424852
Photo-Room
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名
Captcha: 下の画像の文字を読み取ってください:

ここに画像の文字を入力してください:
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

アクロスティック・二篇 投稿者:千美 投稿日:2008/04/04(Fri) 03:07 No.953  
そういえば、わたしも書いたことがあったのでした。
お暇な方はどーぞ(^^)。

http://www.haizara.net/~shimirin/on/akiko_01/poem_hyo.php?p=16

http://www.haizara.net/~shimirin/on/akiko_05/poem_hyo.php?p=25



Re: アクロスティック・二篇 リベル - 2008/04/04(Fri) 17:46 No.954  

おおっ!!ご自分でも作っておられたのですね。スゴイ!!!

参りました・・・<(_ _)>



Re: アクロスティック・二篇 千美 - 2008/04/04(Fri) 23:04 No.955  

いえいえ。これは遊びのようなものです。

お恥ずかしい。。。



「生」の読み方は? 投稿者:千美 投稿日:2008/03/31(Mon) 11:16 No.929  
お約束通り「生」の読み方を調べてみました。
間違いがありましたら、ご意見をお願い致します。よろしく。


1・「あい」・・・・・・生憎
2・「おい」・・・・・・相生 生い茂る
3・「う・ふ」・・・・・・・・浅茅生 蒲生 麻生 桐生 葛生 笹生 生まれる
4・「しょう・じょう」・・・・生涯 一生 往生 養生 畜生 出生 生ずる
5・「せい」・・・・・・生産 先生 一年生 生徒
6・「あや」・・・・・・生憎し
7・「あ」・・・・・・・・生る
8・「い」・・・・・・・・生きる 生駒 生け捕り
9・「い+か行」・・・・生島 生田 生間流 生馬 生日 生垣 生簀
10・「よい」・・・・弥生
11・「うぶ」・・・・生
12・「なま」・・・・生
13・「お」・・・・・・生い立ち 生保内節 澄生(名前)
14・「せ」・・・・・・越生
15・「なり」・・・・片生 末生り
16・「き」・・・・・・生糸 生一本 生漆 生娘
17・「は」・・・・・・芽生える 毛生え薬
18・「おや」・・・・・生す
19・「け」・・・・・・・皆生温泉
20・「あれ」・・・・・加茂の御生
21・「セン」・・・・・・妓生
22・「ふ」・・・・・・切生 草生 芝生
23・「む」・・・・・・草生す
24・「さ」・・・・・・生飯 福生



Re: 「生」の読み方は? リベル - 2008/03/31(Mon) 11:51 No.930  

流石と言わんか、凄いですね。全く知らないのも有り、脱帽です。

「妓生」は「キーサン」とも読みますから、一つ増えますね。

ただし、22は3と合併出来ないのでしょうか、その辺りは、分りません。専門家にお委せします・・・(>.<)



Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/03/31(Mon) 13:28 No.931  

ああ!たしかに「22」と「3」は合併できますね。ごめんなさい。
「妓生」は「キーセン」だと思いますが、辞書によって違うのかしら???



Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/03/31(Mon) 14:03 No.932  

「929」は訂正、追加などがあったときには最終的に編集し直しますので、ご了承くださいませ。


Re: 「生」の読み方は? 妓生 - 2008/03/31(Mon) 19:58 No.933  


韓国読みを入れたら中国読み、中国でも北京語、広東語その他知らない読みなどぜんぶOKになるし第一、日本語の読みではありませんからこれは禁じ手。




Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/03/31(Mon) 20:27 No.934  

はい了解。これで「22」になってしまったなぁ。
なにか足すものはありませんか?



Re: 「生」の読み方は? 生け捕った生娘を生簀で放し飼い。 - 2008/03/31(Mon) 21:36 No.935  


8・「い」・・・・・・・・生きる 生駒 生け捕り
9・「い+か行」・・・・生島 生田 生間流 生馬 生日 生垣 生簀

なんで、「生け捕り」は(8)で、「生簀」は(9)なのかわかりません。

単に送りを表示するかしないかじゃないんだべか。生捕、生け簀。




Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/03/31(Mon) 22:05 No.936  

「生簀=いけ+す」「生島=いく+しま」  
「生け捕り=い+け+ど+り」「生きる=い+きる」

これを分けたつもりですが???同類にする?
「生娘」「放し飼い」は余分じゃ。



Re: 「生」の読み方は? エミ - 2008/03/31(Mon) 23:07 No.937  

10.「よい」?
弥生=「弥(いや)+生(おい)」の変化したものとの説あり。
「弥栄(いやさか)」などという場合と同様、「弥(いや)」+「生(おい)」→「やよい」とすれば、「生(よい)」ではなく、一息に「やよい」と読むのではなかろうか、と。



Re: 「生」の読み方は? エミ - 2008/03/31(Mon) 23:19 No.938  

あ、書き忘れましたです。
つまり、一息に「やよい」ではありますが、気持ち区切るとすれば、「弥(やよ)」+「生(い)」ではなかろうか、と思ったのですが…。
(いま、国語辞典を見てみましたが、どうもはっきりしませんでした。)



Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/04/01(Tue) 00:16 No.939  

エミさん、ようこそ。エミさんの説が正しいと思います。
わたくしの挙げた読み方は「叩き台」と思って、遠慮なくご意見ください。

歳時記をやりながら、最近思うこと。送り仮名が俳句では省略されていますね。
今の季節なら「花守」「桜狩」など。。。



Re: 「生」の読み方は? リベル - 2008/04/01(Tue) 04:42 No.940  

「竹生島」の「ブ」はどうなるのでしょう?「フ」の訛ったものと言うことになるのか、「ウブ」の一形態と見るのか、独立させて良いのか、私には判断が出来ません・・・(^^)


Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/04/01(Tue) 13:21 No.941  

「ちくぶしま=竹生島」ですね。わたくしは「ふ」だと思います。本来「清音」で読むべきところを前の音に続ける時に、言いやすいように「濁音」になったものがありますね。 その一例ではないでしょうか?いかがですか?

「高田」はおもしろいですよ。この姓は山口産です。「たかた」と読みます。しかし関東圏ではほとんど「たかだ」ですね。旧姓は元は東北産の「早川=はやかわ」です。「川」「皮」なども前に付いた言葉によってほとんどが「がわ」になりますね。(←脱線)。



Re: 「生」の読み方は? エミ - 2008/04/01(Tue) 15:46 No.942  

20.「あれ」の場合も、「阿礼(あれ)」=動詞「現(あ)る」の名詞化なので;
動詞「生(あ)」+送り「れ」→名詞化「あれ」ということで、
7.「あ」に含まれるのではないでしょうか。

短歌や俳句などの短詩型特に定型律をもつ文芸ではかなり送りを省いて訓ませますが、だいたい、送りなどの基準ができてきたのは100年ほどのことではないかしら。
江戸時代、明治前半あたりまでは、用字も、送りも、かなり融通していたみたいですし。

(私の主治医のDrは中島“なかしま”。「しま」と清音で訓み、「じま」と濁らない、とご本人も仰るのですが、おおかたは“ナカジマ”先生と呼ばれてる。←脱線2)



Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/04/01(Tue) 17:15 No.943  

「加茂の御生」も送り仮名の「れ」が省略されていたということね?

だんだん淘汰されていくなぁ。誰か増やして下さる方はいないの?(^^)?



Re: 「生」の読み方は? 金子淘汰 - 2008/04/02(Wed) 11:03 No.944  


>だんだん淘汰されていくなぁ。

これ、お孫さんの名前どすか?




Re: 「生」の読み方は? 金子淘汰 - 2008/04/02(Wed) 11:04 No.945  


牛が一本橋の上で急に動かなくないました。死んじゃったのでしょうか?




Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/04/02(Wed) 12:08 No.946  

孫の名前は○汰です。(←0歳児のプライバシー。あとでこっそりお教えいたします。)

「淘汰」の一言で、止まってしまったね。もう少し期間をおいて、整理編集をしてみましょうか?
一応今日も生きています(^^)。



Re: 「生」の読み方は? ばかばかしいので匿名希望です。 - 2008/04/02(Wed) 13:28 No.947  


>牛が一本橋の上で急に動かなくないました。死んじゃったのでしょうか?

牛と馬が大食いの競争をしました。二匹はほとんど同時に「もー結構」「ああ、美味かった」といって箸を投げ出しました。
どっちが勝ったでしょうか?




Re: 「生」の読み方は? リベル - 2008/04/03(Thu) 00:20 No.948  

●本当に、ばかばかしい話にお付き合いさせられました。結局「もー結構」「ああ、美味かった」でググって、収穫無し。茫然としていてフト童心が目覚めたのでしょうか、「なあんだっ!馬勝った」と思い出しました。こんなのが、「頭の体操」になる年になったのです。

●「字通」を未だ引いていなかったので、そしたら「スズシ」と言うのがあり、大辞林で調べました、有りました。すずし 【 〈生絹〉 】→きぎぬに同じ。とあります。これは、当て字なのでしょうか?ボールを投げておきました、ではでは・・・(^^)

●三省堂の漢字検索で「生」を出しました。未だ目を通してはいませんが、何か有るかも知れません。ごゆっくりどうぞ。これも実は白川躁さんのサーバーをお借りしました。「諸橋大漢和」は削除しましたが、ご希望が有ればいつでも、また拝借してアップします。

http://www.tenro.net/libell/1sei.html



Re: 「生」の読み方は? 千美 - 2008/04/03(Thu) 11:25 No.949  

「大石勝った。」「吉良負けた。」……のようなものですか?

リベルさん。三省堂の漢字検索をありがとうございました。昨日は時間がなくて失礼しました。
後ほどゆっくり調べさせていただきます。

今はなき(?)「白川躁」さん、ありがとう。



夜明けとはいつか? 投稿者:砂かけ爺 投稿日:2008/03/31(Mon) 09:21 No.927  

うむ。まだ、世は明けとらんようじゃな。

>ここでは場所をとりますので、夜が明けましたら、自分のBBSに掲載いたします。






Re: 夜明けとはいつか? 千美 - 2008/03/31(Mon) 11:12 No.928  

ううむ。やっぱり砂かけ爺は待ち構えていたか(^^)。
では、発表いたします。別項目をたてます。
みなさま。間違い、ダブりなどご指摘くださいね。



「汰」 投稿者:千美 投稿日:2008/03/24(Mon) 15:34 No.917  

ちょっと、気になるのことなのですが、この「汰」という漢字に含まれる意味に、マイナスイメージはないでしょうか?特に人名に使った場合などに。

単純に辞書などで調べますと「揺る。汰る=ゆる」となるようですが、他に意味がなにかあるのか?知っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。



Re: 「汰」 リベル - 2008/03/26(Wed) 00:00 No.918  

一つは「字通」で調べてみました。

【意味】波だつこと。水で洗いわけることを淘汰、沙礫をえらびわけることを沙汰という。泰と声義が通じ、奢ることを汰侈という。

【よみ】,砲瓦襦△覆漾△覆澆世帖△△蕕い錣韻襦よなげる、うるおす。い垢る。ヂ戮板未犬覆瓩蕕、すべる、おごる。

などと書いてあります。この中で気になる言葉はただ一つ「にごる」ですが、これで、「マイナスイメージ」を心配することは、ないと感じます。


もう一つ、最近知った、中国のオンライン辞典に「漢典」と言うのがあります。

http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE6ZdicB1ZdicB0.htm

これは、勿論良く分からないのですが、英訳も付いています。これによれば、「過度の=すぎる」と「洗い流す」だけですから、大丈夫です。

「康熙字典」というタブをクリックして出てくるのは、どうやら古典の中の用例のようなので、漠然と感じが掴める(笑)と、思います。

こんなので、お役に立ちますでしょうか?「諸橋大漢和」は図書館に行かないと・・・。あれはしかし、意外な用例が書いてあったりしますので、ついでの折に、写してきましょうか?



Re: 「汰」 千美 - 2008/03/26(Wed) 02:26 No.919  

リベルさん。ご丁寧に調べて下さってありがとうございました。言葉に関わっているはずのわたくしが恥ずかしいです。充分すぎるほどの情報です。

その上「諸橋大漢和」まで調べていただけるのは恐縮です。…と言いつつ、お願いします。実は、以前図書館であれこれ探しているうちに脳貧血おこした経験がありまして、それ以来図書館がこわいのです。なさけない。。。



Re: 「汰」 リベル - 2008/03/26(Wed) 17:11 No.920  

心得ました。先程、昼頃メールしたかったのですが、出発時間が迫っていて。

今日は、いずれにしろ宝塚市立図書館は休みなので、明日以降行ってきます。4月1日迄に返す本が有りますので。少々お待ちを・・・(^^)



Re: 「汰」 千美 - 2008/03/26(Wed) 20:57 No.921  

リベルさん、本当に申し訳ございません。
分不相応なお願いと恐縮いたしております。
よろしくお願いいたします。



Re: 「汰」 白川躁 - 2008/03/28(Fri) 09:30 No.922  


言葉は生きているから漢字(中国語)の「字義」と、日本語としての「汰」は違うと思います。日本語では、「汰」一字で使われることなく「淘汰」「沙汰」などの熟語で使うので、その熟語の語意に影響されると思います。淘汰も沙汰も、「日本語」としてはやや「マイナスイメージ」がついていると思います。




Re: 「汰」 千美 - 2008/03/28(Fri) 10:53 No.923  

また「今、おきたのか?」と言われる前にコメントしておきます。もう起きて真面目に朝の家事にいそしんでいる最中です。ありがとう。この「マイナスイメージ」がどうしても拭いきれないので、ちょっと心配しています。

リベルさんのご返事をお待ちして、この「汰」の全体のイメージを把握したいと思います。



Re: 「汰」 千美 - 2008/03/28(Fri) 16:45 No.924  

ああ!今きづいた。
「白川躁」は「白川静」のもじりだったのか。すんませ〜ん。

明日に道を聞かば夕べに死すとも可なり……うーむ。ちょっと大袈裟(^^)。



Re: 「汰」 リベル - 2008/03/30(Sun) 01:15 No.925  

大変お待たせしました。気を持たせて、ご免なさい。下のURL(白川躁さんとこのサーバーを拝借しました(私のでは、溢れてしまいましたので、仮住まいと言うことで)。

http://www.tenro.net/libell/morohasi.html

「にごる」というところに、「志行が潔白でない」とあります。「漢典」の「康煕字典」にも「【賈誼・新書道術篇】厚志隱行謂之潔,反潔爲汰。」と書いてありました、それですね。やはり、調べてみるものですね。勉強になりました(^^)

それにしても、諸橋という人の凄さを、またまた痛感させられました。あの偉業を凌ぐものは、恐らく未来永劫、現われないだろうと、感嘆します。

「新潮日本語漢字辞典」というのが、出ています。新機軸ですが、如何なものか?これは未だ手にとってはいませんが、その辞書の宣伝をする本を、ウッカリ買わされてしまいました。「漢字は日本語である」、新潮新書です。只今日本語オタク中なので、ウッカリ。でも宣伝を無視すれば、面白い話が満載です。書店で一度、ご覧下さい。以上蛇足でした(^^;)



Re: 「汰」 千美 - 2008/03/30(Sun) 02:30 No.926  

リベルさん。感謝の言葉がみつかりません。
本当にありがとうございました。言葉の表現を選んだ者でありながら、自分が恥ずかしくなりました。もっと勉強しなくては、と痛感いたします。

「汰」が抱えている意味は複雑なようですが、「にごる」から「えりわける」への微妙な橋がかかっているように思われますね。

白川躁さん。サーバー拝借ありがとうございました。「チビ」のくせに、お二人の「大の男」をこき使ってしまって、すみませぬ。これからもよろしくお願いします。

「漢字は日本語である/新潮新書」、書店でさがしてみます(^^)。



意識 投稿者:千美 投稿日:2008/03/20(Thu) 16:52 No.912  

意識しているということは自己の経験の特殊性を生きながら、この経験を自己の知識の普遍性に移すことである。
(アンリ・エー)



http://www.msz.co.jp/book/detail/01960.html



Re: 意識 リベル - 2008/03/21(Fri) 23:44 No.913  

実は、昨日の夜中に原因不明の発熱があり、38.1度でした。今は37.7度です。意識は少し朦朧としていますが、この文章、今何度目かを読んで、私なりに意味が分りました。今から、それを説明してみますので、ご批判下さいね。

分かり易く理解するためには「自己の経験の特殊性」と「自己の知識の普遍性」を対語として、捕らえるのが早いと分りました。経験は特殊であり、知識は普遍性を本来的に有しているものである、と。

だから、”今この文章はなかなか難しい”と「意識」しているのは、只今現在、”難しい”と「経験」しているのだけれども、その「経験」を、これまで自分の中に蓄積されてきた、普遍性を有する「知識」の分野に委ねるというか、知識と突き合わせてみるという作業が、すなわち「意識」している、ということなのだ。と言っているのではないでしょうか?違うかなあ?

いずれにしても不十分な日本語ですね。アンリさんの短い言葉の方が、ずっと主旨を言い尽くしている気がします。

千美さんは、このようにして、短い日本語で、深い意味を表現する訓練をなさって居られるのですね。空恐ろしくなります。頑張れ〜♪♪



Re: 意識 千美 - 2008/03/22(Sat) 02:41 No.914  

リベルさん、お熱は下がりましたでしょうか?そのような状況で、真剣に向き合って下さってありがとうございます。リベルさんのお書きになったことはその通りだと思います。

訓練などと言われますと赤面です。ただちょっとこの言葉に立ち止まってみただけのことです。

このアンリさんの言葉にはもう一つの解釈があるように思います。たとえば一つの事柄への考え方が相手と異なることに遭遇することがありますね。その時どこに相違があるか?それはお互いの「自己の経験の特殊性」ではないでしょうか?そこに気付かなければ、議論は分裂に終わります。しかし「自己の経験の特殊性」を「普遍性」に移すという心の作業があれば、その「普遍性」によって議論はさらに深まる。「意識」とはそのようなものではないか?と思うのです。

「鬼の霍乱」ですか?人間が本当に老化しますと、発熱すらないというお話を聞いたことがあります。ですからリベルさんは、きっと「知恵熱」です(^^)。ごめんなさーい。



Re: 意識 リベル - 2008/03/23(Sun) 00:28 No.915  

なるほど、そうなのですね。歩きながら考えていて、自分の間違いに気付きました。

一つ。自分は精神医学者の「意識の定義」と受け取りましたが、アンリさんが言っているのは、「警句」的なものだということです。このアンリさんの言葉の前に、次のような言葉を仮定してみます。

「私は今、こんな事を経験しているのだ、ということを常に「意識」の俎上に載せていなければいけない。なぜならば、」

そうすると、良く分かるのではないか、と・・・

二つ。私は「経験」をこれまで蓄積された(複数の)経験と受け取り、それが「知識」を生む土壌であると解釈していました。しかし、ここでは、「自己の経験の特殊性を生きながら」と言っているのですから、只今現在の経験、と受け取らなければいけないと思います。

もう一つ、別の言い方をすれば、アンリさんは、「意識」を定義しようとしたのではなく、有る特殊な状況下での「意識」の必要性を説いているのだろうと思います。

その様な理由から、私の「定義」的な受け取り方は、間違いで、千美さんの「警句」的な解釈が、正しいと分ったわけです。


お陰様で、今日も、実り多き、楽しい散歩をさせて頂きました。感謝、感謝・・・ヽ(´ー`)ノ ワーィ!



Re: 意識 千美 - 2008/03/23(Sun) 02:16 No.916  

リベルさんのお散歩は、いつもなにかをお考えになるための時間でもあるのですね。
わたくしが正しいか、どうかはちょっと自信がありません。恥ずかしいです(^^)。ただ異なる人間を繋ぐものがあるとすれば、それは「普遍性」でしかない、という思いがいつもわたくしのなかにあります。



日本語訳の変遷 投稿者:千美 投稿日:2008/03/15(Sat) 14:37 No.909  

「ヨハネによる福音書」日本語訳の変遷
(リベルさん情報です。)

http://www.eonet.ne.jp/~libell/8meisyou-seisyo.html

初めの「ギュツラフ訳」は興味深い(^^)。



Re: 日本語訳の変遷 リベル - 2008/03/16(Sun) 06:18 No.910  

(^^;)

追加情報です。

http://www.bible.or.jp/know/know17.html



Re: 日本語訳の変遷 千美 - 2008/03/16(Sun) 15:45 No.911  

リベルさん。
カール・ギュツラフのサイトの紹介をありがとうございました。

昨夕から愚息のところに行き、さっき帰宅しました。



カフカのお言葉 投稿者:千美 投稿日:2008/03/14(Fri) 02:50 No.905  

あなたは詩人を、途方もなく大きな人間、足は地を踏まえ、頭は雲の上に聳えている、という風に描いていらっしゃる。これは当然、小市民的通念の枠にはまった大変通俗な見方です。無意識の願望が作りだした幻影であって、現実とはなんの関わりもない。事実は、詩人はつねに社会の平均値よりはるかに弱小です。

(ヤノーホ「カフカとの対話」より)



Re: カフカのお言葉 椿 - 2008/03/14(Fri) 18:05 No.906  

以前、先輩が「詩人には市民権がないのです。」とおっしゃっていました。
そうすると納税義務もないわけですね。やれやれ。



Re: カフカのお言葉 朝鮮人の詩人を知っていますが - 2008/03/14(Fri) 20:31 No.907  


彼らは納税義務はあっても被選挙権も選挙権もありません。
さらに詩人だともっと悲惨なのでしょうか。




Re: カフカのお言葉 千美 - 2008/03/14(Fri) 21:30 No.908  

被選挙権も選挙権もないなんて、ひどいお話ね。

納税義務があるということは、朝鮮詩人は詩人としての収入があるのですか?
日本詩人の九十九%は詩で生活はできませんが。。。



たこやん 投稿者:KTM 投稿日:2008/03/10(Mon) 23:33 No.898   HomePage

あきこさんがおねだりするのでこちらにお届けします。
いただき物の大阪みやげです。
なかなか美味な饅頭です。



Re: たこやん あきこ(千美) - 2008/03/10(Mon) 23:36 No.900  

わーい。ごちそうさま。

えーーと。帽子を探さなくちゃ(^^)。



Re: たこやん KTM - 2008/03/11(Tue) 00:28 No.901  

センスの良い物をおねがいします。


Re: たこやん 千美 - 2008/03/11(Tue) 02:06 No.902  

やっぱり、これしかないでしょう(^^)。



Re: たこやん KTM - 2008/03/11(Tue) 13:03 No.903  

やっぱりね!


Re: たこやん 千美 - 2008/03/11(Tue) 13:53 No.904  

(^^)。。。


お言葉 投稿者:あきこ 投稿日:2008/01/16(Wed) 03:03 No.788  

怒りは性急である。理性は公平な判断を下すことを望むが、怒りは下した判断が公平に見えることを望む。(セネカ)

誰がそういったか、をたずねないで、いわれていることは何か、ということに心を用いなさい。(トマス・ア・ケンピス)



Re: お言葉 千美 - 2008/03/10(Mon) 19:48 No.896  

古いものですが、再掲します(^^)。



Re: お言葉 文枝 - 2008/03/10(Mon) 22:12 No.897  

「キリストにならいて」トマス・ア・ケンピス
本棚の隅に忘れられていた古典、読み直してみますね。



Re: お言葉 千美 - 2008/03/10(Mon) 23:33 No.899  

「マリアにならう」というのもあるのね。

読んでみようかな?



メモ。 投稿者:千美 投稿日:2008/03/09(Sun) 23:31 No.895  

http://www.matsuya.com/ginza/topics/080331e_tasha/index.html

「ターシャ・テューダー展」

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -