Oct 23, 2020

2冊のチェック本が昨日、今日と届いた

今日、前の灰皿町サーバのマシンをdebian stretchにupgradeした。
またうろこシティサーバもupgradeした。
MysqlがMariaDBに替わって、これは注意してやらなければ、ということで灰皿町マシンを替えるときには気を使ってやった。
デスクトップのほうは、LAN内でwebサーバにはなっているが、多少の不具合が出ても大丈夫だと思って、いきなり全upgradeを実行してみた。
すると、シームレスにMysqlからMariaDBに更新された! おまけにnucleus blogがちゃんと動いている。
同じ作者のデータベースソフトなのだが、こういうふうに何もせずに移行できることは考えていなかった。
まあ、いきなりサーバが稼働したままupgradeはしなかっただろうが、うろこシティはかんたんにupgradeできた。最新のblogプログラムしか入っていなかたこともあったが。

2冊のチェック本が続けざまに届いて、1週間ぐらいチェックして、もう一度チェック本を作り、再度チェックして20冊ずつ作ることにすると思う。

20_10_23a

Posted at 20:57 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 19, 2020

『批評集 第二分冊』も製本に出した。

表紙の写真もシリーズで決まっているので、『批評集 第二分冊』も製本直送.comに2冊注文してしまった。本当はテスト版なので1冊でいいのだが、2冊注文してしまう。
第一分冊は初めてInDesignを使ったので、表紙はモノクロがいいかなと思ったのだが、カラーでもいいかなと思い直してカラーを使った。
ただしYMCKの分解ができないソフトなので、RGBを使う。今まで使ってみてそれほど遜色がないのでいいと思う。
目次や索引作成の手順を覚えるうちに、ほかの経験値も増えた感じ。
分冊での製作も進めるが、合本も並行して作るかもしれない。
今回の費用は、A5判158ページの本で、
1冊876円×2=1752円
送料430円
合計 2182円だった。

20_10_19a

Posted at 18:44 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 17, 2020

『批評集 第二分冊』も来週に製本を頼めそう

『昆虫弁当』に引き続き、『批評集 第二分冊』も来週にもテスト版を注文できそうだ。
索引を作るのは大変だろうと思っていたら、負荷にならなかったので『書評集』なども索引を付けるといいように思いはじめた。
2冊合本にして、索引を作ると2冊分の索引がいきなりできる。新しい項目をまた拾っていくだけなので、やりやすい。
今日は外に出ていたが、一日中雨だった。

20_10_17a

Posted at 21:52 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 15, 2020

『昆虫弁当』のファイルを製本直送.comに送った

『なめくじキーホルダー』の続編『昆虫弁当』製作を製本直送.comに頼んだ。
ページ数は110、400字詰め原稿用紙で170枚ぐらいのもの。
1章2章を合本すると220ページぐらいの本になる(340枚)。3章合本にしても330ページぐらいなので、製本直送.comで作れる。
2冊頼んで、チェックして、本文の修正があったらして、20冊製作の段取り。
費用は、1冊696円×2=1392円 送料240円 計1632円(税込み)になる。

20_10_15a

Posted at 18:24 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 08, 2020

次の幻想小説の表紙写真を決めた

次の幻想小説の表紙を作った。
とはいえ、1冊製本してチェックするための仮表紙なので気楽なもの。
たぶんこのまま使うと思うが。
「なめくじキーホルダー」と同じで、The Gimpと「たてぐみ」というプラグインを使って作った。
厚さが同じなので、ピクセルを計算しなくてすむので簡単。
これはパパイヤの木。

20_10_08a

Posted at 23:26 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 07, 2020

次に製作する本

「なめくじキーホルダー」の続編を11月にも仕上げたい。
表紙の写真を選定するところまできた。
なりゆきで、自分で撮ったカラー写真を使うのをしばらく続けたいが、内容と表紙のイメージの距離感を考えると選定が難しい。
しかし、何気なく撮ったものが合っている場合があって、そういうのを発見したときには気分がいい。
InDesignを使いはじめて、作った本の2冊ずつを書棚に置いている。
右の「眼と精神」は40年ぐらい前に買って、3ページぐらい読んだのみ。
大きい判型なのにいやに字が小さい。
「批評集 第二分冊」は校正刷りを少しずつ読んでいる。10月いっぱいにはできると思う。

20_10_07a

Posted at 19:54 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 04, 2020

「批評集第二分冊」の索引ページができた

InDesignでの索引作成指定枠は「Shift+F8」。
索引と目次の数字は可変なので、たとえば数ページ分加減があっても数字が反映されるので便利。
ぼくの場合「第一分冊」を来年にでも合本するので、索引項目は増えるが、今日だいたいできあがった「第二分冊」に補足させていくことができる。
索引の体裁の調整の仕方もわかった。
これは便利。
下のように4段組みにした。

20_10_04a

Posted at 17:07 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Oct 01, 2020

「なめくじキーホルダー」の続編をInDesignに流し込む

「現代詩手帖」詩書月評の「批評集 第二分冊」の索引は明後日くらいに終わるので(1日10分で)、新しい本の製作にとりかかった。
「なめくじキーホルダー」の続編150枚で、前作と同じ110ページほどになった。
いろいろチェックして、製本直送.comにとりあえず1冊注文の予定。
この長編の3章分か2章分で順繰りに合本していくかもしれない。2冊ずつだと200ページが5冊分、原稿用紙1500枚ぐらいの長編になる。

20_10_01a

Posted at 17:58 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Sep 25, 2020

「からくり絵本」の第二版ができてきた

Indesignにはまだよく知らないが、JavaScriptを使えるようだ。
索引ページで3桁の数字の幅を自動的に縦長に変換できないかな? と思ってインターネットで検索しているうちに、わかったことがある。
選択テキストの数字字形を変更します。
上のリンクのスクリプトは使えそう。
しかしまあ、3桁数字は手作業で直していけばいいかなと思う。
意外に3桁数字の処理はするかもしれないが。
写真は今日できてきた「からくり絵本」第二版の奥付。
これで外部からも買えるように、そのうちにしたい。

20_09_25a

Posted at 22:06 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Sep 24, 2020

InDesignで「批評集第二分冊」の索引作りを進める

索引作りの2日目で、ページ数がけっこう要ることに気づいた。
備忘で手順を書いておくが、適宜、インターネットで検索するといいと思う。
※スクリーンショットはクリックすると、大きく表示されます。

◯まず「索引」を置くページ追加してを「プレーンテキストフレーム」を「テキストフレーム設定」で設定する。
【といっても、やはり本などを参照しないと詳しいやり方はわからないかもしれないので、手順の概要です】
◯本文から索引に追加したい語句を選択状態にする。
◯「ウインドウ→書式と表→索引」をクリック。
◯スクリーンショットの左の枠の下のほうの「+」をクリック。
◯右の語句の欄の読みを入力。
◯「すべて追加」を押して終了。次の語句に移る。
◯左の枠の右上のボタンを押して、そのなかの「索引の作成」をクリック。
◯索引ページに配置。

さっき製本直送.comから「からくり絵本」第二版と「夢夢夢夢夢ーん」の増刷分ができたとのメールがあった。4営業日ぐらいなので、早くできた感じ。明日には届くだろう。
「なめくじキーホルダー」の続きの150枚(400字詰め)も本にしようと、明日InDesignに流し込む予定。ルビ付け、奥付作成、表紙写真選定、表紙作成、ウチのプリンタで初校を作成、校閲、修正、製本直送.comに1冊注文、本のできあがりをチェック、20冊注文、という手順なので、けっこう時間がかかる。

20_09_24a

Posted at 18:05 in indesign | WriteBacks (0) | Edit

Sep 23, 2020

InDesignで「批評集第二分冊」の索引を作りはじめる

InDesignで「批評集第二分冊」の索引を作りはじめた。
面倒だったらいやだなあ、と思っていたが、やってみたら簡単そう!
索引パネルを表示して(ウインドウ→表→索引と選ぶ)語句を選んで読みを書いて、追加するだけ。本全部にわたって検索されるボタンがあるので、追加作業はゆっくりやっていけばいいし、「第一分冊」を増補したときも索引の語句を選んで、「索引の作成」を押せばいい。
今日はやり方がわかったので、細かいことは調整することにした。あとは毎日少しずつ索引語句を選べばok。
このblosxomのカテゴリの作り方を忘れていたが、URLの最後にスラッシュを付けてカテゴリ名を挿入すれば自動生成される。

20_09_23a

Posted at 12:03 in indesign | WriteBacks (0) | Edit
October 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       

Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxomサイトの日本語訳
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿

画像投稿BBS
灰皿町アルバム・掲示板
ぺこの植物写真・掲示板
人形の足跡
Photo-Room