Sep 28, 2021

美術館の前で

f1

美術館にハーレーが到着した。


f2

ペスパが先に来ていたようだ。


f3

遅くなっちゃって。
とエリスが言っている。


f4

私たちも今着いたところよ。
と鷲尾翠が言っている。

探偵事務所の3人が、
珍しくお揃いで、
展覧会を見に来たのだった。


f5

探偵は旧友のアルに再会した。

お、久しぶりだね。
あとで店で飲もう。


f6

夏木さんたちは入り口の前に、
大きな写真パネルを設置している。


f7

これで完成。

これは1900年頃の
パリのヴァンドーム広場。
オペラ座から撮影した写真よ。


f8

モディリアーニがパリに移住したのは、
1906年だから、その数年前。
当時の雰囲気が伝わるかなと思って。

1900年って、明治33年ですね。
馬車が走ってる。

1900年はパリで5回目の万博が
開催された年で、漱石も
ロンドン留学途上に立ち寄っているの。

ふーん。
この写真の通行人の中に
漱石もいたかもしれないんだ。


f9

モディリアーニの絵画の代表作って、
大部分が1916年から1919年の間に、
集中して制作されている、って、
ウィキに書いてあったよ。

大正5年から大正9年か。
そう考えるとなんだか不思議な感じがするね。
一仕事終わったから、
とりあえずビール飲もう。


解説)
パネルの写真は、
10数年前の雑誌の
グラビアの切り抜きです。
Posted at 22:17 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 27, 2021

モディリアーニ展

a1

準備の整った会場に、
展覧会の発案者のペギーとベス、
ふたりの同居人のニッキー、
企画に賛同して動いて、
開催までこぎつけた夏木さん、
会場を提供したジルが
集まっている。


a2

夏木さんはジルに
やったね、と言われている。


a3

アメディオ・モディリアーニと
ジャンヌ・エピュテルヌの写真が
飾られている。


a4

ふーん。そういう人だったのね。
とニッキーは呟いている。


a5

ベスは思いつきが実現して
大満足。


a6

ベーカリーの前には
展覧会開催の広告の看板が置かれていた。
サラとレイアが覗き込んでいる。


a7

噂はたちまちひろがって、
リリスも見に行きたいといっている。
またあのフィギアを
持って行けばいいのね。


a8

郊外でビストロを経営するアルも
近くなのですぐにやってきた。


a9

あのおんぼろ倉庫が
こんな美術館になるとはね。
おかげで、うちでも客が増えそうだよ。


解説)
看板広告やカタログや小物などの
小さめの絵画とロゴは、
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催された
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」(2007)
のもので、当時販売されていた一筆箋のデザインを
切り取って使っています。
Posted at 21:53 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 26, 2021

展覧会の準備

a1

夏木さんは、
段ボール住まいから戻ってこられて、
とても幸せ、といわれている。

展覧会の会場に、
またここを使わせてほしいとは、
とても言い出せない。


a2

夏木さんはペンギンに行って、
メアリー=ケイトに出会ったので、
心当たりはないかと聞いてみた。

ドルフィンの二階以外、
もう町中じゃ無理なんじゃない?
ジルさんが来てるから
聞いてみたら?


a3

あ ジルさん。
展覧会の会場探してるんですけど、
どこかいい場所ないでしょうか?
ドルフィンの二階をまた借りるのは
忍びなくて。

郊外でもよかったら、
空いてる倉庫があるよ。
古いので改修しなくちゃならないけど。
いってみる?


a4

ふたりはレンタカーを借りて
郊外の倉庫にたどりついた。

けっこう古そうですね。


a5

倉庫の中はがらんとしている。


a6

広さは充分みたい。
でもまず外装から変えなくちゃ。


a7

ということで、
工房ドルフィンに依頼して、
前面の壁をとりはらって、
パネルに差し替える作業をした。


a8

花木を植えて、
一応外回りは完成。


a9

次はいよいよ室内だ。
ドラム缶を運び出して、
ざっと清掃する。
あとは絵画を搬入して、
壁にレイアウトすれば完成。

ドルフィンのマスターとスタッフの他に、
森林公園の管理スタッフや、
エトナが手伝いに参加している。


解説)
フィギアたちの住む町は、
二階にある常設セットで、
郊外というのは一階で、そのつど
簡易セットをつくっています。
ということで、
今回もいったりきたり。
Posted at 21:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 25, 2021

展覧会の企画

a1

こんなお店や


a2

こんなお店もあって
楽しかったよ。


a3

サラの話に
わたしもぜったい行ってみる。
とレイアが言っている。


a41

ペギーとベスが、夏木さんに
モジリアニの絵の展覧会の相談をしている。

やってみたいけど、
作品は揃うかな。
ドルフィンの倉庫にある筈だよ。
あとマンスフィールドさんも
何点かもってる。
展示するには額縁も必要だね。


a5

秋らしくていいわね。
とマンスフィールドさんは言った。


a6

ペギーとベスが話している。
額縁足りない分は、
ドルフィンのマスターに頼もう。
私たしかアルのビストロで、
店内にモジリアニ掛かってるの
みかけたことがある。


a7

アルさん、その絵どうするんですか。
展覧会用に貸してほしいって
いわれたんだ。


a8

マスターは額縁を作っている。


a9

ケイはサラから
お土産のピザを貰った。

おおニコラスのピザだ。

サラはベスから、
展覧会用に額縁だけ借りたいと
言われている。


解説)
展覧会の準備が
とんとん拍子に進んでいます。
Posted at 21:53 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 24, 2021

通りをみにいく

f1

レイアはサラに影響されて、
公園にでかけるようだ。
サラは今日は
町の通りを散歩するといっている。


f2

サラがでかけたのは、
国道16号線の沿道。
ここは米軍基地の至近なので、
異国情緒が味わえる。


f3

看板が英語表記のお店が多い。


f4

さりげなく星条旗が
掲げてあったりする。


f5

駐車場にはプロペラ機が。


f6

自由の女神だ。


f7

おもしろいものないかな。


f8

ウィンドウのデザインも
洒落ていたりする。


f9

ここは地元では有名なお店。
ピザでも買って帰ろうかな、
とサラは思っている。


解説)
町にはYokota Air Baseがあり、
基地の脇を通る国道沿いには、
米兵とその家族向けの
お店の並んだ通りがあります。
ちょっと気分をかえて、と、
久しぶりに買い物次いでに
立ち寄って撮影してみました。
Posted at 21:46 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 23, 2021

公園の花とぬいぐるみ

e2

木漏れ日をあびる曼珠沙華


e3

しめやかに咲くコスモス


e4

風にそよぐ萩の花や


e5

たゆたう小川の光など


e6

サラの話に
わたしもぜったい行ってみる。
とレイアが言っている。


e7

ドルフィンの二階では
ようやく整頓が終わったようだ。

夏の思い出って
みんなの話題みたいだけど、
私たちはこの夏ずっと
段ボールの仮設住宅住まいだったの。
とニッキーがマンスフィールドさんに
話している。


e8

モジリアニの絵、
見てると何故か珈琲が飲みたくなるね。
秋だし、展覧会でもやらないかな。
夏木さんに話してみたら?
などとペギーとベスが会話している。


e9

マンスフィールドさんの
ぬいぐるみコレクション。


解説)
前半はきのうの続きです。

ぬいぐるみは、
コレクションというより、
いつのまにか貯まっていたものの
寄せ集めで、
由来を忘れてしまったものも。
Posted at 21:48 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 22, 2021

花を見に行く

g1

サラは公園に行くことにした。


g2

桜並木は葉を落とし始めている。


g3

堤防から林のほうに降りていく。


g4

曼珠沙華が咲いていた。


g5

なんともいえない花の形。


g6

木漏れ日を浴びると、また綺麗。


g7

草地にでると、
コスモスが咲いていた。


g8

色とりどりの賑やかさ。


g9

見に来て良かったと思っている。


解説)
今回は気分転換に
買い物ついでに公園によって
撮影した画像を合成して遊びました。


Posted at 21:55 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 21, 2021

夏の思い出とお月見

a1

秋めいてきたので
サラは着替えしてみた。


a2

またどこかへ出かけるのかな。


a3

リーメントのプチサンプル
「優勝!おひとり様飯」の
「1.自宅居酒屋開店!」
のアイテムです。


a4

コンビーフ缶を開けるときの
仕事してる感がいいね。
そのユッケ、お月見にあわせたの?
と聞かれている。


a5

和室でジェニーと文学青年が話している。

この夏はどこにも行かなかったね。
元々留守番だし(^^;)、本ばっかり読んでた。
前田良三「ナチス絵画の謎」とか
山田五郎の「闇の西欧絵画史」シリーズとか。
今は内村理奈「名画のドレス」を読んでる。
最近、絵画系が多いね。
私は人形のでてくるホラー映画三昧(^_^)


a6

モモコとジャンがはなしている。

ジャンさん、
この夏はジオラマ展と夢の世界で
大忙しだったね。
うん。さすがに夏バテ気味。
しばらく休んでから、
また様子をみにいこう。


a7

探偵事務所で三人が話している。

この夏はっていうか、
この事務所、ずっと開店休業状態ですね。
と鷲尾翠がいった。
エリスのカウンセリングで、
なんとかやってる感じ。
まあ、探偵の手に余るようなことばかり、
起きてるみたいだからね。
それはそうと、今日は中秋の名月。
お酒でも飲みながら月の出をまとう。


a8

やがて月が窓にかかった。

このススキ何年もずっと飾ってある。
こういうときに役にたつんだ。
年に一度だけど。


a9

この電動スクーター
また借りられますか?
とサラが聞いて、
明日なら空いてるよ。
といわれている。


解説)
今日は中秋の名月。
地元はあいにく薄曇りですが、
画像の加工処理で出現させました。

リーメントのプチサンプル
「優勝!おひとり様飯」(全8種)の紹介は
今回で無事完結です。
Posted at 21:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 20, 2021

夏のおもいで

a1

月曜日の喫茶ペンギン。


a2

ナオミとたまきが話している。
この夏の思い出と言えば、
やはりジャンさんのジオラマの
不思議な夢の世界に行ったこと。

あれからモモコ、アイスに頼んで、
怪物を退治して貰ったらしいね。
一緒にいけなくて残念。


a3

オルセン姉妹とアルバイトの女の子が
話している。
3人に共通の、この夏の思い出と言えば、
ジルの別荘の池に行って泳いだこと。

まさかあそこまでやるとはね。
って、なんのこと?


a4

そこにジルがやってきた。
オルセン姉妹と待ち合わせを
していたのだった。


a5

オルセン姉妹はジルに
この夏ずっと借りていた別荘の鍵を返した。

楽しかったわよ。
噴水のしかけみつけて、
何度も通っちゃった。
ジルさん、この夏は?
思い出すのはジオラマ写真展かな。
そういえば裏方で動いていたんでしょう。
会場借りたりして。成功してよかったね。


a6

ケイは、この夏なにしたかなあ
と考えてみた。
なにも思い出せないので、
ケイは骸骨にきいてみた。
下駄とサンダルつくったでしょ。
といわれた。


a7

リーメントのプチサンプル
「優勝!おひとり様飯」の
「2.何枚のせても良い至福」
のアイテムです。


a8

ケイは隣室のジェットを訪ねてみた。
お、食事中でしたか。


a9

リーメントのプチサンプル
「優勝!おひとり様飯」の
「5.洒落たビールに合わせて」
のアイテムです。


b1

ジェットさんは、この夏は?
そうだねえ。なんにもせずに、
ずっとここに座ってた気がする。
まあビールでも飲もうよ。

解説)
それぞれ
接点がありそうでなさそうな
夏の思い出です。
Posted at 21:51 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 19, 2021

秋のきざし

a2

サラは、ちょっと気分をかえて
絵をかざっている。


a1

バーン=ジョーンズの「眠り姫」。
みんな同じ夢をみてたらすごいね。
そういう話じゃないと思うけど。


a3

リーメントのプチサンプル
「おひとり様飯」の、
「8.塩加減にこだわりあり」
のアイテムです。


a4

オヒトリーのヒトリハイボール、
って書いてある。
半分のんでもいいよ。


a6

こちらはベーカリーの前。


a8

エトナは休暇中の兵士から
入隊しませんか、と勧誘されている。


a9

アイスはルビーと話をしている。

それであの最新装備の
ボディスーツが切り裂かれちゃって。
整備のほうに何て説明したの?
何が起きたのかは機密事項だって、
いっといた。


a7

農家の人が採りたての茸を売りに来ている。
オーナーのルビーなら外のテーブルにいるよ。


b2

農家の人はルビーたちの
テーブル席にやってきた。


b3

ソテーにして、メニューに加えようよ。
とアイスがいった。


解説)
今回は、額縁を工作。
市販の写真立ては、
その枠の部分を額縁にみたてて、
絵画を飾るのにちょうどいい
大きさなのですが、枠の部分の
幅が広すぎるのが、いまひとつ。
そこで枠をカッターで二分割して、
ふたつの額縁をつくりました。
「眠り姫」の額縁がそのひとつで、
縁のデザインもそれらしくて
気に入っています。
残った額縁にも、

a5

モジリアニの絵を入れてみました。
Posted at 21:51 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 18, 2021

たたかい そのに

q1

そのとき意外なことが起きた。
ジープの後部座席に積まれていた
ファイヤースラッガーⅡが
後部から青白い炎を噴射して、
宙に浮き上がったのだった。


q2

その兵器は空中で小さな弧をえがいて


q3


正確にアイスの肩アーマーに向かって
落下していった。


q4

ファイヤースラッガーⅡは
自動的にアイスの肩アーマーの開口部に装着され。


q5

アイスが引き金を引くと
轟音とともに弾丸が発射された。


q6

被弾した怪物は
一瞬、緑色の眼を
いぶかしげに見開いたが。


q7

やがて全身が発光して
消えていった。


q8

駆け寄ってきたモモコが、
アイス、やったね。
といっている。


q9

アイスはかるくうなずいて、
私、こうみえて結構うたれ弱くて。
といった。
立っているのがやっとの
様子だった。


解説)
CG-13のファイアースラッガーⅡは、
後端にホバリングや短距離空中移動機能をもつ
ファンがついていて、
呼べば飛んでくる
トンデモ兵器という設定だったので、
その特徴を生かしたエピソードにしてみました。
Posted at 21:47 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 17, 2021

たたかい

p1

立ち尽くすアイスの身辺に
虫寄せスプレーに引き寄せられた
虫たちが充分に集まったところで、
機銃掃射で殲滅する。
という作戦は夜通し続けられた。


p2

夥しい死骸は草むらに散乱し、ひととき、
朝の光にさらされていたが、


p3

やがて跡形もなく消えていった。

やっと終わった。
とアイスはつぶやいた。


p4

と、そのとき、背後の岩場から
怪物が飛び降りてきて、
とつぜん襲いかかってきた。


p5

怪物はアイスのヘルメットに
かみついたが、硬くて歯がたたない。

「か、かてーなあ、もう」
と怪物は怒って言ったが、
特異なテレパシーだったので、
アイスには奇妙な声しか聞こえなかった。


p6

怪物は鋭い爪を
アイスのアーマーにひっかけて、
アイスをつきとばした。


p7

ボディースーツがきりさかれ、
アイスは草むらにたたきつけられた。


p8

ジョー大尉たちが
一斉に援護射撃を開始した。


p9

怪物はジョー大尉のほうを
ふりむいた。
「うっとーしいなあ、
またおまえたちか」
と怪物はいったが、
特異なテレパシーだったので、
奇妙な叫び声しかきこえなかった。


解説)
怪物とのたたかいです。
Posted at 21:40 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 16, 2021

日が暮れて

d1

岩場や森の中から
かなりの間をおいて
手榴弾の爆裂音が何度も響き、
そのたびに煙が立ち上るのがみえた。
やがて日が暮れた。


d2

毒虫発見。
と兵士が叫んだ。


d3

灌木の茂みがざわついている。


d4

茂みをかきわけて、
全身毒虫にたかられた状態で
アイスが姿をあらわした。


d5

私を撃って。
とアイスは言った。


d6

兵士たちは一瞬躊躇したが、
撃てっ、という
ジョー大尉の号令とともに
アイスめがけて、
いっせいに機銃掃射が浴びせられた。


d7

アイスは衝撃をこらえて
立ちつくしている。
なるべく虫を狙ってね(^_^)。
とアイスが叫んだ。


d8

あのボディスーツ、
なんでできてるのかな。
びくともしないね。
といっている。


d9

一斉掃射によって虫の集団は死滅し、
アイスは一行に合流した。

ほとんど駆除したけど、
手榴弾がきれちゃって。
残りは、今の手でかたづけましょう。
とアイスは言った。

エトナは再度虫寄せスプレーを
アイスに噴霧している。


解説)
この作戦も、ほかに
やりようがありそうなものですが(^^;)。
Posted at 21:49 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 15, 2021

アイスの作戦

d1

一行は迷いの森近くの草原に向かっている。


d2

エトナは、
殺されても目が覚めるだけだけど、
虫に刺されて麻痺しちゃて、
何日も元の世界にもどれないのは
嫌だなーと思っている。


d3

報告では、毒虫の集団が潜んでいるのは、
この周辺区域ということのようだ。

ジープが停車すると、
アイスが、
私に考えがあるんだけど。と言った。


d4

あるだけの手榴弾を、
このバッグに詰めて。


d5

あの灌木の茂みあたりから、
岩山の斜面にかけてが怪しい。
とジョー大尉が言っている。

エトナはアイスにいわれて、
バッグから取り出した
虫寄せスプレーを手にしている。


d6

ちょっと離れていて。
と言って、アイスは
全身に虫寄せスプレーを
噴霧しはじめた。


d7

じゃ散歩してきます。
ここで待機していてください。
帰りはちょっと遅くなるかも。

アイスはそう言い残すと、
灌木のしげみに分け入っていった。
はやくも毒虫が寄ってきている。


d8

アイスはゆっくり茂みを抜けて
岩山の斜面を歩いている。
虫がスプレーの効果で、
ぞろぞろ集まっている。


e1

それからアイスは、
虫の集団を十分に引き寄せては、
身をひるがえして手榴弾を投げるという
行動をくりかえしたのだった。


解説)
なにか他にやりようが
ありそうなものですが、
これがアイスの作戦なのでした。
Posted at 22:04 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 14, 2021

出撃まで

c1

怪物は明らかに毒虫の動きに連動していて、
麻痺した兵士だけを狙って何度か出没した。
そこで兵員の交代を繰り返しているうちに、
村は負傷者であふれてしまった。
森からの昆虫の侵入経路をつきとめて、
なんとか封鎖に成功したものの、
すでに侵入してしまった集団が
まだその周辺に潜んでいることが判明している。
昆虫の集団が拡散したり、繁殖をはじめるまえに
駆除しなくてはならないのだが、
もう一息というところで、
動ける兵員が底をつきかけているのが現状だ。
といったことを、ジョー大尉は
いつものていねいな言い回しで説明した。


c2

ちょっと油断しててね、
と悔しそうにいったきり、エルマは
もう声が出せなくなったようだった。


c3

麻痺した兵士が次々と運ばれてくる。


c4

そのとき、
持参したCGの装備品を装着したアイスが
酒場からでてきた。


c5

超合金の甲冑部分が
まばゆく輝いている。


c6

昆虫の集団が潜んでいる区域が
特定されたという報告を受けて
一行はジープに乗り込んだ。
モモコはジョー大尉に
アイスを紹介している。


c7

それはバズーカ砲の一種ですか。
まあその種の兵器です。
正式名称は低反動型速射破壊砲
ファイアースラッガーⅡって
呼ばれています。


c8

やがて、あわただしく
兵士たちが選抜され、
ジョー大尉たちは出撃していった。


c9

一行を見送りながら、
こういう戦争アクション映画みたいな
緊迫した状況設定は、
新しくこの世界に参入した
アイスの好みなのかもしれない。
とジャンはふと思った。


解説)
アイスが装着しているのは、
タカラのクールガールシリーズの、
CG-13の装備品です。
2008年に発売されたフィギアですが、
この世界では、最新鋭装備ということに(^_^)。
Posted at 21:41 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿