Apr 13, 2016

ハレークラシック

hb4

タミヤの「Harley-Davidson FLH Classic」。


hb5

今回塗装はしなかったが、
これで十分というかんじだ。


hb3

横並びのメーター類がなんともゴージャス。


hb7

上からみたところ。


hb1

後部に装備できるサイドバックやツアーバックは、
未装着。


hb2



※※

h2

さっそく試乗してみる。


h4

カウリング(風防)を取り付けて点灯。


h3

夕暮れ時の気分。


h5

夜にはこんな感じ。


おしまい

解説)
今回のオートバイ工作は、
毎日すこしずつやって一週間くらいかかって組み立てた。
キットが古いので、同梱のシールが劣化していて、
水に漬けるとぼろぼろくずれてしまった(^^;。
運良くメーター類用の丸いシールだけは無事で、
最低限の体裁をととのえることができた。


点灯したヘッドランプ画像は、
卓上用ミニライトを解体して、
その部分に装着して撮影した。
装着箇所はカウリングの覆いでかくしているのだった。

このプラモデルは、先日ホビーオフで購入したのだが、
ネットでみると、2013年9月頃発売されたようだ。

Posted at 17:55 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Apr 03, 2016

春の焼き鳥 

x1

なんとなくその気になって、
ミニサイズの焼き鳥をつくってみた。


x2

素材はタミヤのポリパテ。
こねてできたかたまりを、
適当な大きさにちぎり、
竹ひごに付着させて、
アクリル絵の具で着色して完成。
最後に蝋燭の炎でさっとあぶり、
煤で汚して焦げ目のようにした(^^)。


x3

常設の和室の卓上に配置してみたところ。


x4

ちょっと拡大した画像。
せっかくつくったので、やはりフィギアたちと。


※※※


y1

ということで、簡易飲み屋の情景を撮影した。


y2

左から順番に。
この人のメガネは、細い針金一本で制作。
メモ帳用の細い鉛筆に針金を巻いて、
丸いフレームの形をつくり適当に造形した。


y3

お酒を注いでる。


y4

目元がちょっとほろ酔い気分。
というと、そう見えてくるかな(^^;


y5jpg

お燗がついたよ、といっている。


y6

ねぎま、大好き。といっている。


※※※


ha

焼き鳥を食べたあとは、
ほろ酔い気分でお花見にでかけたのだった。。


おしまい。


Posted at 03:17 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿