May 30, 2005

上海異人豹館

1926年。幻影の都市上海に「海豹楼」という名の一軒の娼館があった。
その館では一匹の豹の子供が飼われていたので、人々はいつからか「上海異人豹館」と呼ぶようになった。。

p1

というのは、もちろん冗談で、この名は寺山修司の映画「上海異人娼館」からとられている。うえに掲載したのは、ホームページにこのタイトルの散文コーナーを新設された海埜今日子さんのご依頼によるイメージ画像だ(^^)。

p2

ドイツ軍の軍帽や、着崩れた和服。。

p3

シオンはクール。

p4

妖しい雰囲気がある。。

p5

テーブルには、なぜか春巻きが。。

p6

桃や冷えたシャンペン

p7

この画像にはちょっとだけ豹の子が写っている(^^;

p8

壁には豹の絵も。。

p9

記念撮影。。

解説
愉しんでセッティングしたので、いつもながらつい画像も多くなってしまう。
豹の子供は、本当はイリオモテヤマネコの子供(食玩)だ(^^;。
ソファセットや着物や豹柄コートは自作のものを使用。扇子とか(^^;。

Posted at 22:24 in n/a | WriteBacks (2) | Edit

May 26, 2005

池の画像とジュリアナ

池をつくったので、ほぼ完成型を紹介。

ike

池岸には一個所水のそそぎ口がつくってあって、水がそそいでいる。そこから水面に波紋がひろがっていくのだが、画像ではよく見えない(^^;。

ike2

照射する光の角度をかえてみたら、すこしだけ水面の表情もかわった。

ike3

あまり、かわりばえしないが、すこし角度をかえて全体像を撮影。

ike4

**

池の前に立つジェニーフレンドのジュリアナ。

j

解説。
実際の池、というより、「水」というものが、光によってその表情を千変万化させるように、そういう特徴を模した「偽の水」も、やはり光によってそれらしくみえたり見えなかったりするのは当然ながら面白い。

ジュリアナのこと
ジェニーの数ある友人ドールたちの中で、ジュリアナという人形は変わった歴史をもっている。かってバブル期にジュリアナ東京というディスコがあったが、そこと人形メーカーのタカラが提携して、「ジュリアナ」という名前でタイアップドールとして売り出されたというのが、ことのはじまりだったらしい。ところがその後、バブル崩壊とともにジュリアナ東京も閉店、商標権登録の関係で、ジュリアナという名前は、使えなくなってしまったという。それでどうなったかというと、その以降は「ジェニーフレンド」という「名前」で売られている。しかしそれはそもそも「名前」ではないのではないだろうか(^^;。。もちろんジェニー人形の愛好者たちは、今でもジュリアナと呼んでいるのだから問題ないとはいえ、こういう対処のしかたは、どこか変ではある。名前を公には呼んで貰えなくて、その後、新しい名前をつけてもらっていない。そういう人間の事情による小さな「不幸」をこの人形は体現しているのだった(^^;。
 もっとも、日焼け顔の本人はいたって屈託がない。服は手持ちのバッグの商標のある輸入雑貨の店で買ったバンダナの生地を加工して、サリー風にまとわせたもの。こういう格好をさせたくて、サリーの着付け方をネットで勉強してしまった(^^)。
Posted at 01:16 in n/a | WriteBacks (2) | Edit

May 20, 2005

郵便ポスト

チップスターの赤い筒は、郵便ポストを連想させる。

p1

そう思う人は、あまり多くないと思うが、
それで郵便ポストをつくった。

p2

ジェニーが外国の友達に手紙を書いて。。。

p3

投函する。。

p4

解説
チップスターの筒は、6分の1スケールの世界の郵便ポストにちょうどいいと思ったが、ネットでポストの実寸を調べると、少し直径が太い。そのへんを調整してポストをつくってみた。
Posted at 16:57 in n/a | WriteBacks (3) | Edit

May 17, 2005

窓シリーズ その5

今日も日が暮れた。

p1

ランプに火をともしてみる。

p2

寝そべって雑誌のグラビアをみる。

p3

夕暮れが夜に移っていく。

p4

解説
使用したのは近所のダイソーで購入したミニランプ。
たまきが見ているのは、タイムスリップグリコ「思い出のマガジン」の中の雑誌「オリーブ」だ。

おまけ。たまきがずっと見ているグラビアのページ。
「大好きなプリントの服、、、」と写真の横に書いてある。
柄がたまきの着ている服によく似ている(^^;。

p5

デジカメムービー試写室のほうに、窓シリーズのムービーをアップしました(^^)。
Posted at 19:37 in n/a | WriteBacks (2) | Edit

May 15, 2005

窓シリーズ その4

雨が降ってきた。

p1

ナオミが遊びに来て、

p2

おやつを食べる。

p3

雨は降り続いていて

p4

そのうち二人は眠ってしまった

p6

雨はいつのまにかあがっている

p7
Posted at 17:07 in n/a | WriteBacks (2) | Edit

May 12, 2005

窓シリーズ その3

たまきは、てるてる坊主をつくった。

p1

ずっと外を眺めていても何も起こらない。

p2

そのうち、ふと窓ガラスに映る自分の影に気が付いた。

p3

もうひとりの自分がいるようで、なんだか不思議なかんじだ。

p4
Posted at 08:00 in n/a | WriteBacks (2) | Edit

May 06, 2005

窓シリーズ その2

y1

ナオミがファミコンのゲームをやっている。

すこし日暮れてきたが、まだゲームをやっている。

y2

夜になったのに、まだゲームをやっている。

たまきは酔っぱらって寝てしまった。

y3
Posted at 17:57 in n/a | WriteBacks (6) | Edit

May 03, 2005

窓シリーズ その1

撮影セットが壊れたので、改修の間、パソコン部屋の机の上にミニセットをつくって撮影することにした。
西向きの窓辺に「窓のある部屋」の一画(要するに壁面の一部ですが(^^;)をセッティングしたので、窓外の自然風景が映り込むことになる。朝もあれば夜もあり、西向きなので夕焼けの日もあると思う。雨の日も嵐の夜もあるかもしれない(^^;。

 とりあえず一回目は、ジェニーとたまきが昼間からワインを飲みながら、家の改修の話をしているところ。

p8
Posted at 01:03 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿