429332
Photo-Room
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名
Captcha: 下の画像の文字を読み取ってください:

ここに画像の文字を入力してください:
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

宇宙から メリークリスマス♪ 投稿者:千美 投稿日:2009/12/24(Thu) 21:59 No.1860  

こんにちは。こちらは宇宙航空研究開発機構 (JAXA)です。

本日は○○様からのご依頼により、宇宙からクリスマスカードをお届けしました。

このメールは地球からはるかかなた36,000Kmの宇宙空間を飛行している超高速インターネット衛星「きずな」を経由しています。

ぜひお楽しみください。

※送信依頼者: ○○様 (←娘です。)

(C) 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)



年末のお掃除 投稿者:千美 投稿日:2009/12/21(Mon) 02:23 No.1857  

ずいぶん空き家になっていました。廃屋にならない前の年末のお掃除をして・・・花を飾って。



Re: 年末のお掃除 リベル - 2009/12/22(Tue) 17:46 No.1858  

もうそんな時期になりましたね。1年が早くて・・・^^

若いときは驚くこと、始めて経験する感覚などが多いから”時間が短い”と感じるとか。

私奴などはもう”新鮮な驚き”に接することがあまりなくて、すぐ一年が経ってしまうのです。なんて言ってる内に、いや暑くなりましたねなどと・・・(^o^)

取り敢えずは”Merry Christmas”ということで・・・^^



Re: 年末のお掃除 千美 - 2009/12/23(Wed) 01:33 No.1859  

リベルさま。おひさしぶりです。

そうでした。Christmasがありました。
それから・・・・・・
来年の寅も、その次の寅もきっと会えますね。



エゴイズム 投稿者:千美 投稿日:2009/11/04(Wed) 14:32 No.1856  

エゴイズムは自分への愛ではなくて、自分についての混乱した情念である。
(アリストテレス「政治学」より。)

最近、妙に納得した言葉でした。
「無尽」とは無関係です。念の為。



無尽 投稿者:千美 投稿日:2009/10/27(Tue) 22:30 No.1851  

「無尽」と言う言葉は「無尽蔵」のように「尽きないこと」だと思っていましたが、娘から別の意味を教えてもらいました。どこぞの本で読んだのか?母娘ともども初めて知りました。

「無尽」とは庶民金融のことで、「頼母子講」と同じ意味になるようです。つまり互助的な集団のようですね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129394522



Re: 無尽 文枝 - 2009/10/30(Fri) 21:09 No.1852  

「無尽」実に懐かしい言葉です。
我が故郷、山梨では、子供の頃から日常的にあった、ご近所の底力のような習慣で、月に一度、家事から解放された主婦が集まって、持ち寄りのご馳走を食べたては、お喋り。その後、籤引きで皆で出し合った掛け金を無利息で一定期間、借りられるシステムだったと思います。
つまり、10人が1万円を出資すると、10万円を手にすることができるわけです。
そのお金で、旅行にいったりして楽しんでいました。
母校のクラス会は未だに当時の恩師も交え、月一で楽しんでいます。



Re: 無尽 千美 - 2009/10/30(Fri) 23:23 No.1853  

文枝さん、やはり山梨あたりがこの「無尽」が行われていた土地だったのすね。月一のクラス会というのも、わたくしにとっては驚異的です。やはり山梨の風土性のようなものがあるのでしょうか?なんだか羨ましいお話です。


Re: 無尽 リベル - 2009/11/03(Tue) 17:22 No.1854  

いや、何度か投稿させて頂こうとして・・・

実は私のふるさと丹波でも文枝さんの仰有るとおりの様子でした。子供心に「ムジン」という言葉を耳にもし、我が家も当番とかで人が集まっておいでだったのを覚えています。頼母子講というのが同じ意味だと言うことに気付いたのは、さあ長じてからだったような・・・。

日本語を縦横無尽に駆使なさっている千美さんにも「風土」の壁は・・・チト厳しかったか・・・。

急に寒さが襲ってきました。ご自愛ください・・・(^^;)



Re: 無尽 千美 - 2009/11/03(Tue) 22:18 No.1855  

わたくしは、日本語を縦横無尽に駆使してはいませんが、「無尽」は初耳でした(^^)。幼い頃の記憶にもないので、おそらく下野の土地にはなかったことだったのだと思います。

今日は寒い一日でした。お風邪に気をつけてくださいね。



どうやら・・・ 投稿者:千美 投稿日:2009/09/29(Tue) 23:57 No.1846  

修復されたようですね。

でも、不具合のお知らせがなくなった???

町長さん、ありがとうございました。
お疲れさまです。



Re: どうやら・・・ 千美 - 2009/09/30(Wed) 00:04 No.1847  

おおお!「こくりこ日記」の画像が戻りました。
町長さん、重ねてお疲れさまです。ありがとうございます。



Re: どうやら・・・ リベル - 2009/09/30(Wed) 17:54 No.1848  

ややや・・・

直りましたね。お疲れ様でした。

「こくりこ日記」の画像は「×印」を右クリック「画像の表示」で出ていましたよ・・・^^



Re: どうやら・・・ 千美 - 2009/09/30(Wed) 22:41 No.1849  

ありがとうございます。

>「×印」を右クリック「画像の表示」

↑これをリベルさんのところでも試してみましたが、こちらのPCはおバカさんで、できませんでした(涙。)



甘蕉皮 投稿者:リベル 投稿日:2009/09/20(Sun) 01:03 No.1841  
「甘蕉皮」でGoogleとYahoo!で検索してみてください・・・(^^;)


Re: 甘蕉皮 千美 - 2009/09/20(Sun) 11:01 No.1842  

リベルさん。おはようございます。
検索してみました。びっくり!
Yahoo!の方がおもしろいですね。とはいえこわいことですね。ネットの片隅で、ひっそりとやっているつもりが、こういうことになるのですね。

甘蕉(バナナ)は芭蕉科なのです。それにしてもリベルさんは何故「甘蕉皮」を検索なさったのですか?



Re: 甘蕉皮 リベル - 2009/09/20(Sun) 17:25 No.1843  

それは、そのお、・・・(^^;)


Re: 甘蕉皮 千美 - 2009/09/20(Sun) 22:33 No.1844  

はい(^^)。


ホロコースト記念館講演より。 投稿者:千美 投稿日:2009/09/08(Tue) 21:39 No.1839  
http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/lectures/200111DrStoessinger.htm

↑この講演のなかに語られている日本人は「杉原千畝」と「真鍋良一」です。このサイトを教えて下さった方は、「真鍋良一博士」の教え子だった方です。読んでいて涙がでました。



Re: ホロコースト記念館講演より... 千美 - 2009/09/10(Thu) 01:45 No.1840  

http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/

「ホロコースト記念館」



般若心経 投稿者:リベル 投稿日:2009/09/01(Tue) 00:57 No.1834  
「子どものいない世界 フィリップ・クローデル」を拝読していて、ジェームス・ジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」を思い出しました。読んでは居ないのですが訳者の柳瀬尚紀氏のファンなので少し知っています。知っているから読む気が起こらないのですが。

般若心経の終わりの一行の話、実に興味深く拝読しました。あちらに書くには長すぎるので、こちらで・・・。

自分なりの結論は出ました。参考になるURLを記しますのでそれでご勘弁ください。後者は手持ちの柳澤桂子著「生きて死ぬ智慧」の一部をスキャンしたものです。左端です、ご参考までに・・・^^

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP335JP335&q=%e7%be%af%e8%ab%a6+%e7%be%af%e8%ab%a6+%e6%b3%a2%e7%be%85%e7%be%af%e8%ab%a6

http://jinmei.hp.infoseek.co.jp/s-hannnya.html



Re: 般若心経 千美 - 2009/09/01(Tue) 12:14 No.1835  

リベルさん、いろいろとありがとうございました。
「柳澤桂子」著「生きて死ぬ智慧」はなつかしい話題ですね。この本は堀文子さんの挿絵でした。般若心経の柳澤さんの訳を忘れていました。申し訳ありません。

http://www.haizara.net/~shimirin/blog/akiko/blosxom.cgi/book/20070930153351.htm



選挙 投稿者:千美 投稿日:2009/08/30(Sun) 01:39 No.1832  
http://www.asahi.com/politics/update/0824/TKY200908240419.html

どうしても、コイツ(←はしたないですが。)を政界から引きずりおろしたい。「貧しさ」も知らずに生きてきて、すいすいと政界入りしただけの「勉強不足」のコイツに民の心がわかるものか。ばかめ。夜が明けたらいよいよ選挙です。こちらは雨の予報も出ていますが、「雨にもめげず」投票率を下げないようにしませう!

働くことで自らの生活を築く・・・こういうあたりまえの生活が出来ない社会ではダメです。



Re: 選挙 千美 - 2009/08/31(Mon) 10:22 No.1833  

とりあえず、政権交代、鳩山首相誕生・・・これはある意味歴史的転換にわたくしたちは立ち会ったのですね。しかし、問題は山積みですね。今後を見守っていくしかありませんが、少しでも良い方向に向かうことを願います。



孤独 投稿者:千美 投稿日:2009/08/03(Mon) 01:24 No.1822  

 以前「孤独」を試しに辞書で引いてみて驚きました。「鰥寡(かんか)=妻を失った男と、夫を失った女」「みなし児」「老いて子なき者」「仲間のないこと」「ひとりぼっち」とある。これは「現象としての孤独」であって、「内面の孤独」ではないようだ。以下書きますメモは、とりあえず後者についてです。念のため。

 今更、このようなテーマで書くことは気がひけますが、一度は書いておこうかな?という程度のメモです。何故書こうと思ったか?それは大方の人間が自らの「孤独」ばかりを見つめていると、他者の「孤独」が見えなくなるのではないのかな?・・・ということに、ふと気付いたからでした。以下のお2人に代弁していただきます。


   *   *   *


 〈孤独〉ということは、一つの〈場合〉ではない。孤独ということは〈存在〉と同義なのだ。人間は時たま故郷へ還るように、各自の孤独へ還るのだと思っているが、しかし人間ははじめから孤独のなかにおり、一歩も孤独から出ていないのだ。
  (石原吉郎・望郷と海)


 孤独とは自己の周囲に人がいないために生ずるのではなく、自分にとって重要に思えることを他に伝えられないことや、自分が他人の許容し難い何らかの観点を持つことにより生ずるものだ。
  (ユング・ユング自伝)



Re: 孤独 千美 - 2009/08/03(Mon) 22:01 No.1824  

しかしいったい現実というものは友達と分けあうものだろうか?いや、いや、現実は孤独の中へ閉じこめておかねばならぬ。
(リルケ・マルテの手記)



Re: 孤独 リベル - 2009/08/15(Sat) 02:38 No.1827  

二度ほどお伺いして書いては消して、帰っていました。今夜はどうかな・・・?

ゲーテは何と言っているのか検索しました、「ゲーテ 格言 孤独」で。で、出てきたのが「誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けて行く時ほど、痛切に孤独を感じるときはない」です。これをそのまま全文を入力して検索して驚きました。

Googleではそっくりそのまま出てくるのが30まで数えて止めましたがそれほどあります。余程有名なのでしょう、この言葉は。

「こどく」を「広辞苑」「大辞林」「大辞泉」「新明解」で引きました。面白いことに全部に「ひとりぼっち」という言葉が出てきます。「群衆の中の孤独」も「懸命に鳴いているツクツクボウシ」も「我々を睥睨している入道雲」も要するに「ひとりぼっち」なのだと捨て台詞を残して帰りそうになって、削除したこともありました、実は・・・(^^)

似た話なのですが思い違いかもしれません。昔「愛」と言う言葉を「広辞苑」と「大辞林」で引いたらどちらにも「かけがえのない」という表現があったので、なるほど上手い言い逃れ方も有るものだと感心したことがありました。今は広辞苑には有りません。ついでですから主要な部分だけ並べてみます。

広辞苑:

/瞳残錣里い弔しみ合う心。広く、人間や生物への思いやり。
男女間の、相手を慕う情。恋。
かわいがること。大切にすること。

大辞林: 対象をかけがえのないものと認め,それに引き付けられる心の動き。また,その気持ちの表れ。

    〜蠎蠅鬚い弔しむ心。相手のために良かれと願う心。愛情。
    異性に対して抱く思慕の情。恋。
    2浸にもまして,大切にしたいと思う気持ち。

新明解国語辞典:個人の立場や利害にとらわれず、広く身のまわりのものすべての存在価値を認め、最大限に尊重して行きたいと願う、人間本来の暖かな心情。

   親子の愛〔=子が親を慕い、親が子を自己の分身として慈しむ自然の気持〕
   動植物への愛〔=生有るものを順当に生育させようとする心〕
   自然への愛〔=一度失ったら再び取り返すことの出来ない自然をいたずらに損なわないように注意する心構え〕
   学問への愛〔=学問を価値有るものと認め、自分も何らかの寄与をしたいという願望〕
   芸術への愛〔=心を高めるものとしてすぐれた作品を鑑賞し、その作者としての芸術家を尊敬する気持〕
   人類愛〔=国や民族の異なりを超え、だれでも平等に扱おうとする気持〕
   郷土愛〔=自分をはぐくんでくれた郷土を誇りに思い、郷土の発展に役立とうとする思い〕
   自己愛〔=自分という存在を無二の使命を持つ者と考え、自重自愛のかたわら研鑽に励む心情〕

広辞苑はぶっきらぼうでいけません。「新明解」は新しい取り組み姿勢を見せてくれます。試みに「ものごころ」を引いてみてください、新しい提案が読み取れます、合成語を「立項」しましょうよという。既存の国語辞書に対してしきりに警鐘を鳴らしているのですが、どこも聞き入れようとはしません。あと20年、いや50年・・・あ、もう私は居ないのか・・・(^^;)

それにしても「新明解」の「自己愛」の説明、よく読むととてもユーモラスで楽しくさせてくれますね・・・^^



Re: 孤独 千美 - 2009/08/15(Sat) 14:26 No.1828  

リベルさん、あちらにしばらく書き込みがありませんでしたので、心配していました。

どうもわたくしの問題発言(?)で、お気持を煩わせてしまったようで、申し訳ありませぬ。たくさんの例を書いて頂いて、ありがとうございます。残念ながら「新明解」は持っておりませんが、どうやらその独特の解釈で「新解さん」と呼ばれているようですね。こんなサイトがありました。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3578/

「愛」については、たくさんの方の格言(あるいは箴言?)がありますが、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」のなかではこう書かれています。

『ロッテは私を愛している!――あのひとが私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値あるものとなったことだろう。 』

「自己愛」については、大分以前にある詩の雑誌からの原稿依頼で、詩作品ではなく、このテーマでエッセーを書くようにということがありました。苦しみましたね。否定的には書きたくないという意地がありましたから。結論としては「自己を愛せない者は他者を愛することはできない。」と書きました。生意気でしたね(^^)。



Re: 孤独 リベル - 2009/08/16(Sun) 12:26 No.1829  

>こんなサイトがありました。

面白くて暫く読み耽っていました。

赤瀬川源平氏に「新解さんの謎」という「新明解」の面白さを紹介した(だけだったかどうかは忘れましたが)文春文庫があって、私の辞書編纂への好奇心はこの辺で火を付けられたのかもしれません・・・(^^)



Re: 孤独 千美 - 2009/08/19(Wed) 14:06 No.1831  

お蔭様で、わたくしもその「好奇心」に楽しく巻き込まれました。「言葉」の面白さは尽きないことですね。
今、リルケの追っかけ(?)をしていますが、ドイツ語ができないことがもどかしく、解釈は翻訳者への信頼だけとなりますので、これでは子供の読書みたいです(^^)。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -