Oct 20, 2009

天童大人プロデュース
プロジェクト La Voix des poètes(詩人の聲) 第412回
~「目の言葉」から「耳のコトバ」へ~

有働 薫 第6詩集『雪野』(予定)を読む

未刊詩集『幻影の足』として数回にわたって読んでまいりました詩集を、このたび タイトルを『雪野』に改め、内容も数篇を新作とさしかえてまとめました。来年には 第6番目の詩集として刊行を予定しております。どうぞお出かけください。

2009年11月16日(月) 開場18:30 開演19:00
入場料  大人 予約2,500円  当日2,800円
学生(学生証提示) 大学生1,500円 高校生500円
会場   NPO法人 東京自由大学(神田)
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町5 TMビル2階(1階いちご薬局)

お申し込みは ℡/fax03-3253-9870(火・木・金午後1時~6時)又は 北十字舎 ℡03-5982-1834 まで。
また有働へ直接お電話 ℡042-726-5099か メールsumire39@mail.goo.ne.jp をいただくこともできます。地図の入ったチラシをお送りすることもできます。
Posted at 09:55 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Oct 06, 2009

十五夜を過ぎて

いわき市のミニコミ紙『日々の新聞』のコラム「梨ノオト」に4回に1回のペースで詩を寄稿していたが、この10月で閉じることになり、最後の原稿を編集の大越さん宛てに送った。雨の昨夜、メールの返信をもらった。闇夜に1灯が見えたように心に沁みこむ文面だった。やっぱり若い人はいい。そう思って、私信ながら、コピーをさせていただく:
有働さま

 一昨晩は十五夜でしたが、月は姿を見せたり隠れたり。
満月の昨晩はきれいな姿を見せ、
わたしは時々、庭に出て、虫の合唱をBGMにその姿を追いました。 秋ですね。

 梨ノオトの作品をありがとうございます。
封書も届きました。ラストの作品もとてもいいです。
わたしも思わず、口ずさんでしまいました。
女の子の姿が浮かびます。そして、はちも。
わが家の庭でもセージがきれいに咲いていますし。

 2年間、ありがとうございました。
なんだか、寂しいです。
これからも、よろしくお願いします。

作品は未発表だからまだ記せないが、優れた編集者に出会い、気分爽快の2年間だった。こちらこそ、お世話になりました。御紙のご発展と、ご自身のお仕事と毎日に恵み多かれとお祈りしております。
Posted at 09:55 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿