲気がみなさん好きなのだろう、ということだ。
今回は前回と違って少し売れたが、やはりこの雰囲気を味わうために出品したくなるのだと思う。
webカタログを見て、目的のものを買う人もいるだろうが、どちらかというとたくさんの展示品を見て楽しむというのが中心の人が多いと思う。
灰皿町の吸殻山に住む桐田真輔さんも来てくださり、帰りに浜松町のカレー屋さんでビールを飲んだ。この店はおいしくて2人で「当たりだね」という話をした。

22_11_20a

Posted at 21:50 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
December 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxomサイトの日本語訳
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿

画像投稿BBS
灰皿町アルバム・掲示板
ぺこの植物写真・掲示板
人形の足跡
Photo-Room