Jan 16, 2022

ふつうの日曜日

a1

サラたちの部屋。

アシュレイがベーカリー前で
買ってきたオレンジを食べようとしている。


a2

ん、これすっぱいね。


a3

うん。すごくすっぱいって、
農家の人がいってたよ。


a4

ケイはちょっと躊躇している。


a5

おとうさん。
ドライフラワーきれいだね。
メエメエ。

頭蓋骨の返事がない。
ぐっすり眠っているようだ。


a6

そのころ
ジェニーたちの部屋では。

ねえ、今日図書館の返却日じゃないの?
あ。もう3週間たつのか。
年末年始の貸出期間長かったので、
忘れるところだった。


a8

いつものパターンだけれど、
文学青年は図書館に本の返却にでかけた。


b1

帰りがけにコンビニに寄って、
おでんを買っていくことにした。


b21

このミニクーパー、
なんか見覚えがあるなあ、
と思っている。


解説)
今日もよく晴れた日曜日でした。
Posted at 21:08 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 15, 2022

昼過ぎのベーカリー前

a1

ベーカリー前に冬日がさしている。


a2

エトナは、
観葉植物を撮影しようとしている。


a3

スカフェラの小さな若葉が
可愛いと評判になっているのだった。


a4

農家の人が、
露天で果物を売っているのを、
アシュレイがのぞきこんでいる。


a5

これすごくすっぱいですよ。
味見してみますか?


a6

ルルとアイスは
新しい鉢植えを眺めている。


a7

この季節は花が少ないけど
パンジーだけはよくみかけるね。
きっと寒さに強いのよ。
春まで咲いてるといいね。
大きめの鉢に植え替えたし、
永遠に咲いていそうな気もする。


a8

またマスターが何かしてる。
あのひと働き者なんですね。
とレイがいった。
それはもう、そうなのよ。
と元兵士の小池恵子がいっている。


a9

ドルフィンのマスターは、
ヘッドライトの修理を
しているのだった。


解説)
平穏な午後の
ベーカリー前の様子でした。

これまで名前をつけていなかった
元兵士の女性フィギアに
小池恵子と命名しました(^_^)
Posted at 20:47 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 14, 2022

ルルの水やりをみる

a1

アシュレイは、
せっかくコート着てるから、
ベーカリー前の様子みてくる。
と言っている。


a2

今日はめずらしく、
まだ日が高いようだ。


a3

あら、ほんとだ。
塀がなくなって奥に東屋が。


a4

東屋にはアイスとルルがいた。
こんにちわ。


a5

ちょうどこれから
水やりをするところよ。
手伝わなくてもいいよ(^_^)。
とアイスがいった。


a6

椅子に登ってするんですね。
脚立がどっかいっちゃっててね。


a7

水やると生き生きして見えますね。
あのちいさな若葉見て。
ああいうのみつけると嬉しいんだ。


a8

アイスは吊り鉢をしたてて、
水をやっている。


a9

そっちのほうにある鉢は
水やらなくても大丈夫だよ。
そうなの?
うん。絶対枯れないから。


解説)
今回は水やりのシーンです。
実際に今日は、

b1

こんな工作がメインでした。
油かすに木工用ボンドを混ぜて、
植木鉢用の土を作っています。
この方法、以前どこかのサイトで
紹介されていたのを覚えていて、
油かすを買ってあったので、
今回試してみたのでした。
見た目も自然でいい感じで、
なによりひっかけて倒しても
土がこぼれないので安心です。
Posted at 20:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 13, 2022

アシュレイの買い物散歩

a1

サラたちの部屋。

珈琲豆がなくなりそうなので、
また買いに行かなくちゃといっている。
今日は私が行ってみたい。
とアシュレイが言った。
けっこう遠いよ。電車にのるんだよ。
なにごともチャレンジ。


a2

ケイのコートかりるね。
道順、メモしてね。
といっている。


a3

あの先を左ね。


a4

この緩やかな坂を登ると
もうすぐ駅があるはず。


a5

アシュレイは電車を乗り継いで、
なんとか目的の国立駅に着いた。
南口はどっちかな。


a6

駅前にある赤い屋根の旧国立駅舎。
ここに寄ってみたかったんだ。


a7

中は展示イベントなどに
利用できる公共施設になっている。
切符を売る窓口もしっかり
復元されているようだ。


a8

駅舎の骨組みのジオラマもある(^_^)。


b1

メモをみながら、
無事に目的の店にたどりついた。


b2

帰りには駅構内からの眺めに、
思わず足をとめた。


a9

どうだった?
空がすごくきれいだったよ。
おまけもらえた?
うん。クッキーみたいなの。
さっそく珈琲淹れて食べよう。
などといっている。


解説)
ときどきやっている
買い物散歩撮影です。
実際には背景の撮影をしながら、
まだ出演フィギアを決めてなくて、
今回は誰にしようかなあ、
などと考えたりしています。
Posted at 20:39 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 12, 2022

おでん日和

a1

ベーカリーの前では
ペンギンの制服に着替えたはるなたちが、
立ち話をしている。

やっぱり和服だとちょっと動きにくいわ。
そのエプロンも洗濯したんだ。
うん。新品みたいになったよ(^_^)。


a2

こう寒いと、
なにかあったかいもの食べたいね。
といっている。


a3

和室にもどったたまきたちは、
先に帰っていたジェニーが
何かたべかけているのを発見した。
あ、おでんだ。


a4

今日は寒いからね。


a5

サラたちの部屋では、
相変わらずケイが、
さつまあげの栞を読んでいた。

何かいてあるの?
さつまあげのルーツは
琉球のチキアーギだとか。


a6

さつまあげといえば、おでんでしょう。
おお、おいしそうだね。
これ、チーズがはいってる。


a7

そのころ探偵事務所では、
エリスがクロスワードパズルを解いていた。

上から読んでも下から読んでも同じ名前で、
ときどき焼き芋がつつまれるって、
へんな問題。なんだろう?

ん、なにかいいにおいが。


a8

鷲尾翠が、コンビニから
帰ってきたのだった。


a9

寒いから、つい食べたくなったの。
といっている。


解説)
今回は、おでんのミニチュアを
あつめてみました。

ジェニーたちの部屋のおでんは、
リーメントのぷちサンプルの
「和食三昧」(2003年発売)の「六、おでん」です。
正式のセットでは、
他に箸置きと袋入りの割り箸がついています。

サラたちの部屋のおでんは、
マイスタージャパンの「ほかほかお鍋図鑑第一巻」
(2007年発売)の「4.おでん」。
これも正式のセットでは、他に串物一本と、
箸置きと箸がセットになっています。

探偵事務所のおでんは、由来を忘れてしまい、
ざっとネットで画像を探してみましたが、
わかりませんでした。
こういう検索は空腹時はさけたほうが。
Posted at 20:26 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 11, 2022

羊羹とワイン

b1

今日も何も思いつかないまま
日が暮れていく。

ジェーンはオーナーが
コンビニにでかけている間に
部屋を散策することした。


b2

今日は雨。


b4

クッションやティッシュの箱を
利用して炬燵によじ登ってみる。


b5

単行本とシリーズもののコミックが、
乱雑に置かれていた。
どちらもタイトルは
「高丘親王航海記」のようだ。
面白そーだなーと思っている。


b7

今度はキッチンテーブルに登って、
居間の方向全体を眺めてみた。
去年の暮れの大掃除のせいで、
ジオラマや情景セットが
すっかり無くなって、
わりと整然としている。


c1

ジェーンは、
虎屋の羊羹の薄切りをみつけた。
さっそく雪印ネオソフトの容器を
台にしてテーブルをつくり、
味の素の壜に腰掛けて、
食事することにした。


c4

そういえば、
前に赤玉ポートワインを借りて、
腰の小瓶に入れてあったのを
思い出した。
(2021年10月29日「バラとワインと」参照)


c3

バニラエッセンスの空き瓶の
蓋に注いで呑む。


b9

なんという絶妙なとりあわせ。


解説)
居間は、昨年暮れに来客があり、
直前にばたばたと掃除をしたせいで、
さっぱりした風情になっています。
そのせいで、今のところ、
郊外の風景やアルのビストロや
ジャンのジオラマの庭や
異世界のリリスの酒場のセットは、
消失しているのでした。
Posted at 20:59 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 10, 2022

花を生けたり

a1

何も思いつかなくても、
あっというまに日は暮れる。

ベーカリー前では
レイとアンナが話している。
洗濯物も干されているようだ。


a2

お正月は和服着てたのね。
うん。やっぱりこのほうが楽でいいわ。
アンナはなにしてたの?
ずっとベーカリーで文学談義してた。


a3

これって、ペンギンのウェイトレスの
制服でしょう。
今いくと、はるなの和服姿がみられるよ。


a4

サラたちの部屋では、
サラが花瓶をもちこんでいた。

これ、倉庫にあったんで、
借りてきた。
ハンドメイドみたいだね。
見てると、
お花生けたくなるでしょう?


a5

ドライフラワーも用意したよ。


a6

アシュレイは、
花を生け終わった。
きれいだけど、置く場所がないよ。
私配ってくる。
とサラが言った。


a7

ケイはなぜか、
さつまあげの栞を見ている。


a8

なかなかいいね、といわれている。


a9

きれいな花だね。
はなの名は?
まだ回文やってるの?
偶然だよ。


解説)
ハンドメイドらしき花瓶は、
ホビーオフで。
ホビーオフはリサイクルショップなので、
たまにこういう由来のしれない小物に
出会えるのが楽しいです。
ドライフラワーは、セリアで。
Posted at 20:36 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 09, 2022

雪の日 そのに

a1

喫茶ペンギンでも、
屋外の雪景色が注目されていた。

あっというまに積もったね。
こんな日のドライブは
やめといたほうが無難だね。
などと言っている。


a2

たまきたちの乗った車は、
ベーカリー前に帰ってきた。


a3

これ、本物の雪ね。
さっき途中でね。
バケツで雪を運んでる人を
見かけたよ。何につかうのかな。


a4

雪を運んでいた人。


a5

バケツの雪は
サラたちの部屋に運ばれた。


a6

雪といえば、
やっぱり雪うさぎでしょ。


a7

そうなの?
あまり深く考えないで。
かわいいし。


a8

まだ雪は降り続いている。
外は寒そうだね。
と骸骨の標本がいっている。


a9

でも部屋の中は暖かいので、
雪うさぎは、
溶けてしまうのだった。

解説)
雪の日のひとときの
雪うさぎの思い出でした。
Posted at 21:03 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 08, 2022

雪の日

c1

朝から冷え込んでいたが、
午後から雪になった。


c3

でかけよう、といって、
ジェニーがめずらしく、
コートを着こんでいる。
ベーカリー前の広場が
拡張されたって言うし、
雪だし。


c4

三人はベーカリー前に。

なんだ、こっちは降ってないんだね。
窓から見えたのは郊外の方だから、
ドルフィンで車借りていってみようよ。
とたまきがいった。
ジェニーは新区画を眺めている。


c5

雪雲があんなにきれい。
そう?


c6

二人乗りしかなかった。
とたまきがいった。
私運転するよ、とナオミがいい、
私はここで焼き芋たべて待ってるから。
とジェニーはいった。


c61

気をつけてねー。


c7

うわ。
これは豪雪だわ。


c8

しかしたまき、こんな日に、
ドライブなんてよく思いついたね。
そういう定めなのよ。


c9

雪まだ降ってるし、
寒いし、もう帰ろうよ。
うん。


解説)
午後から雪がふりはじめて、
あちこちの小さな部屋の窓から
雪景色を撮影しているうちに、
こういう思いつきに。
Posted at 20:42 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 07, 2022

夜の風景

a1

ベーカリー前の広場が
拡張されたんだって。
見に行きたいなあ。
もう夜で真っ暗だよ。


a2

このまえ電池交換した
懐中電灯があるから、
ちょっと見てくる。
暖かくしていってね。


a3

ケイはベーカリー前に
到着した。


a4

ベーカリーやドルフィンから
にぎやかな明かりがこぼれている。
文学青年とアンナが
本の話で盛り上がっているようだ。


a5

ジルはレイアに、私だったら、
絶対百円ショップ建てるのに。
といわれている。


a6

ケイが噂の方角ににライトを向けると、
エトナの姿が浮かび上がった。

あ、ケイさんも見に来たの。
この向こうにみんないるよ。


a7

ちょっとまぶしいよー。
とアイスの声がした。


a8

ランプだけだと暗いけど、
雰囲気あるね。
毛布もってきたから、
ここで寝ちゃおうかな。
それはまだやめたほうがいいよ。
などと話している。


a9

ケイはドラム缶を囲んで
暖をとっている人たちに声をかけて、
焼き芋を分けて貰ったのだった。


解説)
今回は、夜の景色です。
暗いと、周囲の映り込みを気にせずに、
撮影できるのが楽しいところ。
Posted at 20:55 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 06, 2022

新区画の整備

b1

ドルフィンのマスターとスタッフは、
雨のしのげる東屋風スペースを設営している。
パネルだからすぐできちゃうね。
といっている。


b2

自販機はここに移動。
ぼくらには必需品だからね。


b3

アイスはゴミ箱を運んでいる。
ゴミ袋入りのまま運ぶとは、
さすが怪物退治の力持ち。
とルビーにいわれている。


b4

一本くらい木立があったほうが、
賑やかでいいかな。


b5

椅子やテーブルは、
東屋に運ぶんだ。


b6

これで雨がしのげるね。
めったに降らないけど。
しのげるようになると、
降るかもしれないよ。
そういうものかな。


b7

ドラム缶の位置も
微妙に移動された。


b8

これで、とりあえず完成ですね。

ご苦労様。
あのスペースは、
なにかアイデアがあれば
変更してかまわないし、
自由につかってほしい。

ジルさんが、あの区画をおさえていたなんて、
最初は、なにか構想があったのでは?
うん。二階建てのホテルでも建てて、
二階のベランダからの眺めを楽しみたい。
なんて、思っていたけどね。


b9

でも結局、ちょっと物足りなかった
屋外スペースを優先することにしたんだ。
工事が簡単だということもあって(^_^)。


解説)
無事に新しい常設区画を
つぎたしできました。
Posted at 20:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 05, 2022

仕事はじめ

a1

今年もどうぞよろしく。
はるなはペンギンで
アルバイトを再開した。


a2

その振り袖お似合いよ。
お正月はどうだった?
レイやエトナと
写真撮影して遊んでました。


a3

松の内はこの格好で
給仕します。
といっている。


a4

ルルは今日も
水やりにやってきた。


a5

大変だよ。
壁がなくなっているんだ。


a6

ドラム缶で焚き火して
暖をとろうとやってきた人たちも
驚いている。


a7

郊外に住む資産家のジルさんだ。


a8

そういうわけで、
買い上げてあった隣の区画との間の、
壁を撤去してもらったんだが、
まだ更地のままなんだ。
とペンギンのマスターに話している。

あとの工事を、まかせたいんだけど、
駐車場をかねた公共のスペースにして、
誰でも雨宿りできる、簡単な
東屋みたいなのがあればいいかなと。
わかりました。
ベーカリーのみんなも喜ぶでしょう。
さっそく手分けして
作業にかかります。


a9

ジルさんが、壁を撤去したんですか。
うん。ベーカリー前のスペースが狭いのが
前から気になっていてね。
最近はドラム缶で焚き火する人たちがいて、
駐車にも不便だし。
それと、いつもルルさんは
あの隅の椅子に座って
植物の水やりをしているけど、
もうすこし快適にならないかなと。


解説)
思いつきで
二階の常設情景セットのスペースを
すこしだけ拡張することにしました。
Posted at 20:39 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 04, 2022

穏やかな日

a1

三が日が過ぎて、
ルルがパキラの枯葉を
取り除いている。


a2

ベーカリーの前では
人通りもないようだ。


a3

サラたちの部屋では
みんながお茶を飲んで
くつろいでいる。


a4

おとうさん、
最近物静かだね。
すっかり置物になったみたい。

頭の中を透き通った風が
吹いていて気持ちがいいんだ。
メエメエ。


a5

この部屋、
ストーブがんがん炊いてるから、
暖かくていいわね。


a6

なんか甘いものでも食べたいな。
そういえば、昨日
ドルフィンの二階に行ったら
干支の大きな寅の置物があったよ。
大きな寅の和菓子がいいな。


a7

想像だけど。

寅っていえば、
あのトラ猫たちどこへいったのかな。


a8

トラ猫たちは
ジェニーたちの部屋に遠征していた。
今年は僕らの年だ。
といっている。

解説)
今回はとくになにもおきない
穏やかな一日でした。
Posted at 21:05 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 03, 2022

行灯と寿司

b1

レイたちが部屋に戻ると、
ドルフィンから、スタッフが、
行灯をかかえてやってきた。


b2

これ修理したばかりなの。
ここで使ってみない?
邪魔になったら
倉庫に引き取るから。


b3

和服にぴったりだね。
暗くなったら
さっそく撮影しよう。
とエトナが言っている。


b4

帰り際に、
スタッフは声をかけられた。
お礼といってはなんですが、
お寿司いかがですか。
おすそわけです。


b5

マンスフィールドさんが、
お正月だからといって、
大量に注文してくれたのだった。


b6

好きなものを取りやすいように、
回転寿司風に小皿にとりわけられている。


b7

これは目移りするなー。
と言っている。


b8

一階のドルフィンに戻ったスタッフは
みんなに報告している。


b9

日が暮れたので、
行灯に火を点して
記念撮影がはじまったようだ。



解説)
寿司アイテムは、
リーメントのプチサンプル、
「新鮮 回転寿司」(2006)のものです。

登場した行灯は、もともと、
日本人形用の空のガラスケースと一緒に、
付属品のようにして売られていたもので、
自分としては懐かしい入手経緯が、
2009年5月29日の「小物と工作」
に記載されています。
Posted at 20:44 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 02, 2022

お正月の着物

a1

元旦も夜になった。

お正月くらい和服でも着て、
気分をかえてみたら?
うん。


a2

仕舞い込んであったので、
かなりよれてるけど、
よく似合ってるよ。


a3

夜が明けて、
ドルフィンの二階には、
マンスフィールドさんが遊びに来ていた。

いつもぬいぐるみのコレクション
預かってもらってるお礼に、
今年の干支の置物もってきたの。

ずいぶんふくよかな寅だね。
そういえば、
マンスフィールドさんに
新しい住人のレイとアンナを
紹介したいとこだけど、
二人ともどこにいったの?
さっきペンギンでバイトしてる
はるなが着物着てきて、
エトナが写真撮るって言い出して、
四人ででかけたよ。


a4

やっぱり二人で和服きると
お正月気分だね。


a5

こっちむいてー。
とカメラを構えたエトナがいっている。


a6

チーズって、
いわなくても大丈夫みたいだね。


a7

そのとき文学青年がやってきた。


a8

おめでとうございます。
と水やり人のルルに言われている。

めずらしいですね。
いつも本ばかり読んでるもんだから、
たまには散歩にいくようにっていわれてね。


a9

あ、その本、清水鱗造の
「月夜にゾウがはしごをを上っていく」
ですね。
え、この本知ってるんだ。
君は?
ああ、わたし去年の暮れに
ドルフィンの二階に越してきた
アンナといいます。


解説)
お正月なので
着物姿を撮影してみました。
Posted at 21:04 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
January 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿