May 16, 2018

セルクル第8回と第9回を一緒に報告します

第8回4月4日(水)はサルヴァトーレ・クァジモドの「古代の冬」「もう雨が」「歓びの模倣」「すぐに夜がやってくる」の4篇、フランス詩は金沢つとむさんのレポートでジャック・ルーボー「極私的東京案内」抄でした。充実した会でしたが、有働は体調を崩して青息吐息の状態で、ここの報告ができませんでした。
今日は第9回5月16日(水)で、出席者は細田、西宮、ディエゴ、志村、森、渡辺、有働の7名。ディエゴさんのレポートでディーノ・カンパーナの「キメーラ」と「ジェノアの女」の2篇、フランス詩は細田傳造さんのレポートでエリュアールの初期の詩「ちょっとしかめて」(サガンの「悲しみよこんにちわ」の表紙に裏に引用されている詩)を引いての作品生成の事情を福田拓也『エリュアールの自動記述』の読み込みを行いました。
Posted at 22:48 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Mar 08, 2018

セルクル第7回は自作詩朗読とランボー「オフィーリア」でした

3月7日(水)の第7回セルクルは、イタリア詩のディエゴさんが他の仕事に行かれたので、急きょメンバーの自作詩10分間朗読に切り替えました。3時からのフランス詩はスケジュールどおり城野兼一さんがギターで「オフィーリア」を朗読してくださいました。自作詩朗読のほうは、金沢さんのブラウニング「時は春」を下敷きにしてお住まいの周辺の風景を織り込んだ春の匂いのする詩、田中もえぎさんの「くすのき」、これはご両親が生まれたての自分を抱いてくすのきの若葉の下で写っていらっしゃる古い写真を題材にした、ご自分の名前の由来を明かした爽やかな詩、有働の6歳の頃の疎開児童の「女の子のラメント」、志村喜代子さんのかなり激しい「はこ」、西宮順子さんは有働が以前お送りした詩誌から「寝台テーブル」と「彼女のトランク」が読まれました。3時からは城野兼一さんのお待たせ(!)アルチュール・ランボーの16歳のときの詩「オフィーリア」を宇佐美斉訳でギターで朗読。これは逸品でした!この3月に大学院を卒業された城野さんは、この作品にまつわるリサーチもユニークで、訳は中原中也、堀口大学のものも検討したうえで最新訳で読みやすい宇佐美訳を使わせてもらったとのことです。目を見張ったのは、オフィーリアの入水を〈水の流れに任せて〉と読み取ったことで、もっと言えば、詩人ランボーのその後の人生をも予感したものになっているとも思えるという解釈でした。今回は第1部の2連目まで(もっと聴きたかった)で、3部まである比較的長い詩なので、今回を第1回として、さらに曲を創って行ってほしいと、メンバー全員の希望が出されました。
Posted at 09:46 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Feb 08, 2018

セルクル第6回2月7日(水)無事に終了しました

池袋東京芸術劇場5階ルーム2で、1時からエウジェニーオ・モンターレ(1896-1981)の「あらし」と「ウナギ」をマルティーナ・ディエゴさんのレポートで、3時からジャック・プレヴェールの「枯葉」「バルバラ」「わたしはわたしよ」を西宮順子さんのレポートで読みました。ディエゴさんは情熱的な分析と批評でみんなを惹きつけました。ことに「ウナギ」は《ウナギは自分の妹だと思って居ないかい?》と疑問符で終る30行からなるたった一つの文章で構成された、ノーベル賞詩人の実力をまざまざと証明する力作でした。イタリア詩の構成力のダイナミズムに魅せられました。現代のマルチタレントのさきがけと見られるプレヴェールは、平易な日常語のリズミカルな中に、反戦や自由の要求や詩人の良心など、人間としての主要素が隠された無視できない名作です。西宮さんがアカペラで数節を歌ってくださったのが素晴しく心に残りました。皆さんご苦労様でした。次回第7回は3月7日、ディエゴさんが他のお仕事で塞がりますので、イタリア詩の時間をメンバーの自作詩10分朗読会に切り替えます。自作の詩7部コピーを用意してください。
Posted at 11:59 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 05, 2018

2018年のスタートを祝して

まずはセルクルのお知らせから:
1月はお休み。2月7日(水)1時からエウジェニオ・モンターレ「檸檬」「黒い天使」、3時からプレヴェール「枯葉」「バルバラ」を読みます。レポーターはモンターレはマルティーナ・ディエゴさん、テキストは当日プリント配布、プレヴェールは西宮順子さん、テキストは岩波文庫『プレヴェール詩集』、西宮さんはジョセフ・コスマのシャンソン「枯葉」をアカペラで歌います。会場は池袋駅西口東京国際劇場5Fルーム2にて。ぜひご参加ください。連絡はメール:suu210114@gmail.com 又は携帯090-1858-6357の有働まで。

次は訳詩集刊行のお知らせ:
ジャン・ミッシェル・モルポワ『イギリス風の朝』批評的抒情の原点
「リリシズムは主観ではない、リリシズムは本来人間の本質から汲み上げられるものだ、という主張が、長年詩というものにかかわってきた意識になんの障害もなく自然に流れ込んできた」(訳者ノートより)フランス現代詩の批評的抒情主義の旗手が若き日に著した、リリシズムをめぐる思想と詩想の、生命感あふれる断章詩。(『現代詩手帖』2018年1月号広告より)
前訳書『青の物語』で日本詩壇に爽風を送り込み多くの読者を獲得した詩人の、詩的出発点に立つ若書きの詩と詩論のメランジュ版です。

次は有働の今年の抱負:
ようやく詩が書けてきたかな、という手ごたえをちかごろ得ていますので、その微かな灯りを消さぬよう、心して毎日を送りたいと思います。形はごくみじかい、少ない語で世界を掴みたい。というだいそれた望みです。
皆様の日々が楽しいものでありますように~。
Posted at 15:35 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 22, 2017

2017年度活動要約

「詩は人の内部の自由を掘り起こし、言葉を用いて目に見える形に定着する--詩と自由についての3つのコメント」エッセイ『びーぐる』35号2017年4月
「マ・ポエジイ」ルピュール24号2017年4月
「詩と数式のブルトン的自由な結合」書評『現代詩手帖』2017年7月号
「12のバガテル」『ユルトラバルズ』28号2017年6月
「私の人生の一曲」短文『洪水』20号最終号2017年7月
「バガテル」『ルピュール』25号2017年10月
「その人の不幸が良く見えない場合に」『未定』22号2017年10月
アンケート今年度の収穫『現代詩手帖』12月号2017年12月
「12の小さなプレリュード」『カルテット』4号2017年11月
2017年7月「セルクル・フランス詩とイタリア詩を読む会」立上げ。毎月第1水曜日午後1時から4時30分。池袋駅西口東京芸術劇場5Fミーティングルーム。12月6日(水)に第5回終了。
Posted at 09:45 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 21, 2017

セルクル第5回 ウンガレッティとモンターレ

12月6日(木)は1時からと3時からの2回に分けて、前回お勤め先のイタリア系コーヒーショップ=カフェインレスの大麦茶オルゾの大阪出張でおやすみだったディエゴさんに前回分を取りもどすオールイタリア詩を頑張っていただきました。休憩をはさんで3時間の長丁場は適度な緊張感に満たされて、それは現代イタリア詩の活気とも重なって充実していました。まずウンガレッティとモンターレの対訳テキストが配られ、そこに載っている肖像写真を見てどんな人物かを想像するゲームをしました。ウンガレッティはサンタのお爺さんのような素朴な陽気さがあるが彫りの深い顔立ちで能の般若にも似ているとの感想もありました。モンターレのほうは学校の先生という様子で、眼がきつく何を考えているのか話しかけずらい、という遠慮のない感想が出されました。どうもディエゴ先生はモンターレの詩をあまりいいとは思っていないようです。ウンガレッティのほうも、第1詩集『埋められた港』は青春期第一次大戦に従軍中のごく短い作品で、緊張感と透明感がある優れた詩だが、老年期にはあまりよい作品がないと、これもかなり厳しい感想を述べられました。ウンガレッティの作品は「永遠」「死の苦悶」「朝」「徹夜」「難破のよろこび」「兵士たち」。モンターレは「クセニアI-3」「アミア-タからの便り」の2篇、1975年度ノーベル文学賞を受けています。
「難破のよろこび」(1917)ジュセッペ・ウンガレッティ
すぐ また
旅に出る
難破に
生き残った
老水夫
のように
Posted at 10:43 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Nov 03, 2017

セルクル第4回は時間をはみ出して活発な話し合いでした

2017年11月1日(水)1時~5時
セルクル第4回 1時~「ボードレールの詩集『悪の華』中に続けて集められたスプリーンと題する4つの詩について」 レポーター有働薫
3時~「わたしのフランス詩」朗読と10分間スピーチ ①西宮順子 アポリネール「ミラボー橋」②金沢力 マラルメの3つの詩「もうひとつの扇」「アルバムの一葉」「ベルギーの友だちの想い出」③田中もえぎ ヴェルハーレン「朝」④細田傳造 アンヌ・ポルチュガル「わがスザンナは/すみれ色」⑤有働薫 ジャン=ミッシェル・モルポワ「小声で」
とりわけ3時からの朗読とスピーチには多すぎるほどの発言があり、時間が足りなくて5時をまわってしまいました。各メンバーの詩の好みもよく現れていて盛り上りました。
Posted at 12:02 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 12, 2017

セルクル第3回が無事に終りました

2017年10月4日(水)1時からのセルクル第3回はディエゴさんのウンベルト・サバ、田中もえぎさんの「イリュミナシオン」後半 のレポートでとても充実した3時間でした。ご出席のみなさまたいへんお疲れ様でした。自分ひとりではなかなか読みきれない詩をグループで読むと、面白いように楽しく読み解くことができます。書くだけではなく、詩をよく読むこと。レベルの高い読み手を目指して訓練したいと思います。
Posted at 19:11 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 07, 2017

セルクル第2回2017年9月6日(水)午後1時~5時

細田傳造さんとマルティーナ・ディエゴさんをレポーターに迎えて、それぞれ1時間半、前後に30分の休憩をはさんでの長丁場でしたが、きわめて活気に満ちた読書でした。翻訳をテキストにしていますが、随時原詩を確かめながらの厳密な読みを創出することができました。このことは詩を創ること以上に大切な詩の行為であると出席者のみんなが自覚した上での真剣な取り組みです。5時前に解散しましたが、各人くたくたで、今朝は日常に元気に戻れたでしょうか。月イチ、第1水曜日の午後、生きている限り続いて行く日常へのインパクトです。皆さんお疲れ様でした、来月も仏・伊詩を媒介にして、元気で出会いましょう。
Posted at 10:08 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

May 20, 2017

淑徳公開講座が7月から自主講座に模様替えします

会場を池袋西口に移して、あらたにイタリア現代詩を加えて、7月から月1回のサークル活動に発展します:

東京芸術劇場会議室
セルクル「フランス詩とイタリア詩を読む会」  
le cercle de la poesie francaise et italienne
団体名  セルクル  登録番号42544
このサークルは日本語に翻訳されているフランスの詩とイタリア詩を読んで、内容を検討する勉強会です

期間: 2017年7月から2019年6月まで全20回(8月と1月は休み)
    月1回、第1水曜日午後1時から2時半までイタリア詩、午後3時から4時半までフランス詩
内容: 淑徳大学公開講座全25回でもれたフランス現代詩の重要な作品を、各回レポーターが担当してテキストを声に出して読み、検討する
会員:  金沢 力、城野兼一、田中もえぎ、成瀬喜久子、西宮順子、細田傳造、佐藤秀樹、マルティーナ・ディエゴ、有働薫 (定員12名)
会場:  東京芸術劇場5階ミーティングルーム
     〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1    
             ℡ 03-5391-2111                   
 池袋駅西口(立教大学側)地下2b出口から入り、エントランスホールから      エスカレーターで5階へ。5室のうち各回どれかに決定
     1回につき会場費2600円から3000円を出席者で分担
会費:  イタリア詩、フランス詩各1回1000円
代表者:  〒194-0042 町田市東玉川学園1-4-7
      有働 薫   ℡ 042-726-5099
             email : suu210114@gmail.com
担当者:  〒171-0051 豊島区長崎3-5-1 
      西宮順子  ℡ 03-3974-3757
      イタリア現代詩講師: 〒114-0015 北区中里2-22-10      
アシビハイツ202号室
      マルティーナ・ディエゴ  080-4609-4112
 
セルクル 日程表 テキストおよびレポーター

第1回 2017年7月5日(水)  ランボー「酔いどれ船」訳詩の比較  佐藤秀樹  
テキスト:プリント
第2回 2017年9月6日(水)  
ランボー 「イリュミナシオン」(前半)  細田傳造  
テキスト:ちくま文庫『ランボー全詩集』宇佐美斉訳 
第3回 2017年10月4日(水)  
ランボー 「イリュミナシヨン」(後半)  田中もえぎ  
テキスト:ちくま文庫『ランボー全詩集』宇佐美斉訳 
第4回 2017年11月1日(水)  
ボードレール『悪の華』中の「憂愁」と題する4篇を読む   有働薫  
テキスト:詩誌『詩学』2003年1月号山田兼士「フランス詩を読む」のプリント
第5回 2017年12月6日(水)  
「フランス詩と私」 各会員のテキスト朗読と10分間スピーチ
第6回 2018年2月7日(水)  
ヴェルレーヌ 「秋の歌」と「空はいま、屋根の上に」を読む 西宮順子  
テキスト:岩波文庫『ヴェルレエヌ』詩集 鈴木信太郎訳
第7回 2018年3月7日(水)  
ランボー 「オフィーリア」と「母音」を読む 城野兼一  
テキスト:ちくま文庫『ランボー全詩集』宇佐美斉訳
第8回 2018年4月4日(水)  
ジャック・ルーボー「極私的東京案内」 金沢力  
テキスト:水声社『ジャック・ルーボーの極私的東京案内』田中淳一訳 
第9回 2018年5月2日(水)  
ポール・エリュアール「愛 詩」 細田傳造  
テキスト:プリント
第10回 2018年6月6日(水)  
ルネ・シャール「あるじのない槌」  佐藤秀樹  
テキスト:プリント
第11回 2018年7月4日(水)
ジャン=ミッシェル・モルポワ『青の物語』   有働薫  
テキスト:プリント
第12回 2018年9月5日(水)  
ジェラール・ド・ネルヴァル「ファンテジイ」  マルティーナ・ディエゴ  
テキスト:プリント
第13回 2018年10月3日(水)  
エドガー・アラン・ポー「大鴉」ほか   田中もえぎ  
テキスト:岩波文庫『対訳ポー詩集』加島祥造編
第14回 2018年11月7日(水)  
マラルメの散文詩「秋の嘆き」と「冬の慄き」  有働薫  
テキスト:プリント(山内義雄訳)
第15回 2018年12月5日(水) 
「思い出の中のフランス詩」 各会員の朗読とスピーチ      
(以下未定)
Posted at 19:04 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 05, 2017

新年おめでとうございます

今年は未知の年、どうなるのか、なにが起こるのか、期待や不安というのではなく、価値、幸不幸などの人間レベルを超えた何かが予感されます。何かとは何か? わたしたちが乗っている地球という惑星が猛スピードで回転していることだけは確か? 二一世紀の人間としてそういう観念を持っており、そういったことを折りにつけ修正しながら、もう少しのあいだ生きていくのだろうというのが、現在の意識です。
Posted at 10:30 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Dec 27, 2016

2016年活動記録

「プローズ 馬への」  洪水17号 2016年1月 「同級生夫婦」――オペラの下書きとして うろこアンソロジー 2015年版 2016年1月 「十四日の月はいっそう高く輪郭がぼやけて」 「ルピュール」22号 2016年3月 「フランスの詩を読む」  淑徳大学公開講座第三期 2016年1月~3月 『モーツアルトカレンダー』  エッセイアンソロジー詩集  2016年5月20日 アルケオップテリックス刊 「日の出 月の出」  「ユルトラバルズ」26号 2016年5月30日刊 「イギリス風の午後」(5)訳 J=M・モルポワ詩 「ユルトラバルズ」26号  「フランスの詩を読む」  淑徳大学公開講座第第四期 2016年7月~9月 「梅雨葵 TSUYU AOI」  「ルピュール」23号 2016年10月15日 「梅雨明け」   「未定」21号 2016年10月 「猫科の」   「ユルトラバルズ」27号 2016年12月 「イギリス風の午後」(6)訳 J=M・モルポワ詩 「ユルトラバルズ」27号 「同級生夫婦」第二回 オペラの下書きとして  「うろこアンソロジー」2016年版 2016年12月27日
Posted at 13:26 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 19, 2016

k622 お別れの曲

頭の中でk622のパッセージが鳴っている。ここ10日ばかりこの曲だけ聴いている。幾人かのソリストを聴いたあと、ベニーグットマンのような雰囲気のデンマークのクラリネティスト、マルタン・フロストにはまっている。演奏ライブが見れるので、その金髪とクラシックらしからぬ演奏身振りがセクシーで(若い、私からしたら可愛い)それが楽しい。音だけならもっとふくよかで哀愁のこもった透明感、いわゆるモーツァルトブルーのたっぷりした名演もあるのだけれど、力まずにさらっと全曲を流す解釈がいまは聴くほうの負担も軽くていい。こうやってモーツラルトは生き繋いでいくだろうと、安心する。夜のコンサートのお楽しみの、大衆の、世界の、人類の、地球上にのさばった人間の、罪を洗い流すような、若い眼にしか見えない分光ブルーの、混じり気ない透明感が何ものにも代えがたい。死ぬ1月前に完成した、たぶん作曲者自身は1回ぐらいしか実演を聞いていないまま世を去っただろう。しかし本人の言うように、いつも彼の曲は頭の中で鳴り続けているのだから、聴衆に現実に聞かれなくてもかまわない、その代わり何百年経っても、世界中で演奏される、録音で、数え切れないほどの人の脳髄の中で演奏され続ける。私のように年老いた女も朝から手持ち無沙汰に気分がふたぎながら頭の中で聴き続けて、どうにか今日の一日を生きようとしている。考えてみると、この手持ち無沙汰が、人生の宝石なのだ。つまり、めったに得られない貴重なもの……
Posted at 09:57 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 06, 2016

モーツァルトはモロッコへ行った

モロッコの街から少し外れた大西洋に面した小さな海辺の町で2週間海をみながら過ごしました。砂と海と空と50度近い気温と…私ではなくモーツァルトのことです。 この頃は最後のピアノ協奏曲と低音の響き渡るクラリネット協奏曲K622をくり返し聴いています…四季が崩れてきているような予感がぬぐえないのですが、18もの台風に晒されたこの夏からの鈍い色の便りです…
Posted at 10:12 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Sep 18, 2016

まぼろしのように

まぼろしのように猫が来る 死んでから四年が経つ スーがまだ生きていた頃 お姉ちゃんが病気だから と家の中には入らせなかった 白と黒の小型の猫 だんごになった尻尾の先を わずかに動かして 帰っていく どこにかえっていくのだろう 眼は澄んでいて優しい 短い視線の交換が言葉を言うよりずっと確実に思われる ひと声も鳴かず まるで来なかったように あらわれ 何の痕跡も残さずに 居なくなる 今朝は雨戸を開けるのが遅れたせいか 姿がない
Posted at 09:08 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿