Feb 28, 2014

2月最終日

新年に入ってから、うかうかと時を過した。良い日、悪い日の仕分けにも当てはまらぬ、漠然とした、物理的な時の流れに流されて、ふと打ち上げられてみれば、3月、今年の春が目前である。唯一の取り柄と言えば、意識に錘がぶら下がったような、沈静感の中に沈んでいたというところだろうか。そして、これでいいというささやきのような声が聞える。この声、これからもずっと聞えて欲しい、時の節々に、1月21日、いよいよ別れの来た親愛なる老猫スーの鳴き声として。
Posted at 10:24 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿