Jan 26, 2019

新年に入ってから読んだ4冊の文庫本

調布に仮寓していたときに、駅ビルの書店でブッツアーティの絵本 『モレル谷の奇蹟』に眼が引きとめられて手に入れた。そのつながりで同じ著者の『タタール人の砂漠』『神を見た犬』を買って引越しのドサクサでそのままにしていたが、気になっていて、松の内が過ぎてから新しい机で腰をすえて読み始めたが、すごく面白い。久々に引き込まれル読書だった。調布図書館でペソアを2,3冊読んだあとで、その余韻がブッツアーティにも被さっているような気がした。二人に共通しているのは感情的な内気さだろう、そしてその分だけ、自負心が強い、が、それは深く内面化されていて自分でも気が付かない程度のものだ。だが文章からにじみ出て香気を放つ。霜の朝の水仙の香りのようだ。ペシミズム、もう変わり様がないドンズマリ。そこで水ニナガレルオフェーリア状態でかすかに歌を歌っている。同じ本棚にガリレイのひどく薄手の『星界の報告』が目に付き、〈星界〉という言葉と、ぱらぱらめくって月のデッサンが幾つも載っているのに惹かれて購入した。これと、正月あけに町田の高原古書店でブレヒトの台本『ガリレイの生涯』をみつけて、あわせて読んだばかり。その清新さに今年の読書の幸先を占ったら、大吉と出た。この4冊、幸福な読書だった、今年は吉だぞっつ! もう本は買わない(家を移るのに窒息しそうに苦労したから)と決めていた決心が早くも崩れた。欲しい本を手に入れるのに何が悪いと早くも居直って、好きな本をどんどん読むことで濁った心を洗い流そう。
Posted at 15:34 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 13, 2019

2018年活動略記

2018年2月7日(水)セルクル第6回 
2018年2月22日(木)「未定」同人会
2018年3月7日(水)セルクル第7回 城野兼一・ランボー「オフィーリア」をギターで歌う(I)
2018年3月10日「ルピュール」26号に詩「掻痒」発表
2018年3月25日J-M.モルポワ訳詩集『イギリス風の朝』刊行
2018年4月4日(水)金沢力・ジャック・ルーボー『極私的東京案内』を読む
2018年4月30日 谷合吉重編集詩誌「donc」に詩「」発表
2018年5月26日城野兼一「清瀬フォークジャンボリー」第10回ファイナル・CD「城野兼一フォークを歌う」に栞寄稿
2018年5月16日(水)セルクル第9回 細田傳造・「エリュアール初期詩作品を読む」
2018年5月20日 細見「投壜通信の詩人たち」書評 詩誌「交野が原」に寄稿
2018年5月24日毎日新聞時評・和合亮一「詩の橋を渡って」掲載
2018年「現代詩手帖」6月号 峯澤典子「イギリス風の朝」書評
2018年6月 白井明大「」に俳句「四月馬鹿傘さして魚買いに行く」掲載
2018年6月6日(水)セルクル第10回 15分スピーチ「わたしの好きな詩」
2018年6月14日(木)町田市民文学館にて 私の詩について話す
2018年6月30日(土)千駄ヶ谷・ライブハウス「時遊空間」にてクアトロ朗読会「韻律磁場へ!」
2018年7月4日(水)セルクル第11回・有働薫・モルポワ『青の物語』レポート
2018年7月12日西早稲田・古書店「ソオダ水」に詩書30冊持参販売6400円
2018年9月5日(水)セルクル第12回・有働薫・ツエラン「死のフーガ」「エングフュールング」読解
2018年9月10日 ルピュール27号に詩「物の死、記憶の死」発表
2018年10月10日「ユルトラバルズ」30号に詩「久地円筒分水」発表
2018年10月10日(水)セルクル第13回・田中もえぎ「エドガー・アラン・ポー「大鴉」とボードレール」
2018年10月13日(土)辻征夫を語る会でショートスピーチ
2018年10月27日(土)前橋文学館で中本さん授賞式
2018年11月7日(水)セルクル第14回・城野兼一「ランボーのオフィーリアをギターで歌う」(II)
2018年11月 フォークバンド六文銭の新譜CD「自由」に詩「白無地方向幕」が及川恒平の作曲で歌われ、好評
2018年11月16日(土)エルスール対話の宴 洪水企画主催 野村喜和夫の詩歌道行(1)現代フランス詩の地図を求めて 出席者 野村喜和夫、有働薫、中本道代、細田傳造、谷合吉重、渡辺めぐみ、岡本勝人、江夏名枝、西宮順子、マルティーナ・ディエゴ、新井さん、ほか
2018年12月12日(水)セルクル第15回・メンバーの自作詩朗読と15分スピーチ
Posted at 12:47 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Jan 08, 2019

2019年新年おめでとうございます

毎年年末に1年間の大雑把な活動記録をまとめていますが、昨年末家の建て替えが終わって仮住まいから戻り、新居の細かな設備に時間と費用がかかり、しわ寄せで省いてしまいました。いずれ時間を作ってまとめたいと思います。
セルクルは1月休講です。2月6日(水)から今年のスケジュールが始まります。予定では6月の20回目で終講とし、その後どういう形で続けていくか、あるいは終りにするかは、メンバーの皆さんと相談して決めたいと思います。とりあえずあと5回を充実して活動したいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted at 09:58 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
           
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit

新規投稿