Feb 29, 2012

貴族と使用人 そのろく

m1

あれは妹。。


m2

台所女中に採用されたようだ。


m3

がんばる。。。


m4

洗濯物をとりこんでいたハウスメイドに。


m5

案内するように命じている。


m6

さっそくキッチンにいたスタッフに紹介。


m7

ドーナツをつまみぐいしていたパーラーメイドはむせている。


m8

前の台所女中の使っていた個室が空いていた。


m9

とりあえず、しばしの休憩。


つづく。
Posted at 17:15 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 27, 2012

貴族と使用人 そのご

a1

朝はなにかと忙しい。


a2

新聞を受け取って。


a3

いそいでアイロンをかけている。
伯爵夫人の朝食の用意も。


a4

夫人は毎朝ベッドで朝食をとるのだった。


a8

おはよ。


a9

うす。といっている。


つづく

Posted at 00:41 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 26, 2012

貴族と使用人 そのよん

em

乗馬は貴族のたしなみ。


em2jpg

調子はどう?
と聞いている。


em3

馬丁もかねている運転手は、
声をかけられて喜んでいる。


em4jpg

馬もよろこんでいる。。


em5

軽やかな身のこなしに婚約者も感心している。
実業家の婚約者は乗馬が苦手なのだった。


em6jpg

エミリはちょっと領地をひとまわりしてくる、
といいのこして出かけていった。


つづく

Posted at 03:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 25, 2012

貴族と使用人 そのさん

今回は屋内編です。

b7

居間でくつろいで会話しているところ。


b5

最新式のタイプライターの話をしている。


b6

エミリに買い与えたらしい。


b2

従者はお茶がきれたらそそごうとまちかまえている。


b8

部屋のすみで立ち話しているエミリと婚約者。


b3

女性の社会進出について、
エミリがまくしたてているようだ。


b4

紅茶がさめていく。。


g2

階下では使用人たちが仕事にいそしんでいる。


g5

みがかれているのは銀食器のようだ。


c2

うわさ話の続きをしている運転手と侍女。
下僕は煙草を吸って一休みしている。

庭師は妹からの手紙を読んでいる。
元の雇い主が推薦状を書いてくれたので、
この屋敷で募集している台所女中に、
応募してみたというのだった。


つづく


Posted at 00:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 24, 2012

貴族と使用人 そのに

それでは彼らの暮らしぶりを眺めてみよう。
まずは屋外編だ。

h9

連れだって散歩する伯爵一家。


a4

伯爵夫人と遊びに来た姉のスナップ。


e6

これは伯爵が館を訪れた妻の父親に、
娘エミリの婚約者を紹介しているところ。


e4

執事は家事全般を監督する。
伯爵夫人付き侍女もメイドたちの先輩格。


u1

ハウスメイドは部屋の掃除や整頓など、
パーラーメイドは食卓に侍するのが主な仕事。


e7

この屋敷の料理人は今はひとり。
下働きの台所女中がやめたので忙しい。


e3

伯爵付き従者は、伯爵の身の回りの世話が専門。


h1

家政婦長は、女性スタッフ全般をとりまとめる仕事。
水やりしてもらって、庭師が恐縮している。


u6

この運転手は元馬丁だったけれど、
免許をとらせてもらい、職種を変更した。
伯爵の娘エミリの婚約者のことなど、
うわさ話をしている。


つづく。
Posted at 03:00 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 23, 2012

貴族と使用人 そのいち

da2

時は20世紀のはじめころ。
英国のとあるカントリーハウスに暮らす、
伯爵一家と使用人たち。


da4

使用人たちにもいろいろな専門業務がある。
以下に役柄紹介。


e1

館の主の伯爵。


e2

伯爵夫人。


e3

一人娘のエミリ。


e4

伯爵夫人の父親。


e5

伯爵夫人の姉。


e6

エミリの婚約者。


f1

執事。


f2

伯爵の従僕。


f3

下僕。


f4

運転手。


f5

庭師。

f6

家政婦長。


f7jpg

伯爵夫人付き侍女。


f9

ハウスメイド。


f8

パーラーメイド。


g1

料理人。


つづく。

Posted at 00:15 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 22, 2012

貴族と使用人 プロローグ

mk

ここは撮影セットの室内。


q1

衣装合わせをしている。


q3

アイスはビデオカメラで遊んでいる。


q5

いろいろなスタッフが出入りしているようだ。


q2

ところで、「ダウントン・アビー」みたいな、
貴族と使用人のでてくる情景撮影をしてみたいんだけど。
といっている。


**

「ダウントン・アビー」というのは、
20世紀初頭の英国を舞台にした、
英国の連続テレビドラマで、
カントリーハウス「ダウントン・アビー」に暮らす、
伯爵一家とその家の使用人たちの綾なす群像ドラマだ。

intro_01

こんなふうに、沢山の人がでてくる。
ということで、はじまりはじまり。


つづく。
Posted at 01:59 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 12, 2012

ホットトイズの女性ヘッド

bw1

ホットトイズの「ブラックウィドウ」。


bw2jpg

ホットトイズの女性フィギアのヘッドは、


bw21

植毛されているフィギアで、
頭皮の部分が分割されているタイプの場合、
接着面をカッターなどで剥がすと分離することができる。


bw3

剥がすとこんな感じ。


bw4

後ろからみたところ。
取り去った頭皮付き髪の毛のパーツは、
同じタイプのヘッドと互換性があるので、
ウィッグのように交換して付け替えることができる。


bw5

さらに、紙粘土か石膏粘土をこんなふうに埋め込んで固め、
取り外し可能なパーツをつくると、
市販のさまざまなウィッグも使用できる。


bw6

上段は同じタイプの女性フィギアの植毛パーツを使用。
下段は市販のウィッグを使用。


bw7

私服に着替えて散歩する。


おしまい

おまけ)

bw8

応用編。
上記の石膏粘土でつくったパーツにデコレーションしてみた。


bw9

アクリル絵の具で彩色して、ホットトイズの女性フィギアに装着。
メデューサにしては、すこし蛇がすくなかったかも(^^;。
Posted at 06:23 in n/a | WriteBacks (3) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿