Nov 03, 2017

セルクル第4回は時間をはみ出して活発な話し合いでした

2017年11月1日(水)1時~5時
セルクル第4回 1時~「ボードレールの詩集『悪の華』中に続けて集められたスプリーンと題する4つの詩について」 レポーター有働薫
3時~「わたしのフランス詩」朗読と10分間スピーチ ①西宮順子 アポリネール「ミラボー橋」②金沢力 マラルメの3つの詩「もうひとつの扇」「アルバムの一葉」「ベルギーの友だちの想い出」③田中もえぎ ヴェルハーレン「朝」④細田傳造 アンヌ・ポルチュガル「わがスザンナは/すみれ色」⑤有働薫 ジャン=ミッシェル・モルポワ「小声で」
とりわけ3時からの朗読とスピーチには多すぎるほどの発言があり、時間が足りなくて5時をまわってしまいました。各メンバーの詩の好みもよく現れていて盛り上りました。
Posted at 12:02 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
February 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       
     
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿