Feb 27, 2024

春を待つ日々 そのきゅう

a1

今日は風があり、
明るい冬の日差しが
影を浮き立たせている。


a2

サラたちの部屋では
食事の支度中だった。


a3

テーブルには
食器が所狭しと並んでいる。


a4

カリカリのベーコンできたわよ。
とメアリー=ケイトが言っている。


a5

最近は便利になったなあ。
とジェットが言っている。


a6

唐揚げできましたよ。
とジェイソンが言った。


a7

ジェニーたちの部屋でも、
おやつどきだった。

まだ安売りしてたから、
苺とホイップクリーム買ってきた。


a8

スポンジケーキを切り分けて。


a9

これたまきが作ったの?
見るからにワイルドで
美味しそうでしょ。


a91

これはペンギンで
ジェニーが食べてたやつと
そっくりだね。


a92

どんなの作る?
おなじので。


a93

高台では。
このコーヒー缶は新作ね。
こういうの飲む人って、
きっと普段でもお砂糖入れないよ。
などと言っている。



解説)
ワイルドなショートケーキは、
ぷちサンプルU.S.Aバージョン「Mini Sweets」
の「9. Strawberry Shortcake」で、
たまきの創作ではありません。
Posted at 20:27 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 26, 2024

春を待つ日々 そのはち

a1

かなはアンナを見つけて
近づいて行った。
先輩何してるんですかー。


a2

縄跳びの道具を、
貸してもらったの。


a3

すずは早速ジャンプして。


a4

こけてしまった。


a5

私がお手本見せてあげる。
とかなは言った。


a6

この縄、私にはちょっと
短いわねえ。
と言っている。


a7

両手の位置はそんなに
あげなくていいのよ。
両足は揃えて一緒にジャンプね。


a8

高く飛ばなくても
縄が抜ける隙間があれば十分なの。


a9

小さい子は力がないから、
縄を重くした方が、
飛びやすいかもしれない。
頑張ってね。
すずは、うす、と言っている。


a91

さすが現役の陸上部ね。
やかんのお水飲む?
と舞が言っている。


a92

サラとアルは
全然気が付かずにバナナの話をしていた。
クレープに挟んでも美味しいわよ。
ますます迷っちゃうなあ。



解説)
使用した縄跳びは、
リーメントのぷちサンプル
「さわやか4組」(2016年発売)の
「3 ロッカーの中身は」
のアイテムです。

Posted at 20:23 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 25, 2024

春を待つ日々 そのなな

a1

サラが佳奈と連れ立って
広場にやってきた。


a2

まだ寒いけど、
「春一番」のBGMがあると気分が弾むわね。
かなは、大安売りの
バナナの山を見つけたようだ。


a3

じゃあ一箱分お買い上げですね。
あとでビストロにお届けします。
とヘルミーネが言っている。


a4

かなは、早速試食させてもらっている。

あら、アルさん。お久しぶり。
やあサラ。
バナナ買ったんですか。
うん。ビストロで使いたいんだけど、
どんなふうに調理しようか
考えてるんだ。


a5

バナナブレッドのプディングがいいわよ。
それ美味しいの?
かなが、アルに挨拶した。
え、君は。
この前、探偵事務所で。
あああの時の学生さん。


a6

アンナと舞は運動着に着替えていた。
やっぱり健康が第一ね。

アンナさん。
とすずが言っている。


a7

私たちもトランクスに履き替えたの。
アンナさんと一緒だね。
と言っている。


a8

ルビーはリタと話している。
倉庫にあった古い水差し借りていくって、
ヴィヴィアンが言ってたわよ。
あの金属製の重いやつですね。
なんに使うんでしよう。


a9

デジャでは、
ヴィヴィアンがバルに呪文を伝授していた。
水の精霊なら、
自分で変身できる力があるはずよ。


a91

バルが立ち上がって
教えてもらった呪文を唱えると。
薄い煙が立ち上って。


a92

バルはどんどん小さくなっていった。
やっぱりね。予想通り。
お前いつ、そんな
呪文を覚えたんだ?
とハリーに言われている。


a93

バケツの中ですっかり水の姿に戻ったバルを、
ヴィヴィアンは水差しに注ぎ入れた。
これがあなたの借りのおうち。
これからは好きな時に呪文を唱えて
人間になればいい。

間違って飲まないでくださいね。
とバルが言っている。



解説)
あれこれと
いつも通りの思いつきで
時が流れています。
Posted at 20:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 24, 2024

春を待つ日々 そのろく

a1

広場では、
トマソンが白熊型の容器を
二つに分離していた。


a2

もう一度魔法をかけてみるわ。
とヴィヴィアンが言って、
バルに向かって呪文を唱えると、
薄い煙が立ち上り。


a3

バルは人間の大きさに変身した。


a4

ありがとうございます。
すごい魔法使いなんですね。
ちょっと違うんだけどね。
などと話している。
ドルフィンから一部始終を見ていた
ルビーも近くに寄ってきた。


a5

水の精霊は変幻自在のようで
実はそうでもないんですよ。
三態変化は得意なんですが。
と言っている。


a6

トマソンは白熊型の容器に
興味を持っているようだ。
この造形美、やっぱり魔法で
巨大になった本物は違うなあ。
これもらっていいいですか?
いいけど、
同じもの作らないでね。
とルビーは言った。


a7

突然バルが大きくなったことは、
話に夢中だった観光客や、
演奏に夢中だった大道芸人たちは
気がついていないようだった。


a8

あなた泊まる場所ないんでしょ。
魔術劇場にいらっしゃい。
とヴィヴィアンが言っている。


a9

その頃、探偵事務所では
来客の歓待にかこつけた
酒盛りが始まっていた。


a91

この塩辛美味しそうね。
とシェリーが言っている。


a92

子持ちししゃもが最高なのよ。
くにはちを思い出すなあ。


a93

日本酒も美味しいですねえ。
未来世界ではお米作ってないので、
洋酒ばかりなんですよ。
今度田んぼを作ろうかなあ。
とツナが言っている。


解説)
水の精霊のバルが魔術劇場の
住人に加わったようです。
名前の由来は、
「バルくん 虫こないでネット:クマタイプ」
という商品名から。
Posted at 20:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 23, 2024

春を待つ日々 そのご

a1

気温の下がった広場は割と
閑散としていた。


a2

今日は寒いですね。観光の方ですか。
ずっとペンギンにいたんですけど、
ジェニーフレンドの皆さんに、
席を譲ってきたんです。


a3

アルがビストロで使う
食材の買い付けに来ている。
このバナナ甘いね。
お買い得ですよ。


a4

子供達はデジャの入り口で
いつも入店する客をチェックしているヨシフに
話しかけている。


a5

ヨシフは早速デジャに。

ヴィヴィアンさん。
子供達があなたに
相談したいことがあるって言ってます。
わかった。今いくわ。


a6

ふーん。
これが元雪だるまだったという氷水ね。
そうなんです。
いつまでも蒸発しないの。


a7

なるほど、何かの精霊が宿っているようね。
それに人間になりたがっているみたい。
ヴィヴィアンは呪文を唱えた。


a8

すると薄い煙が立ち上り、
そこに雪だるまが現れた。
しかし、よく見るとそれは白いクマで、
胴の部分が格子状の窓になっていた。


a9

中に誰かいるよ。
とすずが言っている。
中から、
おお、魔法で人間の姿にしてくれたのですね。
という声がした。


a91

私はバルという、迷いの森の泉の水の精霊です。
雲や雨や雪やあられやこんこんと、
これまであれこれと姿を変えて世界をめぐり、
ずっと人間になりたいと願っていましたが、
この子供さんたちの望みと共振して、
雪だるまにしてもらえました。
すぐに溶けてしまうのが悲しくて
頑張って氷の状態でいたのです。
まさかこんな形で願いが叶うとは。

でも体が小さいままだよ。
それに檻の中に。


a92

大きさも人の姿になる魔法をかけたはずのに、
この雪だるま風の白熊が邪魔していたのね。
外に出てきたら?
開け方がわからないんです。
とバルが言った。

僕、この白熊型の入れ物
夢の中の6倍世界で見たことありますよ。
本物はもっと小さい。
虫除けに使うグッズです。
開け方ならわかりますよ。
とトマソンが言った。


a93

今の波動感じた?
またヴィヴィアンが魔法使ったのかな。
けっこう強烈だったわね。
などと噂している。



解説)
バルくんの虫除けグッズは、
セリアで購入したものです。
Posted at 20:28 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 22, 2024

春を待つ日々 そのよん

a1

今日は雨。
気温も下がってるね。


a2

ほのかな梅の香り。
蕾がほころんでいるのかしら。
一茶に「梅がかやどなたが来ても欠茶碗」
っていう句があるんだ。
ふーん。うちのお茶碗は落としても
割れないから安心ね。


a3

サラたちの部屋でも
ケイが窓の外を眺めていた。
また雪になるところもあるそうだよ。


a4

遊びに来た鈴木すずと池谷圭は、
サラの作った苺のタルトを
もらって喜んでいる。


a5

その苺のケーキ大きいね。
これはドラゴニアベリーを使ったんだよ。


a6

このトランクス、
セリアでうってたんだけど、
二人の運動着に
ピッタリじゃないかと思って。
とサラが言っている。


a7

わー嬉しいなー。
と圭が言っている。
また雪が降らないかなー。
そしたら元雪だるまが
元気になるのに。
とすずが言った。


a8

すずから元雪だるまの水溜りの話を聞いたサラは、
その薄氷にはきっと精霊が宿っているのよ。
ヴィヴィアンに頼めば、
魔法でなんとかしてくれるかも。
と言った。


a9

サラ先輩。ヴィヴィアンさんって、
本物の魔法使いなんですか。
デジャではとてもそんなふうに
見えなかったけど。

ヴィヴィアンは魔法使いというより、
悪魔なんです。
本当の姿は翼があって怖いんですよ。
すごく優しい人ですけど。
とジェイソンが言った。



解説)
流石にまだ2月、
また寒くなるようです。
Posted at 20:27 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 21, 2024

春を待つ日々 そのさん

a1

ドルフィンの二階では、
おやつタイムが始まっていた。
みんなモモコの
お茶碗捌きに注目している。


a2

モモコ。その斜めの手の角度、
とても優雅ね。
と言われている。


a3

あ、ところで、今子に教えてもらった一茶の句。
「狐の子そこのけそこのけ子熊が通る」って、
文学青年がちょっと違うって言ってたよ。
狐の子と子熊じゃなくて、雀の子とお馬なんだって。
え。
そうなの。私お姉さんから教わったのよ。
お姉さんは一茶が生きていた時代の
生き証人なんだから。


a4

横で聞いていた駒井魔子が言った。
そうか。あなたももう大人なんだから、
本当のことを知った方がいいわね。
それはね。文学青年の指摘が正しいの。
私は、幼なかったあなたのために
狐バージョンを作って教えていたのよ。
他にも、「我と来て遊べや親のない狐」とか。

そーだったんだ。
その句も大好きで私随分慰められた。


a5

妹想いのお姉さんだったのね。
とペギーが言った。


a6

あ、デイリープラネットに
春節の龍の舞の写真が載っているよ。
「龍の舞で起きたミラクル」
っていうタイトルの記事。
とニッキーが言った。


a7

記事の横には、
エトナが撮影した写真が
掲載されていた。


a8

その頃、デジャには、
春節が終わって一息ついた
マンゴー亭のシェフの
丹下健太が休憩に来ていた。


a9

この町に来て、
あなたの踊りを見られたのは幸いでした。
造形美術とはジャンルは違いますが、
あの舞踏は芸術作品ですなあ。
とトマソンが言っている。


a91

そうそう。
僕も双眼鏡でここから見てたんだけど。
あのハイジャンプ。
しばらく空中に浮いているように見えたよ。
とゼロが言った。


a92

あれはね。
確かに私の長年の修練の成果でもありますが、
あのガルーダの被り物に
特殊な霊力が備わっているんです。
普通の人が被ると、
制御できなくなって踊り狂いますから。

そういえば、一昨年チンパンジーが被って
騒動になったことがあったわね。
とマリアが言った。


a93

ふむ。むしろそういう
霊力や魔力を修練によって
制御して作品に昇華するのが
芸術の営みなのかもしれないね。
トマソン君は最近作品を量産しているようだが。

このところリアルな夢ばかり見て、
絶好調なんですよ。
とトマソンが言った。



解説)
新聞掲載の画像は再掲です。
Posted at 20:29 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 20, 2024

春を待つ日々 そのに

a1

ドルフィンの倉庫から、
梅の盆栽が届けられた。
さっそくウグイスが飛んで来たので、
みんなで鑑賞している。


a2

一つだけの蕾を
ウグイスはじっと見つめている。


a3

この盆栽、すごく前からあるわよね。
15年前に作ったんだ。
飾るとすぐウグイスが飛んで来るんだよ。


a4

ちゃぶ台の上には
たまきが自販機で買ってきた
烏龍茶のボトルがある。
モモコはどこ行ったの?
ジェニーフレンドが来てるって聞いて、
ペンギンに。
そのままドルフィンの二階に
遊びに行くって言ってたよ。
よっぽど今子さんと気が合うんだね。


a5

その頃ペンギンで、モモコは、
こんにちわ~
みなさんお久しぶり。
と言っていた。


a6

モモコだモモコだ。
髪型変えたでしょ?
などと言われている。


a7

ひとしきり昔話をした後、
モモコはお土産用に
ショートケーキを買っている。


a8

お店随分賑やかね。
ずっと満席状態なんですよ。
このチップスターの筒どうするの?
どう見ても邪魔ですねー。
などと話している。


a9

ペンギンの二階では、
訪問したシェリーとツナを交えて、
みんなでお茶を飲んでいた。


a91

じゃあ、お正月はずっと、
研究所で過ごしたのね。
また何か新しい研究してるの?


a92

ミューと仮想現実体験装置の
システムのAIのアンが、
二人で色々やってるみたいだけど、
私にはもうさっぱり。
とシェリーが言った。

今の転送装置は私たちの住む未来世界と、
こちらの世界との往還しかできないんだけど、
別の時空にも行ける本格的なタイムマシンに
改造できないかと研究してるのよ。
さっき会った管理局の人には
見透かされてるみたいだった。
とツナが言った。


a93

ドルフィンの二階に到着したモモコは
さっそくお土産のショートケーキを
箱から取り出している。

日本茶にも合いそうね。
また太りそう。
などと話している。



解説)
登場した盆栽の初出は、
2009年2月11日「梅とウグイス」です。
その頃にはまだ梅の花や
蕾がいくつかついていたのですが。
Posted at 20:34 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 19, 2024

春を待つ日々

a1

文学青年とモモコが話していると、
ジェニーたちがペンギンから戻ってきた。
お土産のショートケーキで、
おやつタイムが始まっている。


a2

ペンギンのショートケーキって
珍しいね。
特別に今だけらしいのよ。


a3

ケーキならいくらでも食べられるわ。
そーでしょうね。
あれ、たまきは?
自販機でおーいお茶を買うとか言って、
高台の休憩所に行ったよ。


a4

自販機に、おーいお茶はなかった。
たまきは相変わらず
見るからに忙しそうな格好してるのね。
そう見えるでしょう。
このカラス、懐いちゃったみたい。
などと言っている。


a5

サラたちの部屋でも
大安売りの苺がブームだった。


a6

サラ先輩はなんでも
器用なんですね。
二切れ食べてもいいわよ。


a7

広場に出かけていた
探偵事務所の面々は、
帰宅して、帰りがけに買った
ペンギンの苺ケーキを
食べかけていた。

久しぶりに踊ったわ。
味噌ラーメンが美味しかった。
などと話している。


a8

ダルメとクロコは、
何事かと眺めている。


a9

そうそう、シェリーが
久しぶりに遊びに来るって。
夏目ツナっていう人を
一緒に連れてくるって言ってたわ。
え、その人もしかして。
と探偵が言った。


a91

その頃、ツナとシェリー博士は、
探偵事務所下のペンギン前まで
やってきていた。

あちらが、管理局にお勤めの、
バグさんとミラさんよ。
こちら夏目ツナさん。
とシェリー博士が言っている。


a92

これは、これは。
お噂はウェルズから聞いています。
仮想の未来世界では大活躍のようですね。
うちの時間管理部の職員の件では、
色々お世話になりました。
とミラが言った。


a93

あ、大活躍って、
普通に生活してるだけなんですよ。
ただ過去の世界とは環境格差があまりに大きすぎて。
こっちには瞬間移動装置で遊びに来てるんです。
ところで、管理局としては、
こういう移動自体はokなんですか?

その世界の生物が進化した段階で、
自然に発生することですからね。
その世界の歴史に大きな改変の危険がなければ、
管理局は基本的に介入しない方針です。

よかった。ちょっと気になってたんです。
いつかウェルズさんみたいな
時間パトロールの人に捕まるんじゃないかって。

別にタイムマシンは登録制じゃないのよ。
とミラが言った。



解説)
あちこちで苺が人気のようです。
Posted at 20:22 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 18, 2024

春節 そのきゅう

a1

ジェニーたちの部屋に、
久しぶりにモモコが帰ってきた。


a2

あれ、みんなはどうしたの?
ペンギンに行ってるよ。
ジェニーフレンドたちが集まっているんだ。
そうなのか。

春節も昨日までだったね。
モモコさんは、
ずっとドルフィンの二階にいたの?


a3

うん。
ずっと駒井今子さんと遊んでた。
おかげでお茶碗回し上達したのよ。
こんなふうに。


a4

僕は基本は読書三昧だった。
今、「小林一茶名句百選」っていうのを
読んでるんだ。
ああ知ってる。
今子さんが教えてくれたよ。
「狐の子そこのけそこのけ子熊が通る」、
っていう句をつくった人でしょう。


a5

その頃、広場では
春節が終わって、
ラーメンの屋台が撤去され、
ヘルミーネが掃除をしていた。


a6

早速開店したのね。
今日はバナナが大安売りですよ。


a7

子供達は
バナナを分けてもらって食べている。

この水たまり、まだ凍ってるの?
元雪だるまは強いんだよ。
薄氷負けるな一茶これにあり。
と誰かが言った。


a8

ベランダでは、
春節の演奏で知り合った
うたたちが、音楽談義をしている。

ヒッチハイクしながら、
あちこちで音楽を演奏してたなんて、
大道芸人みたい。
ローレンスさんに憧れるなあ。
そうですねえ。
僕も彼らと一緒にいて、
演奏の魅力に目覚めました。
とレオも言っている。
もう昔のことですよ。
とローレンスは言った。


a9

ケントがルビーと話している。

ところで、最近話題の路上アーティスト、
トマソン氏のことご存知ですか。
デイリープラネットでも、
彼の芸術活動の紹介記事を
連載することにしたんです。

トマソン氏がこの町に滞在していると聞いたので、
さっそく専属カメラマンのエトナに頼んで、
作品を発見次第、撮影してもらうことにしました。
なるほど、それらしきオブジェを見つけたら、
エトナに知らせますよ。
ありがとうございます。


a91

エトナは、ペンギン前のスペースで、
早速撮影を始めていた。

これ作った人、
スポンサーから
お金もらってるのかなあ。
と言っている。



解説)
中華圏のお正月、春節(日本の旧正月)は、
新暦では毎年始まる日が異なりますが、
今年は2月10日から2月17日までが
連休期間とネットにありました。
Posted at 20:39 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 17, 2024

春節 そのはち

a1

ジェニーたちも
ペンギンでコーヒーを飲むことになった。


a2

テラス席に移った常連客が、
そこのあんころもちのお皿、
取っていただけますか。
と言っている。


a3

とつぜんお店占領しちゃって
席かわってもらって悪いわね。
あちらの方にもショートケーキを。
とサヤカが言っている。


a4

たまきはパンフレットを
眺めている。
このお店いつから
ケーキ出すようになったのかしら。


a5

それにジェニーのケーキだけ
苺が多いのはなぜ。


a6

苺大安売りしてたから、
今だけショートケーキ出してるのよ。
とマスターのマリーネが言っている。
あなたがお店のマスコットで
ごく一部で人気者のフンボルトさんね。
はい。


a7

店内では春めいた陽射しを浴びて
賑やかな思い出話に
花が咲いている。


a8

お店満員だね。
私たちはツアーの企画者だから。
また誰か呼ぼうよ。
などとフローラと、
さゆりが話している。


a9

このところ珍しくあったかいから、
外の席でも快適ですね。
とはるなが言っている。


a91

あれ、あんなところに
大きな筒が。
あれなんでしょう。
とオリーブが言った。



解説)
今回はジェニーたちの
再度の同窓会の様子でした。
Posted at 20:22 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 16, 2024

春節 そのなな

a1

今日も快晴で少し風がある。
昨日は春一番が吹いたという。
あ。あんなところに。


a2

カラスが留まっているよ。


a3

その時、オリーブがやってきた。
ペンギンにミルフィーユと
ロベリアが来てるのよ。


a4

カラスは高台の休憩所の
テーブルの上の菓子パンを見つけ、
速攻で飛んできたようだ。


a5

このカラス、素早い動きだったね。
今日は和歌子は来てないの?
広場で踊ってるみたいだよ。
などと話している。


a6

広場では春節を祝う歌と踊りが
続いていた。


a7

粉川和歌子も踊りに参加している。
こんな時じゃないと出番が。
と呟いている。


a8

屋台ではエトナとケントが
ラーメンを食べながら話していた。

この人が、
新聞に掲載していただいた
花魁の写真のモデルになったアンナさん。
そうでしたか。
それは全然気が付かなかった。
人はコスプレによって変わるものですねえ。
クラーク・ケントさんほどじゃないですよ。
などと言っている。


a9

実は最近、繁華街の方で、
巨大な缶コーヒーの空き缶が
放置されているのが見つかりまして。
ああ。
それはたぶん路上アーティストの芸術作品ですよ。
そうだったんですか。
芸術家のやることは意味不明ですなあ。


a91

その頃、
オリーブに知らされて
ペンギンに到着したジェニーたちは、
ミルフィーユやロベリアと
十数年ぶりに再会していた。


a92

わーわー。
なんて美味しそうなショートケーキ。
とたまきが言って、
そこなの?
と言われている。


a93

冗談よ。
みんな久しぶりだねー。
たまきは変わらないねー。
誰一人見かけは変わらない。
これでも風雪と紆余曲折に耐えてるのよ。
などと言い合っている。



解説)
春一番が吹き、
春節らしい日々が過ぎていくようです。
Posted at 20:31 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 15, 2024

春節 そのろく

a1

広場での住民たちの踊りは
しばらくして一息ついたようだった。
遅ればせながら、
シティポリスが警備にやってきている。


a2

運動の後のラーメンは
美味しいわ。
とキャサリンが言っている。


a3

観光客や兵士たちは
まだ踊り続けていた。


a4

これはケントさん。取材に見えたんですか。
はい。仕事の都合で遅れてしまい
龍の舞は見逃してしまいましたが。
写真撮ったので使ってください。
とエトナが言っている。


a5

丹下さん。踊りすごく良かったですよ。
それはどうも。


a6

小池恵子は出来上がったラーメンを
出そうとしている。
これってリアルな情景なのね。


a7

空いたテーブル席には、
入れ替わりにアンジーとジムが来て
肉まんを食べていた。


a8

丹下さんのガルーダの踊りの
ハイジャンプには、驚かされました。
キレキレのトランペットもすごかった。
アンジーさんは、ずっと丹下さんの
追っかけをされていたと聞きましたが。
とジョー軍曹が言った。


a9

追っかけって言っても、
彼の作る料理の味に惹かれてね。
彼がシェフをしてるレストランの追っかけ客だったのよ。
あのトランペットの人、ローレンスは、
丹下さんのニューヨーク時代からの友人で、
あれでけっこうキャリアのある、
実力派のミュージシャンなのよ。
以前この町にも何度か来て、
演奏したことがあったはず。

調査済みか。
さすがプロだね。
とジムが言った。


a91

その頃、さゆりの引率する
ジェニーフレンドの一行は、
ペンギンに到着していた。
椅子を御用意しましたよ。
とはるなが言っている。


a92

この苺おいしそうだけど、
せっかくだからケーキ注文しようかな。


a93

さゆりたちの到着に気がついて、
店内からオリーブも顔を出している。




解説)
まだフィギアに名前をつけていなかった頃、
ローレンスは、
2007年3月9日「ペンギンのコンサート」
2009年4月24日「春の夜のジャズコンサート」
に登場しています。
Posted at 20:28 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 14, 2024

春節 そのご

b1

ローレンスの吹く
甲高いトランペットの音色が
響いている。
健太は配置についているようだ。


b2

ガルーダの踊りが始まった。


b3

これ東南アジアの伝統芸能なの?
振り付けは健太さんのオリジナルらしいよ。


b4

耳に残って頭がキンキンしてくるような
金管楽器の音色とともに、やがて踊りは
白熱してクライマックスに。


b5

健太は鶴の恩返しと呟いている。


b6

今日も日本晴れと呟いている。


b7

跳躍して飛翔したガルーダが羽ばたいている。
その体は空中にしばらく浮いているようにも見えた。
これにはニジンスキーも真っ青だ。
と誰かが叫んだ。


b8

健太は着地すると
姿勢を整えている。


b9

ご観覧ありがとうございました。
と言っている。
では。次は、
みなさん楽しくご一緒に。


b91

ファンキーなダンスミュージックが演奏されて、
みんなもこぞって踊り始めた。


b92

えらいやっちゃいいじゃないか。
というかけ声も聴こえる。


b93

ルビーは踊らないの?
何かあったら止める人がいないと。
などと話している。



解説)
2022年の春節では飛び入り参加でしたが、
健太のガルーダの踊りも洗練され、
お祭りは盛況のうちに過ぎていくようです。
Posted at 20:25 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 13, 2024

春節 そのよん

a1

時はわずかに過ぎて。


a2

ローレンスは、
ケースから楽器を取り出している。


a3

丹下健太は
ガルーダの被り物を装着して、
踊りの準備をしている。


a4

大道芸人たちの
歌と演奏は続いていた。

キャサリンは
アコーディオンを弾くうたを声援している。


a5

レオさんのテナーが最高。
とアシュレイは思っている。


a6

屋台では黙々とラーメンが
食べ続けられていた。


a7

すずは、アンナに頼んで
おもちゃを動かしてもらった。
おもちゃの人形は体操選手のように
回転している。

すごいすごい。
どうやって動いてるの。
ゴム紐の原理だよ。


a8

ベランダでは、
フローラたちがペンギンに
出かけようとしていたところに
バービーたちがやってきた。


a9

あら珍しい。
ジェニーフレンドの皆さんね。
私もバービーの皆さんを
まじかで見るのは久しぶり。
とミルフィーユが言っている。


a91

私たちみんなこんなに可愛いのに、
どうして出番が少ないのかしら。
とBBが言った。
なぜなんでしょう。
考えたこともなかった。
リアルさを探求しているのかも。
などと言い合っている。


a92

マンゴー亭には、
農家の岸芳樹が料理用の食材を運んできていた。
春節はお店大忙しですね。
これってすごくリアルな情景の気がするわ。



a93

兵士たちの歓談は続いていた。

それですれ違いざまに、その人の
つぶやきが聞こえてきて。
「…人間が羨ましくて仕方がないんだ」
って聞こえたんです。

気になって振り返ったら、
もう誰もいなかった。
それって怖いね。

あ、トランペットの音色が聞こえますよ。
何か始まるのかな。



解説)
今回は前回の少し後の
情景スナップでした。
Posted at 20:33 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
February 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿